サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの作品 > サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (アルバム)
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
ビートルズスタジオ・アルバム
リリース
録音
  • 1966年12月6日 (1966-12-06) - 1967年4月1日 (1967-4-1)
  • EMIスタジオ
  • 1967年2月9日 (1967-02-09)
  • リージェント・サウンド・スタジオ
ジャンル
時間
レーベル
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
後述を参照
ゴールドディスク
後述を参照
ビートルズ U.K. 年表
  • サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  • (1967年 (1967)
ビートルズ U.S. 年表
  • サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド'
  • (1967年 (1967)
ビートルズ 日本 年表
  • サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  • (1967年 (1967)
テンプレートを表示

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(英語: Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)は、イギリスにおいて1967年6月1日に発売されたビートルズの8作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。当時の英国盤はモノラル盤とステレオ盤の2種類が発売された。1967年のグラミー賞でも最優秀アルバム賞ほか4部門を獲得した。また、本作よりアメリカではキャピトル・レコード独自の編集が行われなくなり、内容が統一されるようになった[注釈 1]

イギリスの『ミュージック・ウィーク』では、1967年6月から1968年2月の間で23週連続で第1位を獲得し[5]、発売初週で25万枚の売上を記録した[6]Billboard 200では16週間連続で第1位を獲得し[7]、1967年度年間ランキング第10位、1968年度年間ランキング第6位を記録した。『キャッシュボックス』では14週間連続第1位を獲得し、1967年度年間ランキング第5位、1968年度年間ランキング第35位を記録している。現在までにアメリカで1,100万枚以上のセールスを記録している。全世界では3,200万枚以上のセールスを記録している。『ローリング・ストーン』誌の「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2020年版)に於いて24位にランクイン。

背景[編集]

1965年12月にビートルズとして最後となるイギリスツアーが行なわれ、その中でメンバー間では今後もコンサート活動を行なうか否かについて話し合われた[8]。当時メンバーの間では、叫び声を上げ音楽を聴くことの出来ないファンの前で、新曲を演奏することにフラストレーションを溜めていていた。その一方で、レコーディングにおいては「ひとりぼっちのあいつ」や「ペイパーバック・ライター」などで見られる複雑なコーラス・ワーク[9]や、1966年に発売されたオリジナル・アルバム『リボルバー』におけるテープ・エフェクトやスタジオワークの技術の多用により、当時のコンサートでは再現が困難な作品が作られるようになっていた[10]

1966年6月30日から7月2日の日本武道館での公演においては、日本武道館を「神聖な武道の場所」と考える人々からの大きな反対などから、厳重な警備体制が敷かれた中で行なわれ、これに続いて訪れたフィリピンにおいては、イメルダ・マルコスによる歓迎パーティーへの欠席に端を発した暴動が引き起こされた。これらの事件によりメンバーはコンサート活動への意欲を失い、同年8月のサンフランシスコのキャンドルスティック・パーク公演を以てコンサート活動を終了した[11][10]

コンサート活動終了からの3か月に渡って、メンバーはビートルズとしての活動を離れ、ジョン・レノンはスペインで映画『ジョン・レノンの 僕の戦争』の撮影に取り組み、ポール・マッカートニージョージ・マーティンと映画『ふたりだけの窓英語版』のサウンドトラックの制作や映画関連のイベントへの出席[12]ジョージ・ハリスンラヴィ・シャンカルのもとでシタールの修行[13][14]リンゴ・スターは家族とともに過ごしていた[12][15]。この期間中にレノンは、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」を書いた。この楽曲は、レノンが救世軍の孤児院「ストロベリー・フィールド」の庭園で遊んでいた思い出を歌ったもので[16][17]、「幼年時代」は本作の初期のテーマとなった[18]

1966年11月、ケニアからの帰りの飛行機の中で、マッカートニーは「架空のバンドのショー」というコンセプトを思いつき[19]マル・エヴァンズとの会話から「サージェント・ペパー」という名前と人物像が決められた[20]。同月24日から本作のレコーディング・セッションが開始され、レコーディングに際して、当初は1台の4トラック・レコーダーでのピンポン録音(バウンス・ダウン)を行い、追加録音が必要な場合には、2台目のレコーダーを使って、録音されたトラックの音を移し変えて制作していった[15]。セッション途中で4トラック・レコーダーを2台同期させて録音する手法が考案され、実質7トラック録音が実現した。このレコーディング手法は後の作品にも使われ、『ホワイト・アルバム』の制作途中で、8トラック録音機が導入されるまで続くこととなる。

