ケーターハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
  1. イギリスイングランドサリー州の町。ロンドンへの通勤圏にあり、人口は約21,000人。
  2. 上記1を本拠とするイギリスの自動車メーカー、ケーターハム・カーズ。本記事で解説する。

ケーターハム・セブン

ケーターハム・カーズCaterham[1] Cars )は、イギリスの小規模自動車メーカーである。1973年サリー州ケイタラムに設立され、ロータス・カーズからロータス・セブンの生産権を引き継ぎ、60年代から基本構造が変わらないライトウェイトスポーツカー「セブン」シリーズ(通称スーパーセブン)の生産と販売を行っている。

セブンは元々クラブマンレースを楽しむために生まれた車

現在、日本での正規販売においては、「ケーターハム」に代えて「ケータハム」との表記がみられる[2]


概要[編集]

Caterham Classic

後にケーターハムカーズの創設者となるグラハム・ニアーン(Graham Nearn)は1959年ロンドン郊外のケイターハムに、ロータスディーラーを開業し、ロータスの車を販売していた[3]

1973年、ロータス・カーズが自社の「ロータス・セブン」の生産中止を決定した際に、ロータス・セブンを非常に気に入っていたグラハムは、同車の製造権をロータス・カーズから取得し、治具工具なども同時に購入しセブンの生産を始めることにした。当初ロータス・セブンの最終モデルであった「シリーズ4」を生産していたがバギーカー風のスタイルが不評であり、旧モデルの「シリーズ3」を望むマーケットの声が大きかった。そのため「シリーズ4」は60台程度で販売を中止し「シリーズ3」の生産に切り替えた。これも単なる復刻ではなく、各部の補強と電動ファンやヒーターの追加、使い勝手の向上などが盛り込まれ、ユーザーの支持を得た。 以後、現在に至るまで、エンジンや前後サスペンション等に独自の小変更を加えながら、「ケーターハム・セブン」の名で同社の主力製品として生産、販売を続けている。

2005年初頭、グラハムの息子・サイモン(Simon)に引き継がれていた[4]ケーターハム・カーズは、元ロータスのゼネラルマネージャーであるアンサー・アリ(Ansar Ali)らを中心としたグループにより買収された。その後、新たな経営陣によって従来通りに「セブン」の製作が続けられている。

ケーターハム F1

2011年4月27日、マレーシアの実業家であり格安航空会社エアアジアのCEOであるトニー・フェルナンデス率いるF1チーム、チーム・ロータスにより買収され、オーナーは同一人物ではあるがスポンサーという形でF1に参入した。2012年よりチーム・ロータスは「ケータハムF1チーム」と改名して参戦していたが、2014年にフェルナンデスが同チームを投資家グループに売却しているため、以後は単なるスポンサーの一社という関係になっている。

2013年10月15日、ケーターハム・グループとしてロードレース世界選手権のMoto2クラスに2014年シーズンより参戦することを発表した。最初の2年間はスッターの車両を使用し、3年目からは自社製の車両でレースに望むとしている[5]

ビジネス[編集]

ケーターハム・カーズの生産工場 車は手作りで制作される

拠点は3つあり、本社のあるケイターハムにショールームとオフィス、ミッドランド(レスター郊外)にショールームとワークショップ、ダートフォードに工場などの生産拠点を構えている。 自動車メーカーの工場としては非常に小規模であり、メインファクトリーには通常25名の従業員がいる。流れ作業式の生産ラインはなく、多品種少量生産に適したブース方式が採用されている。ひとつのブースあたり通常2名の作業者が1台のクルマを手作業で組み立てていく。ケーターハム・モータースの全従業員数は100人以下である。

ケーターハム工場内の動画 https://www.youtube.com/watch?v=Y3EbtLoROhU

車種[編集]

Caterham Seven 1700BDR-S 1991
コスワースBDRエンジン(ゴールドのカムカバーはオプションである)
JPEエディション
Caterham Superlight R500
車体の種類
  • 「シリーズ3」(S3) ロータスセブンS3の設計をそのまま受け継いだ通常のセブン。
  • 「シリーズ4」(S4) FRPボディを持つバギーカー風のモデル。(早い段階で生産中止に)
  • 「シリーズ5」(SV) 大柄なユーザーのため幅広で大型のフレームを使ったモデル。
  • 「シリーズ6」(CSR) SVのフレームを再設計し、サスペンション形式や空力を進化させたモデル。
エンジンの種類

