エンスージア プロフェッショナル レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ENTHUSIA PROFESSIONAL RACING
ジャンル ドライビングシミュレーター
対応機種 PlayStation 2
開発元 コナミコンピュータエンタテインメントスタジオ
発売元 コナミ
人数 1~2人
メディア DVD-ROM
発売日 2005年3月17日
テンプレートを表示

エンスージア プロフェッショナル レーシング』(ENTHUSIA PROFESSIONAL RACING)は、KONAMIが2005年3月17日に発売したPlayStation 2(以下PS2)用レースゲーム

概要[編集]

3年もの開発期間をかけてKONAMIが開発した、リアルドライビングシミュレーター。タイトルは愛好家を表す「エンスー」に由来している。

従来のゲームの弱点(リアルさを損なう一大要因)とされてきた体感Gに関しては、映像の工夫や実車(レース等)でも採用されているGロガーを模した(3軸Gセンサーとタイヤグリップを可視化した)もので表現するなど随所にリアルさ追求へのこだわりが感じられ、また『GT4』ではヨーの収束(慣性の収束)をリアリスティックなものではなくゲーム的に「味付け」してあるのに比べ、エンスージアでは純粋な理論計算のみで行うなど徹底しているのが特徴である。

ゲームシステム[編集]

ENTHUSIA LIFE
メインモード。プレイヤーはレーシングドライバーとなって様々なレースに出場し、ランキングポイントを貯め世界ランキング1位を狙う。
レースにはそれぞれグレードが存在し、上からRS(ランキング50位以内が条件)、RⅠ(300位以内が条件)、RⅡ(500位以内が条件)、RⅢ(800位以内が条件)、RⅣ(RNを5回走破or2回優勝)、RN(条件なし)となっている。
プレイヤー搭乗車の初期性能はオッズで示される。この値が小さいと後寄りのスターティンググリッド=初期性能が高い事を示しており、値が大きいと前寄りのスターティンググリッド=初期性能が低い事を示している。実際の獲得ポイントは「レースグレード×順位倍率×オッズ倍率」で算出される。
ランキングポイントによってランキングが変化し、12月4週の時点でランキング6位以内かつAランク以下の車種に搭乗していると最終戦「年間王者グランプリ」が出現。これに勝利することでエンディングとなる。
この他、レース終了時に「スキルポイント」を獲得できる。接触及びコースアウトで獲得量は減少する。スキルレベル[注釈 1]・チューンレベル(後述)のアップに必要となる。
車両にはそれぞれ「チューンレベル」が設定されており、スキルポイントの獲得量によってlv1(初期状態)から最大lv10までチューニングされる。初期性能が高い車種ほどチューンに必要なスキルポイントは多くなる。
ドライバーズHPと呼ばれる体力の概念が存在し、接触やコースアウトで減少、0になると次週のレースには出場できなくなる。その週のレースを休場して全回復することができる。
車両のアンロックはレース終了後にルーレットで選定される[注釈 2]が、入賞[注釈 3]していなければならない。レーシングカーはRSレースへの入賞でアンロックされる[注釈 4]
コースのはランキングの上昇に伴って出現する。一度出現させれば以後は常駐するようになる。
DRIVING REVOLUTION
コースに設置されたスピードプレートを所定の速度で通過し、ポイントを貯めステージクリアを目指すモード。
プレートはレコードライン上に設置されており、車速によって状態が変化する。車速が適正である場合は黄緑色に点灯するが、低すぎると水色に、高すぎるとオレンジ色に変化する。適正速度はプレートのバーで確認できる[注釈 5]
判定は上からPERFECT,GREAT,GOOD,BAD,MISS[注釈 6]となっており、上位2判定は加点、下位2判定は減点、GOODはスコア変動なしとなっている。PERFECT,GREAT判定を連続して出すとコンボボーナスが発生する[注釈 7]。この他、接触や逆走はPENALTYの対象となり、大幅に減点される。
スコアの状況は画面左下、緑色のDRゲージに表示される。区間終了時にスコアがゲージの赤線を越えている=目標スコアを達成しているとステージクリアとなる。他、ゲージが空の状態で減点されるとGAME OVERとなり強制失格となる。
ステージを完走すると評価がなされる。評価は上からS,A,B,C,D(失格)。
lv.1〜lv.18まで存在(1lvにつき4ステージ)し、lv.17まではそれぞれ異なるコースを攻略する。
lv.18は「CHALLENGEレベル」となっており、試験内容は4ステージいずれもアクセル全開・ブレーキ不可の条件下で、コーナーをドリフトでクリアするという極めて難易度の高いものとなっている[注釈 8]
このモードには達成率が存在し、一定%を超える毎にFREE RACE,TIME ATTACKで使用できる車種が増加していく。また、特定レベルのクリアでしかアンロックされない車種も存在する。達成率100%を達成するには、全72ステージでS評価を出さなくてはならない。
TIME ATTACK
コースのタイムを計測するモード。1ラップアタックのほか、特定セクターに限ってのアタックも可能。一部コースは選択不可。
FREE RACE
プレイヤーの好みに応じたレースを楽しめるモード。敵車5台(一部コースは1台)の車種[注釈 9]とスターティンググリッドを自由に変更できるほか、周回数を1〜200周まで設定可。一部コースは選択不可。
周回数・自車のセッティング・敵車の車種・スターティンググリッドを一切変更せずにレースを開始すると、黒旗部分に鍵マークが出現する。この状態で一度も黒旗判定を出さずに走破すると、自車より下位でゴールした車種がアンロックされ、TIME ATTACK及びFREE RACEで使用できるようになる。