1967年5月12日にレディオ・ロンドンで収録曲の一部がオンエアされた。同月20日にBBCラジオの『ホエア・イッツ・アット』で本作の収録曲が紹介されたが、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のみ「ドラッグに対する言及が含まれている」という判断から放送禁止処分を下された[21]。また、BBCラジオでの放送の前日、ブライアン・エプスタインが自宅にジャーナリスト達を招いて、本作の試聴会を行ない、メンバーも出席してインタビューに応じた[21]

構成[編集]

前述のとおり、本作のコンセプトは「架空のバンドのショー」であり、オープニングにバンドのテーマ曲「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」で始まり、続けて「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」が演奏され、最後にテーマ曲がもう一度演奏された後、アンコールの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」で幕を閉じるという構成になっている。

ただし、上記のコンセプトはアルバムの全曲にわたって徹底されているわけではなく、レノンは「僕が『サージェント・ペパー』に提供した曲は、どれもサージェント・ペパーと彼のバンドというアイデアとは何も関係がない。でもそれが成立しているのは、僕らが成立しているからと言ったからだし、アルバムがそんな外見をしているからだ」と語っている[21]

本作はビートルズ中期の実験的なサウンドの集大成として語られることが多く、リスナーから「サマー・オブ・ラブ」のサウンドトラックとして認識された[22]。また、ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』に影響を受けているとされており、マーティンは「『ペット・サウンズ』なくして『サージェント・ペパーズ』はなかった」と後に語っている[23]

アルバムの最終曲「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の演奏終了後に、15キロヘルツの高周波の音が流れ[24]、逆回転させた笑い声と「Never could see any other way,never could see any other way...」[25][26]と言う声、それに対してレノンが「Been so high」と返答する声が繰り返される[27][26][注釈 2][注釈 3]。この「超高音と意味不明のおしゃべり」は、演奏終了後針を戻さない限り永遠に最後の溝の部分(ランアウト・グルーヴ)に針が当って雑音を出し続けるアナログ盤プレーヤーのデメリットを逆手に取ったもの[注釈 4]で、レノンの「犬を困らせてやろう」という発案により加えられた[24][注釈 5]。このパートは、1967年4月21日にEMIスタジオの第2スタジオでレコーディングされ、セッション・ノーツ内で「エディット・フォー・LP・エンド」(英語: Edit for LP End)と名付けられた。その2か月後、モノラルとステレオのマスター・テープに付け加えられ、LPの導入溝にカッティングされた[30]。ランアウト・グルーヴへの音声挿入は78回転のSPレコード時代にはたびたび行われていたが、1967年にはその作業工程ももうすっかり過去の物となっていたため、EMIのディスク・カッターにとってはまったく未知の作業であり、アルバム中で最も困難を極めたという[30]。なお、アメリカで発売された本作には、「エディット・フォー・LP・エンド」は収録されず、1980年にアメリカに発売された『レアリティーズ Vol.2』に「サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ」(英語: Sgt. Pepper Inner Groove)というタイトルで収録された。

アートワーク[編集]

ジャケットはイギリスのポップアーティストのピーター・ブレイク英語版とその妻のジャン・ハワース英語版がデザイン[31]。2人は1968年にグラミー賞Best Album Cover部門)を受賞している[32]

以下の著名人とアイテムがビートルズの4人と共にジャケットに登場している。ジャケット写真への掲載の際には、EMIのスタッフが本人および肖像権所有者と交渉して掲載を許可されている。

一番上の列(左→右の順)

2列目

3列目

最前列

その他のアイテム

など

エピソード

50周年記念アニバーサリー・エディション[編集]

2017年5月27日にアルバム発売50周年を記念し、1CD、2CD、2LP、6枚組スーパー・デラックス・エディションの計4形態のアニバーサリーエディションが全世界同時リリースされた[39]。ビートルズのオリジナル・アルバムが特別仕様で再発売されるのは今回が初となる。

全4形態でのディスク1は、共通してジャイルズ・マーティンによるリミックス・ヴァージョンを収録している。リミックス・ヴァージョンはモノラル・ミックスをベースにステレオ化したものとなっており、ミキシングの差異などは原則モノラル・ヴァージョンに準じている[39]