エンジンはフォードなど色々な自動車メーカーから供給を受け独自のチューンを行って搭載している。セブンのエンジンルームはシンプルな台形の鋼管パイプによるスペースフレームであり、キットカーとしてユーザーがある程度自由にエンジンを選択できる設計のため、エンジンバリエーションは非常に多彩である。最もユーザー数が多いシリーズ3を見ても、街乗りで使える比較的おとなしいストリートモデルから、スーパーカーを追い回すほど過激なモデルまであるが、フレームやボディなどの基本設計はほぼ同じである。

ケントモデル
1300ccや1600ccのフォードOHVクロスフローエンジン(通称ケントエンジン)搭載モデル。
ロータスツインカムモデル
ロータス製8バルブDOHCエンジン搭載モデル。このエンジンはチャップマンの没後にロータス・カーズのCEOとなったマイク・キンバリーが手がけたエンジンで腰下はケントエンジンを使用している。
1700 SS(スーパースプリント)
135psまでパワーアップされた1700ccのOHVケントエンジンを積むモデル。
1600 BDR・1700 BDR-S
1983年発表のコスワース16バルブDOHCエンジン搭載モデル。このエンジンはコスワースBDAを元にしており腰下はケントエンジンを使用している。1600cc(120ps)と、BDR-Sと呼ばれる1700cc(150~170ps)がある。
ボグゾールモデル
16バルブボグゾール2000ccエンジン(160ps・200ps)搭載モデル。シリンダーヘッドはコスワースの設計。よりスポーツ走行に適したボグゾールレーシングと言うモデルも生まれた。1992年にはパワーを250psまで高めたJPE(ジョナサン・パーマーエヴォリューション)が最速モデルとして限定販売され、1992年に0-100マイルの市販車最速記録を樹立。[6]
Kエンジンモデル
1991年発表のローバーKシリーズエンジンを積むモデル。重量の軽減とともに電子制御インジェクション化され、ヒーター配管の合理化が図られた。排気量は1.4L、1.6L、1.8Lとアップされ、スタンダードなKクラシックやロードスポーツの他、軽量化したスーパーライトシリーズが生まれ、サーキット走行に適したKレーシング(225ps)、そして1999年にKシリーズ最強モデルであるスーパーライトR500(230hpのちに250hp)がデビューし、ニュルブルクリンク北コースで市販車最速ラップを更新した。[7]ちなみに、R500の名前の由来は1トンあたり500psと言う意味である。
ケーターハム・ブラックバード
2000年に発表したホンダ・CBR1100XXスーパーブラックバードのエンジンを載せたモデル。170hpで重量422kgのスペックを持つ。ごく少数だけ作られた。
車体が大きいSVモデル
インボードサスになったCSRも車体が大きい
SVシリーズ
2000年に発表した大柄なユーザーのためのモデル。幅が広く全長も長い「シリーズ5」シャシを持ち、通常モデルより広いコックピットを持つ。
CSRシリーズ
2005年に発表した「シリーズ6」シャシを持つモデル。構造を再設計し大型化、剛性アップと新構造のサスペンション(インボード式)や、新デザインのメーターパネル、空力性能の向上などが行われている。2000cc(200馬力)または、2300cc(260馬力)フォードコスワースDuratecエンジンを搭載。
RST-V8 Levante(レバンテ)
2008年に発表したスズキ・GSX1300Rハヤブサのエンジンを2個合体させてV8化したエンジンを搭載したRSパフォーマンス社との共同開発で生まれた規格外のモデル。スーパーチャージャーで過給し、2400ccで550hpのパワーを発揮する。8台かぎりの限定販売で、パワーウエイトレシオは1トンあたり1074hpにも達する。