コース紹介[編集]

TSUKUBA CIRCUITとNürburgring Nordschleife以外は全て架空コース。また、特記なければ、そのコースは全モードで使用可能・レースでは6台走行。

  • AIRPORT SQUARE(エアポートスクエア)
    • 全長…?m
    • コンディション…昼,ドライ路面
空港内に設けられた駐車場。完全な長方形をしており、レースコースの類ではない。ドラテクを磨くのには絶好の練習場。
ENTHUSIA LIFE[注釈 10]・TIME ATTACK[注釈 11]でのみ使用可。レースは一切不可。
  • OCEAN BRIDGE(オーシャンブリッジ)
    • 全長…1000m[注釈 12]
    • コンディション…昼,ドライ路面
海上に建設された道路橋。延々と直線が続く。マシンの純粋なパワーが問われるステージ。
ENTHUSIA LIFE[注釈 13]・TIME ATTACK[注釈 14]でのみ使用可。レースは一切不可。
モチーフはアメリカセブンマイル・ブリッジ
  • OCEAN BRIDGE(オーシャンブリッジ)
    • 全長…1000m[注釈 12]
    • コンディション…昼,ウェット路面
OCEAN BRIDGEの派生コース。雨のため路面が濡れている。マシンは前照灯を点灯する。
ENTHUSIA LIFE[注釈 13]・TIME ATTACK[注釈 14]でのみ使用可。レースは一切不可。


  • COSMIC EGGWAY(コズミックエッグウェイ)
    • 全長…1109m
    • コンディション…昼,ドライ路面
宇宙センターに設けられた、タマゴ形の高速サーキット。いたって単調なレイアウトで、性質としてはオーバルサーキットに近い。
ENTHUSIA LIFE[注釈 10]・TIME ATTACKでのみ使用可。レースは一切不可。
モチーフは日本鹿児島県種子島宇宙センター
  • COSMIC WINDING(コズミックワインディング)
    • 全長…1541m
    • コンディション…昼,ドライ路面
COSMIC EGGWAYの派生コース。バックストレートから分岐し、「Ω」型のコーナーを回り込むレイアウト。
ENTHUSIA LIFE[注釈 10]・TIME ATTACKでのみ使用可。レースは一切不可。
  • WILD WEST ENDURO(ワイルドウェストエンデューロ)
    • 全長…627m
    • コンディション…夜,ダート路面
夜のスタジアム内に設けられたダートコース。全収録コースの中では全長が最も短い。
ENTHUSIA LIFE[注釈 10]・TIME ATTACKでのみ使用可。レースは一切不可。
モチーフは世界ラリー選手権のスーパースペシャルステージ[注釈 15]