2CDのディスク2には収録曲の未発表テイクと「ペニー・レイン」のインストゥルメンタル・ヴァージョン(テイク6)と最新ステレオ・ミックス、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の前半(テイク7)と後半(テイク26)を繋ぎ合わせる前のヴァージョンと『1+』収録のステレオ・ミックスが収録されている。

2LPは2CDと同内容である。

6枚組スーパー・デラックス・エディションはCD4枚とブルーレイ&DVDで構成されている。ディスク2と3にはセッションでの未発表テイクを録音日順に並べて収録している。ディスク4にはアルバム全曲と「ペニー・レイン」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のモノラル・ミックス、「シーズ・リーヴィング・ホーム」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」の初期ミックスを収録。ブルーレイ&DVDにはアルバム収録曲と「ペニー・レイン」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の5.1サラウンドのオーディオ・ミックスとハイレゾ音源、映像特典として「ペニー・レイン」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のプロモーションビデオ、1992年に放映されたドキュメンタリー・フィルム『ザ・メイキング・オブ・サージェント・ペパーズ』を収録している。

イギリスのアルバムチャートでは1位を獲得して[40]、同一アルバムとしては50年の間隔を置いての2回目の首位獲得となった。

収録曲[編集]

1967年版[編集]

アナログA面
#タイトル作詞作曲・編曲リード・ボーカル時間
1.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)  ポール・マッカートニー
2.ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(With A Little Help From My Friends)  リンゴ・スター
3.ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(Lucy In The Sky With Diamonds)  ジョン・レノン
4.ゲッティング・ベター(Getting Better)  ポール・マッカートニー
5.フィクシング・ア・ホール(Fixing A Hole)  ポール・マッカートニー
6.シーズ・リーヴィング・ホーム(She's Leaving Home)  ポール・マッカートニー
7.ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(Being For The Benefit Of Mr. Kite!)  ジョン・レノン
アナログB面
#タイトル作詞作曲・編曲リード・ボーカル時間
1.ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー(Within You Without You)  ジョージ・ハリスン
2.ホエン・アイム・シックスティ・フォー(When I'm Sixty-Four)  ポール・マッカートニー
3.ラヴリー・リタ(Lovely Rita)  ポール・マッカートニー
4.グッド・モーニング・グッド・モーニング(Good Morning Good Morning)  ジョン・レノン
5.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise))  
  • ポール・マッカートニー
  • ジョン・レノン
  • ジョージ・ハリスン
6.ア・デイ・イン・ザ・ライフ(A Day In The Life)  
  • ジョン・レノン(主部)
  • ポール・マッカートニー(中間部)

50周年記念アニバーサリー・エディション 収録曲[編集]

チャート成績[編集]

週間チャート[編集]

認定[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
アルゼンチン (CAPIF)[91] 2× Platinum 120,000*
アルゼンチン (CAPIF)[91]
1987 CD issue
3× Platinum 180,000*
オーストラリア (ARIA)[92] 4× Platinum 280,000^
ブラジル (ABPD)[93] Gold 100,000*
カナダ (Music Canada)[94] 8× Platinum 800,000^
フランス (SNEP)[95] Gold 717,400[96]
ドイツ (BVMI)[97] Platinum 500,000^
イタリア (FIMI)[98] Platinum 100,000*
日本 (オリコン) 208,000
ニュージーランド (RMNZ)[99] 6× Platinum 90,000^
イギリス (BPI)[100] 17× Platinum 5,340,000[101]
アメリカ合衆国 (RIAA)[102] 11× Platinum 11,000,000^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数

