ゲッティング・ベター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > ゲッティング・ベター
ゲッティング・ベター
ビートルズ楽曲
収録アルバム サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
英語名 Getting Better
リリース 1967年6月1日 (1967-06-01)
録音
ジャンル
時間 2分47秒
レーベル
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 収録曲
ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
(A-3)
ゲッティング・ベター
(A-4)
フィクシング・ア・ホール
(A-5)
ミュージックビデオ

ゲッティング・ベター」(英語: Getting Better)は、ビートルズの楽曲で、1967年に発売されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録された楽曲。名義はレノン=マッカートニーとなっているが、主にポール・マッカートニーによって書かれた楽曲で、後述にもあるように一部はジョン・レノンによって書かれた[3]

楽曲の由来は、1964年6月にリンゴ・スター扁桃炎にかかってしまい、ライブで演奏できなくなったときに代役として参加したドラマー、ジミー・ニコル英語版が周りに調子を聞かれたときに言っていた「だんだんよくなってくるよ」という口癖から[3][4]

構成[編集]

本作は、サウンド面では同じくポール作である「ペニー・レイン」との類似性を指摘されている[5]。曲は、ジョン・レノンジョージ・ハリスンエレクトリック・ギターで演奏される通常のコードで始まる。この曲においてジョージ・マーティンは、ピアネット[注 1]を演奏しており、後者については弦を直接叩いて演奏したとされている[6][注 2]。ジョージはギターの他にタンブーラ英語版ドローンを演奏しており、リンゴ・スターが演奏するコンガと共にインドを彷彿させるムードを作り出している[7]

歌詞の中に「Can't get no worse!(これ以上悪くなるはずがないさ)」[8][9]という部分があるが、これはレノンがこの曲の録音時に歌詞を知らずに間違えて歌ったのを採用したものである。これによって、曲は楽観主義だけではない皮肉を効かせた曲になった[4][8]。1983年12月のインタビューで、マッカートニーは、この曲におけるレノンの貢献を賞賛している[10]

また、歌詞には「I used to be cruel to my woman/I beat her and kept her apart from the things that she loved/Man I was mean but I'm changing my scene/And I'm doing the best that I can(昔のぼくは女性に冷たかった/殴ったり、愛しているものから遠ざけたりした/とにかくひどい男だったけどぼくは変わろうとしている/今は精いっぱい頑張っているんだ)」というフレーズがあるが、これもジョン・レノンによるもので、レノン自身の過去が反映されている。1980年のPLAYBOY誌のインタビューで、「これは日記形式のもの。このフレーズは僕が書いた。僕はどんな女性に対しても非情で、暴力も振るってた。うまく説明が出来ないと、男ということを忘れて殴ってしまう。僕が常に平和について考えるようになったのはそれが原因だ。“愛と平和”を訴える最も残酷な人間さ。いかなる物事には両側面がある。けど“愛と平和”は純なものだと信じているよ。僕は暴力的な面を捨て去ることを知らなかった男だ。女性は子供と同じように大事にするべきだと知るまで、年を重ねる必要があったんだ。」と語っている[11]

レコーディング[編集]

本作のレコーディングは、1967年3月9日にアビー・ロード第2スタジオで開始され、同日にギター2本、ピアネットドラムスという編成で4トラック・レコーダーに録音された[1]。その後リダクションし、空きトラックを作成した[1]。なお、この日のテイク1が2017年に発売された『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (50周年記念エディション)』に収録された[1]

3月10日にリンゴ・スターによる追加のドラムスとマッカートニーによるベースをトラック2に録音し、トラック3を使用してダブルトラック処理を行った[1]。トラック4にはハリスンによるタンブーラ英語版が録音された[1]。この段階でテイク12とされ、この時の音源も2017年に発売された『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (50周年記念エディション)』に収録された[1]。なお、3本目のテープにコピーする際にベースとドラムスが録られたトラックが1つにまとめられ、タンブーラは初日に録音されたドラムス、ギター、ピアネットと共にミックスされた[1]

3月21日にダブルトラック処理が施されたリード・ボーカルと、レノンとハリスンによるハーモニーが録音されたが、レノンが体調不良を訴えて中断となった[1]。この日レノンはアッパーと誤ってLSDを服用したことによりバッド・トリップを起こしていた[12]。体調不良を訴えた[13][14]。事情を知らなかったジョージ・マーティンは、新鮮な空気を吸わせようとアビー・ロード・スタジオの屋上に連れて行き、他のメンバーが待つスタジオに戻った。マーティンがレノンを屋上に残したことを知ったマッカートニーとハリスンは、慌ててジョンを屋上から下ろしてスタジオに戻した[14][15][16][1]

3月23日に3本目のテープと4本目のリールにコピーしている最中に、2つのボーカル・トラックが1つにまとめられ、ギター、コンガ、手拍子、ピアノオーバー・ダビングされた[1]

プレイヤー[編集]

以上が、音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版の著書『Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties』に掲載されていたクレジットである[5]

しかし、2017年に発売された『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (50周年記念エディション)』には、以下のクレジットが掲載された[1]

  • ポール・マッカートニー - ダブルトラック処理が施されたボーカル、ピアネット、ベース、ギター
  • ジョン・レノン - バッキング・ボーカル、ギター
  • ジョージ・ハリスン - バッキング・ボーカル、ギター、タンブーラ
  • リンゴ・スター - ドラムス、コンガ

カバー[編集]

本作は以下のアーティストによってカバーされている。

また、パブリック・エナミーがアルバム『Fear of a Black Planet』(1990年)収録曲「Who Stole the Soul?」、Elio e le Storie Teseがアルバム『Studentessi』(2008年)収録曲「Il Congresso delle Parti Molli」で本作をサンプリングしており、アライズ英語版は楽曲「Jacque Remembers」にてコーラス・パートをサンプリングしている。オーストラリアのテレビ番組『Better Homes and Gardens』(1995年 - 2005年放送分)で本作のカバー音源が使用された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 初期のエレクトリック・ピアノ
  2. ^ ただし、ピアノの弦を直接叩いても曲中のような演奏は不可能である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Sgt. Pepper 2017, p. 11.
  2. ^ Getting Better - The Beatles | Song Info - オールミュージック ウィキデータを編集
  3. ^ a b Miles 1997, p. 312-313.
  4. ^ a b Martin 1996, p. 164-171.
  5. ^ a b c MacDonald 2005, p. 241.
  6. ^ MacDonald 2005, p. 213.
  7. ^ Echard, William (2017). Psychedelic Popular Music: A History Through Musical Topic Theory. Bloomington, IN: Indiana University Press. p. 174. ISBN 978-0-253-02659-0. https://books.google.com/books?id=XJoqDwAAQBAJ 
  8. ^ a b Miles 1997, p. 314.
  9. ^ Martin 1996, p. 170.
  10. ^ December 1983 interview”. 2019年4月13日閲覧。
  11. ^ PLAYBOY INTERVIEW: JOHN LENNON AND YOKO ONO”. The rec.music.beatles Home Page. 2004年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月8日閲覧。
  12. ^ Miles 1997, p. 382.
  13. ^ Spitz 2005, p. 670-671.
  14. ^ a b Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 104. ISBN 0-517-57066-1 
  15. ^ Spitz 2005, p. 242.
  16. ^ Emerick, Geoff; Massey, Howard (2006). Here, There and Everywhere: My Life Recording the Music of the Beatles. New York: Penguin Books. p. 172-173. ISBN 1-59240-179-1 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]