  • REV CITY(レヴシティ)
    • 全長…2866m
    • コンディション…昼,ドライ路面
シティコース。コーナーのほとんどは中〜高速コーナーで、道幅も広く見通しも良いため、これといった難所もなく走りやすいコースである。
モチーフは日本東京首都高速道路
このコースは『ロードファイターズ』に「湾岸線コース」として登場する。
  • MARCO STRADA(マルコストラーダ)
    • 全長…1575m
    • コンディション…昼,ドライ路面
シティコース。低速コーナー主体のレイアウトを取っている。全体を通して道幅が狭く、見通しの利かないブラインドコーナーが数多く存在する
モチーフはイタリアヴェネツィア市街地。
  • MARCO STRADA(マルコストラーダ)
    • 全長…1575m
    • コンディション…夜,ウェット路面
コンディション違い。夜・雨天のため全体を通して見通しが非常に悪く、路面ミューも低下しているため、昼に比べ難易度は遥かに上がっている。
レースの際は2台走行となる。
  • AUTUMN HILL(オータムヒル)
    • 全長…1697m
    • コンディション…昼,ドライ路面
を迎えた日本風の町と山のコース。沿道の紅葉が美しい。コースレイアウトはいずれも単純なコーナーで構成されており、ブラインドも少ないため難易度は低い。
モチーフは日本・日光箱根など。
このコースは『ロードファイターズ』に「郊外コース」として登場する。
  • AUTUMN MOUNTAIN(オータムマウンテン)
    • 全長…2630m
    • コンディション…昼,ドライ路面
AUTUMN HILLの派生コース。序盤で分岐し、アップダウンの激しいワインディングを通る。
  • TSUKUBA CIRCUIT(筑波サーキット)
    • 全長…2045m
    • コンディション…昼,ドライ路面
日本・茨城県に実在するサーキット。実際には走行できない逆走バージョンも存在する。
  • TSUKUBA CIRCUIT(筑波サーキット)
    • 全長…2045m
    • コンディション…夜,ドライ路面
コンディション違い。実際の筑波サーキットでは、耐久レース等で夜間の走行が行われた例がある。
  • TSUKUBA CIRCUIT(筑波サーキット)
    • 全長…2045m
    • コンディション…昼,ウェット路面
コンディション違い。グランツーリスモ4にも全く同じものが収録されているが、あちらが2台走行なのに対し、こちらは6台でのレースが可能となっている。マシンは前照灯を点灯する。
  • VICTORIA GARDEN(ヴィクトリアガーデン)
    • 全長…1722m
    • コンディション…昼,ドライ路面
シティコース。ホームストレートは道幅も広く見通しも良いが、1コーナーから先は非常に狭く見通しの利かない区間が続く。最終コーナーを抜けるとアドミラルティ・アーチをくぐる[注釈 16]
モチーフはイギリスロンドン市街地。
このコースは『ロードファイターズ』に「英国コース」として登場する。
  • VICTORIA ROAD(ヴィクトリアロード)
    • 全長…3273m
    • コンディション…昼,ドライ路面
VICTORIA GARDENの派生コース。中盤で分岐し、ロンドンの街中を駆け抜けるハイスピードレイアウト。コース脇にはビッグ・ベンがそびえ立つ。
  • ROUTE de la SEINE(ラ・セーヌ)
    • 全長…3062m
    • コンディション…昼,ドライ路面
シティコース。大通りのホームストレートから回り込み、裏路地を駆け抜ける。終盤には270°ループする特徴的な区間が存在する。ホームストレートからは凱旋門が見える。
モチーフはフランスパリ市街地。
  • BURGENSCHLUCHT(ブルゲンシュルフト)
    • 全長…4006m
    • コンディション…夕方,ドライ路面
山がちな丘陵地帯を走るコース。夕方のため全体を通して薄暗いが、中盤の森林地帯は路面の起伏もあいまって見通しがほとんど利かない高難度セクション。マシンは前照灯を点灯する。
モチーフはドイツ・ローテンブルク
このコースは『ロードファイターズ』に「丘陵コース」として登場する。
  • SPEEDIAPOLIS RING(スピーディアポリスリンク)
    • 全長…4006m
    • コンディション…昼,ドライ路面
オリジナルサーキット。2本の長大ストレートを「コ」の字に近いコーナーで結んだオーバルサーキット。
モチーフはアメリカ・インディアナポリス・モーター・スピードウェイ。形状にいたっては瓜二つである。
このコースは『ロードファイターズ』に「オーバルコース」として登場する。
  • PACIFIC GATEWAY(パシフィックゲートウェイ)
    • 全長…3888m
    • コンディション…昼,ドライ路面
シティコース。太平洋岸の街が舞台。序盤の市街地は起伏の激しい大通り、中盤の海岸線はなだらかな傾斜のワインディングと、セクションによって雰囲気が大きく異なるのが特徴。
モチーフはアメリカサンフランシスコ市街地。
  • DRAGON RANGE(ドラゴンレンジ)
    • 全長…5043m
    • コンディション…夜,ドライ路面
夜の道コース。コースは1本道となっており、ヒルクライムとダウンヒルが存在する。他の夜間コースと異なりコース上に照明が少ないため、見通しは最悪。中盤には箱根七曲いろは坂を思わせる連続ヘアピンも存在し、難易度は非常に高い。
立地はドイツ
このコースは『ロードファイターズ』に「峠コース」として登場する。
  • LÖWENSEERING(ルーヴェンゼーリンク)
    • 全長…6528m
    • コンディション…昼,ドライ路面
オリジナルサーキット。高速コーナーからヘアピンカーブまで、多種多様なコーナーが待ち受ける高難度サーキット。
立地はドイツだが特定のモチーフは存在せず、「世界各地のサーキットの寄せ集め」とされている。
このコースは『ロードファイターズ』に「サーキットコース」として登場する。
  • Nürburgring Nordschleife(ニュルブルクリンク 北コース)
    • 全長…20832m
    • コンディション…昼,ドライ路面
ドイツに実在する長大サーキット。実際には走行できない逆走バージョンも存在する。
TIME ATTACKでは非周回コースとなる。