関連文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 。ただし、アメリカ盤では「エディット・フォー・LP・エンド」が収録されていないため、厳密な意味ではオリジナル通りであるとは言い難い。
  2. ^ この部分を逆回転させると、「I will fuck you like Superman(スーパーマンのように犯してやる)」と聴こえるという指摘もある[28]
  3. ^ 1987年の初CD化時には、プロデューサーのジョージ・マーティンは「意味不明のおしゃべり」が十数回続いたのち(約23秒程)フェード・アウトするかたちで収録された。
  4. ^ ただし、オートマティックのレコード・プレイヤーの場合は、内側の溝に到達するとトーン・アームがレコードから浮き上がり、スタート地点に戻る仕組みとなっているため、一部のリスナーは1987年にCD化されるまで聴くことができなかった[29]
  5. ^ マッカートニーは「パーティに行くと、レコードがプツプツ言い始めることがよくあった。僕らが行くようなパーティだと、それが3時間ぐらい流れたままだったりしていた。僕らはそれを思い出して、ちょっとしたループを作ることにした。そうすれば誰もプレーヤーを止めなくても、その3時間のあいだにただのプツプツという音の代わりに、何らかの音を聴くことができるだろう」と振り返っている[30]
  6. ^ オリジナルの写真がCDブックレットに掲載されている。
  7. ^ EMIの判断によって塗りつぶされた旨がブックレットに記載されている。オリジナルの写真もCDブックレットに掲載されている。
  8. ^ 撮影後に脇に除けられたヒトラーの写真がCDブックレットに掲載されており、このときの未発表写真は流出して海賊盤に用いられた。

出典[編集]