http://www.evo.co.uk/caterham/9844/caterham-levante

シグマ・デュラテック モデル
フォード製16バルブ DOHCエンジンのシグマ(1600cc)・デュラテック(2000cc)搭載モデル。運転席側に排気管が出ているのが特徴。基本モデルである「ロードスポーツ200(1600cc 120ps)」「ロードスポーツ300(2000cc 175ps)」と、 スポーツ走行に適したスーパーライト「R200(1600cc 120ps)」「R300(2000cc 175ps)」「R500(2000cc 263ps)」がある。
軽自動車のSEVEN 160
SEVEN 160 / 165
軽自動車規格のセブン。2013年に発表、2014年より販売。チューニングしたスズキ製の660ccエンジン、K6A(3気筒ターボ)と5速MTを採用。リアフェンダーを細身にして軽自動車のサイズになるように作ってあり、日本では軽自動車登録される。[8][9][10][11][12]。イギリス向け・日本向けは160、欧州向けは165を名乗る[13]
2013年11月の初回発表時には日本仕様のみ名称が「130」で、馬力も軽自動車の自主規制に合わせた64馬力に落とした上で生産されていたが、2014年3月に日本でも「160」を発表、4月より販売。他国向けと同じ80馬力に改められた[14][15][16]
SEVEN 270・480・620R
フォード製16バルブ DOHCのエンジン搭載モデルは仕様の違いにより SEVEN 270・480・620Rと呼ばれるようになった。スペックは270がシグマ(1600cc)135ps、480がデュラテック(2000cc)240ps、最強モデルの620Rがデュラテック+スーパーチャージャー(2000cc)380psである。またスーパーライトシリーズの20周年記念車であるスーパーライト20が20台限定で発売された。シグマ(1600cc)エンジンを積み、重量は498kgである。[17]

セブン以外のモデル[編集]

Caterham 21
Caterham 21
セブンによく似たフレームに流麗なボディを被せたライトウェイトスポーツカーで少量だけ生産された。ローバーKあるいはボグゾールエンジンを使用する。パワーは115~230hp。
エアロセブンコンセプト
エアロセブン
CSRのシャシーの上にカーボン製ボディを被せたコンセプトカー。2013年発表。パワーは240ps、重量は600kgと言われている。
Caterham SP 300.R
ローラ・カーズと共同開発したレース専用車両。
SP 300.R

その他[編集]

  • ロータス製と区別する必要がある場合は、ケーターハム・7と呼ばれている。ケーターハム以外にも、多くの国で50を超える多くのメーカーが、このセブンを始祖とするクルマ(いわゆるレプリカ)を生産しているが、ケーターハムとは完成度も思想も異なり、特に乗り味はそれぞれに個性がある。

(参考)ロータス・セブン#主な7およびニア7メーカー

  • 創業者であるグラハム・ニアーンは、2009年10月24日、76歳で死去した[18]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Caterhamの発音は[ˈktrəm]で、カタカナで表記するなら「ケイタラム」が近い
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ http://www.autoweek.com/article/20091029/CARNEWS/910299987
  5. ^ ケータハムがMoto2クラスへの参入を発表
  6. ^ ケータハム JAPAN 公式サイト History
  7. ^ ケータハム JAPAN 公式サイト History
  8. ^ 英ケータハムのスポーツカー、セブンに入門モデル…スズキ製660ccターボ搭載へ
  9. ^ 【フランクフルトモーターショー13】英ケータハム、入門セブンの車名は「165」…スズキ製660ccターボは80ps
  10. ^ ケータハム、スズキ製軽自動車用エンジンを搭載した「セブン」の仕様と新たな画像を公開!
  11. ^ ケータハム プレスリリース 2013.8
  12. ^ SEVEN 160 販売開始! | ケータハム JAPAN 公式サイト
  13. ^ 日下部博一 (2014年3月2日). “スズキの軽自動車用エンジンを積む「セブン」について、ケータハム・ジャパンの方に訊く!”. AOLオンライン・ジャパン. 2014年10月22日閲覧。
  14. ^ 笠原一輝 (2014年3月10日). “ケータハムカーズ、スズキ製エンジン搭載の軽規格スポーツカー「セブン 160」4月1日発売”. Car Watch. 2014年10月22日閲覧。
  15. ^ 日下部保雄 (2014年5月16日). “ケータハムカーズ「セブン 130」”. Car Watch. 2014年10月22日閲覧。
  16. ^ 日下部博一 (2014年3月10日). “ケータハムカーズ・ジャパン、日本の軽自動車規格に合わせた「セブン 160」を公開!”. AOLオンライン・ジャパン. 2014年10月22日閲覧。
  17. ^ http://www.idea-webtools.com/2015/09/Caterham-Superlight-20-Twenty.html
  18. ^ http://response.jp/article/2009/11/08/132186.html

外部リンク[編集]