  • MYSTIC CAVEWAY(ミスティックケイブウェイ)
    • 全長…1707m
    • コンディション…昼,ダート路面
薄暗い洞窟内を走るダートコース。スタート地点は地上だが、コースの大半は洞窟である。洞窟内部はヘアピンカーブやブラインドが数多く待ち受ける、高難度セクションである。マシンは前照灯を点灯する。
レースの際は2台走行となる。
モチーフは日本・山口県秋芳洞
このコースは『ロードファイターズ』に「洞窟コース」として登場する[注釈 17]
  • EDGE OF THE ROAD(エッジオブザロード)
    • 全長…3368m
    • コンディション…昼,ダート路面
崖と滝、その脇の洞窟を走るダートコース。地上区間はヘアピンカーブが数ヶ所あるだけで特に難所はないが、洞窟内には見通しの利かないブラインドコーナーが存在する。
レースの際は2台走行となる。
モチーフはスペインピコス・デ・エウロパ国立公園
  • MIRAGE CROSSING(ミラージュクロッシング)
    • 全長…?m[注釈 18]
    • コンディション…昼,砂漠
ダカール・ラリーを思わせる、灼熱の砂漠を駆け抜けるコース。このコースのみの特徴として両脇に旗が設置されており、旗より外側を走行すると車両がスタックし走行不能=強制リタイヤとなるため注意。
レースの際は2台走行となる。TIME ATTACKでの使用不可。
モチーフはアフリカサハラ砂漠
  • WINTERTRAUM(ヴィンタートラウム)
    • 全長…2411m
    • コンディション…昼,スノー路面
BURGENSCHLUCHTの派生コースにして、唯一のスノーコース。ホームストレート〜1コーナーを共有している。路面ミューが極めて低いためマシンが不安定になりやすく、後輪駆動車での走行は至難の業。雪のため視界も劣悪。マシンは前照灯を点灯する。
レースの際は2台走行となる。

登場車種[編集]

幅広く200台以上の車種が収録されている。 

その他[編集]

本ソフトと合わせてGT-FORCE PRO互換で市販の実車用ステアリングを取り付けられるハンドルコントローラーを販売するはずだったが、諸事情により急遽中止となった(オープニング映像では使用されている)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ レベルが上がると、ドライバーズHPの上限及び回復量が向上する。
  2. ^ 敵車の中でまだ未解除の車両から1台が選定されるが、何もアンロックされない「はずれ」も存在する。
  3. ^ 6台でのレースなら4位まで、2台でのレースなら1位。
  4. ^ エントリー画面にRランク車のシルエットが出現する。「はずれ」はなし。ただし入賞圏外ではアンロックされない。
  5. ^ バーが中央にある状態が適正速度。下にある場合は適正速度よりも遅く、上にある場合は速い事を示している。
  6. ^ 黄緑色のプレートを通過するとPERFECT,GREAT判定、水色・オレンジ色のプレートをバーの可動範囲内で通過するとGOOD判定、バーが上下に寄り切っているプレートを通過するとBAD判定、プレートを通過し損ねるとMISS判定となる。
  7. ^ 一度でもGOOD,BAD,MISS判定を出すとコンボは消滅する。
  8. ^ ステージ2,3はサイドブレーキの使用も不可。ただしクラッチは全ステージ通して使用できるため、『クラッチで減速しながらグリップでクリア』する事も可能。
  9. ^ アンロックされている車種に限る。
  10. ^ a b c d テスト走行でのみ使用可。レースには出現しない。
  11. ^ タイム計測は不可。事実上のフリー走行。
  12. ^ a b ENTHUSIA LIFEのテスト走行では?m(無限)。
  13. ^ a b テスト走行でのみ使用可。レースには出現しない。先述の通り長さは無限となる。
  14. ^ a b 0-400m,0-600m,0-1000mのタイム計測が可能。
  15. ^ 実際のスーパーSSは2台走行であるが、本ゲームでは不可能。
  16. ^ 実際の立地とは何ら関係がない。
  17. ^ ただし、全面舗装路となっている。
  18. ^ このコースのみ自動生成となっており、読み込む度にレイアウトが若干ではあるが変化している。おおよその長さは4400m。

出典[編集]

外部リンク[編集]