  1. ^ Erlewine, Stephen Thomas. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band - The Beatles | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年8月14日閲覧。
  2. ^ Robert Christgau: CG: The Beatle”. Robert Christgau. 2020年10月29日閲覧。
  3. ^ McCormick, Neil (2009年9月7日). “The Beatles - Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band, review”. The Daily Telegraph. オリジナルの2011年11月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111104082626/http://www.telegraph.co.uk/culture/music/the-beatles/6150302/The-Beatles-Sgt-Peppers-Lonely-Hearts-Club-Band-review.html 2020年8月14日閲覧。 
  4. ^ Sheffield 2004, p. 51.
  5. ^ a b Official Albums Chart Top 40”. Official Charts Company (1967年11月5日). 2020年8月14日閲覧。
  6. ^ Everett 1999, p. 123.
  7. ^ a b Billboard 200 Chart”. Billboard (1967年10月7日). 2019年12月12日閲覧。
  8. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 2000, p. 198-199.
  9. ^ ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』でのマッカートニーの発言。
  10. ^ a b Billboard JAPAN 2017.
  11. ^ Lewisohn 2010, p. 230: the Beatles' final commercial performance; Turner 2016, pp. 295, 299: reduced ticket sales, record attendances in 1965; MacDonald 2005, p. 213: subpar performances.
  12. ^ a b Oliver 2008, p. 2.
  13. ^ MacDonald 1998, p. 386, 388.
  14. ^ Everett 1999, p. 71.
  15. ^ a b Sgt. Pepper 2017, p. 4.
  16. ^ The Beatles 2000, p. 237.
  17. ^ MacDonald 2005, p. 216.
  18. ^ MacDonald 2005, p. 371, 377.
  19. ^ Julien 2008b, p. 2.
  20. ^ 「教えてポール!」サージェント・ペパー・スペシャル”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2018年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  21. ^ a b c Sgt. Pepper 2017, p. 9.
  22. ^ Scapelliti 2007, p. 104.
  23. ^ Crowe, Jerry (1997年11月1日). “'Pet Sounds Sessions': Body of Influence Put in a Box”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1997/nov/01/entertainment/ca-48891 2018年11月13日閲覧。 
  24. ^ a b Womack 2007, p. 182.
  25. ^ 香月利一『ビートルズソング研究読本』シンコーミュージック、1998年。ISBN 978-4401701506
  26. ^ a b Everett 1999, p. 122.
  27. ^ Lewisohn 2005, p. 109.
  28. ^ Julien 2008c, p. 164.
  29. ^ Emerick & Massey 2006, p. 188.
  30. ^ a b c Sgt. Pepper 2017, p. 16.
  31. ^ Inglis 2008.
  32. ^ For the 1968 Grammy Awards see: 10th Annual GRAMMY Awards”. GRAMMY.com. 2014年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月14日閲覧。 For the first rock LP to receive Album of the Year see: Glausser 2011, p. 143
  33. ^ The man who created the world’s most famous drum-skin”. shada.plus.com. 2017年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月14日閲覧。
  34. ^ a b Sullivan, James (2007年3月25日). “Where's Brando?”. The Boston Globe. http://archive.boston.com/news/globe/ideas/articles/2007/03/25/wheres_brando/ 2018年11月14日閲覧。 
  35. ^ a b Bennett, Greg (2007年5月31日). “Shooting Sgt. Pepper. Daily Mirror (London). https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/shooting-sgt-pepper-479035 2018年11月14日閲覧。 
  36. ^ Harry, Bill (2000). The John Lennon Encyclopedia. Virgin. ISBN 978-0-7535-0404-8 
  37. ^ Miles 1998, p. 236.
  38. ^ “ビートルズ名盤の謎 岡崎の学芸員解いた!”. 中日新聞夕刊 (中日新聞社). (2010年7月2日) 
  39. ^ a b ビートルズ、『サージェント・ペパーズ』50周年記念エディションの発売が決定”. NME Japan. New Medium Enterprises (2017年4月5日). 2017年4月7日閲覧。
  40. ^ Official Albums Chart Top 100”. Official Charts Company (2017年6月2日). 2018年11月14日閲覧。
  41. ^ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド [スーパー・デラックス・ボックス・セット][立版古封入][完全生産限定盤] [SHM-CD][CD][+Blu-ray][+DVD] - ザ・ビートルズ”. ユニバーサルミュージック. 2020年6月12日閲覧。
  42. ^ a b c Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970-1992. St Ives, NSW: Australian Chart Book. ISBN 0-646-11917-6 
  43. ^ RPM Top Albums/CDs - Volume 7, No. 21 ”. RPM. Library and Archives Canada (1967年7月22日). 2015年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  44. ^ a b c "Norwegiancharts.com – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band". Hung Medien. 2020年10月28日閲覧。
  45. ^ Swedish Charts 1966-1969/Kvallstoppen - Listresultaten vecka for vecka > Juni 1967 > 20 Juni” (Swedish). hitsallertijden.nl. 2018年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。 Note: Kvallstoppen combined sales for albums and singles in the one chart. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band peaked at number five for two weeks beginning on 20 June 1967, but was the highest-charting LP.
  46. ^ Album Search: The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (ASP)” (German). Media Control. 2020年8月14日閲覧。
  47. ^ The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (ASP)” (Dutch). dutchcharts.nl. 2013年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  48. ^ 『ALBUM CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1970-2005』オリコン東京都六本木、2006年。ISBN 4-87131-077-9
  49. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2020年9月15日閲覧。
  50. ^ “Top Compact Disks (for week ending June 27, 1987)”. Billboard. (27 June 1987). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/80s/1987/Billboard-1987-06-27.pdf 2020年8月14日閲覧。. 
  51. ^ Album Top 50”. australian-charts.com. 2010年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  52. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" (in French). Hung Medien. 2020年9月15日閲覧。
  53. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" (in Dutch). Hung Medien. 2020年9月15日閲覧。
  54. ^ De 14 a 20 de Setembro 2009”. Associacao Brasileira dos Produtores de Discos (in Portuguese). 2011年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  55. ^ Album Top 40”. danishcharts.dk (2009年9月18日). 2020年9月15日閲覧。
  56. ^ Album Top 50”. finnishcharts.com. 2010年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  57. ^ Album Top 20”. italiancharts.com. 2011年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  58. ^ “ザ・ビートルズ“リマスター”全16作トップ100入り「売上金額は23.1億円」”. ORICON NEWS (オリコン). (2009年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/69149/full/ 2020年8月14日閲覧。 
  59. ^ Album Top 40”. charts.nz. 2017年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  60. ^ "Portuguesecharts.com – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band". Hung Medien. 2020年9月15日閲覧。
  61. ^ "Spanishcharts.com – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band". Hung Medien. 2020年9月15日閲覧。
  62. ^ The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (ASP)” (Swedish). swedishcharts.com. 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  63. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2020年8月14日閲覧。
  64. ^ "Australiancharts.com – The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band". Hung Medien. 2020年8月14日閲覧。
  65. ^ "Austriancharts.at – The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band" (in German). Hung Medien. 2020年8月14日閲覧。
  66. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" (in Dutch). Hung Medien. 2020年8月14日閲覧。
  67. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" (in French). Hung Medien. 2020年8月14日閲覧。
  68. ^ "On The Charts: June 5, 2017". FYIMusicNews. 2020年8月14日閲覧
  69. ^ "Czech Albums – Top 100". ČNS IFPI. Note: On the chart page, select 201722 on the field besides the word "Zobrazit", and then click over the word to retrieve the correct chart data. 2020年8月14日閲覧。
  70. ^ Album Top 40”. danishcharts.dk (2017年6月9日). 2020年9月15日閲覧。
  71. ^ "Dutchcharts.nl – The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band" (in Dutch). Hung Medien. 2020年8月14日閲覧。
  72. ^ "The Beatles: Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2020年8月14日閲覧。
  73. ^ "Offiziellecharts.de – The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band" (in German). GfK Entertainment Charts. 2020年8月14日閲覧。
  74. ^ "Irish Albums Chart: 3 June 2017". Irish Recorded Music Association. 2020年8月14日閲覧
  75. ^ Album - Classifica settimanale WK 22 (dal 2017-05-26 al 2017-06-01)” (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2018年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  76. ^ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション) | ザ・ビートルズ”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年8月14日閲覧。
  77. ^ Top Album - Semanal (del 09 de Junio al 15 de Junio)” (Spanish). Asociacion Mexicana de Productores de Fonogramas y Videogramas. 2017年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  78. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2017年6月5日). 2017年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  79. ^ "Oficjalna lista sprzedaży :: OLiS - Official Retail Sales Chart". OLiS. Polish Society of the Phonographic Industry. 2020年8月14日閲覧。
  80. ^ Portuguese Charts: Albums - 22/2017”. Hung Medien. 2017年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  81. ^ "Official Scottish Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2020年8月14日閲覧。
  82. ^ "Spanishcharts.com – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band". Hung Medien. 2020年9月15日閲覧。
  83. ^ "Swedishcharts.com – The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band". Hung Medien. 2020年8月14日閲覧。
  84. ^ "Swisscharts.com – The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band". Hung Medien. 2020年8月14日閲覧。
  85. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2020年8月14日閲覧。
  86. ^ Caulfield, Keith (2017年6月4日). “Bryson Tiller Notches His First No. 1 Album on Billboard 200 Chart With 'True to Self'”. Billboard. 2017年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  87. ^ Mawer, Sharon (2007年5月). “Album Chart History: 1967”. The Official UK Charts Company. 2007年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  88. ^ Billboard - Top Pop Albums of 1967. https://books.google.com/books?id=aSgEAAAAMBAJ&pg=PA12 2020年8月14日閲覧。 
  89. ^ Billboard - Top Pop Albums of 1968. p. 230. https://books.google.com/books?id=736Mu91q_fcC&pg=PA230 2020年8月14日閲覧。 
  90. ^ Mawer, Sharon (2007年5月). “Album Chart History: 1969”. The Official UK Charts Company. 2007年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  91. ^ a b Discos de oro y platino” (Spanish). Camara Argentina de Productores de Fonogramas y Videogramas. 2011年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  92. ^ "ARIA Charts – Accreditations – 2009 Albums". Australian Recording Industry Association. 2020年8月14日閲覧
  93. ^ "Brazilian album certifications – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" (Portuguese). Associação Brasileira dos Produtores de Discos. 2020年8月14日閲覧
  94. ^ "Canadian album certifications – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band". Music Canada. 2020年8月14日閲覧
  95. ^ "French album certifications – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2020年8月14日閲覧
  96. ^ Les Meilleures Ventes de CD / Albums "Tout Temps"” (French). Infodisc.fr. 2017年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧。
  97. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (The Beatles; 'Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band')" (German). Bundesverband Musikindustrie. 2020年8月14日閲覧
  98. ^ "Italian album certifications – The Beatles – Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2020年8月14日閲覧 Select Album e Compilation in the field Sezione. Enter The Beatles in the field Filtra. Select 2019 in the field Anno. The certification will load automatically
  99. ^ "Latest Gold / Platinum Albums". Radioscope. 17 July 2011. 2011年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月14日閲覧
  100. ^ "British album certifications – The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band". British Phonographic Industry. 2020年8月14日閲覧 Enter Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select album in the field By Format. Select Platinum in the field By Award. Click Search
  101. ^ Copsey, Rob (2018年10月13日). “The UK's biggest studio albums of all time”. Official Charts Company. 2020年8月14日閲覧。
  102. ^ "American album certifications – The Beatles – Lonely Hearts Club Band". Recording Industry Association of America. 2020年8月14日閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Album, then click SEARCH

参考文献[編集]

外部リンク[編集]