ローマのラウレンティウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローマの聖ラウレンティウス
Carlo Crivelli 024.jpg
証聖者
生誕 225年?月?日
スペイン・ラウレンチオ
死没 258年8月10日
イタリアローマ
崇敬する教派 カトリック教会聖公会正教会ルーテル教会
記念日 8月10日
セントローレンス川

ローマのラウレンティウス (聖ラウレンチオ助祭殉教者、St. Laurentius M.イタリア語:San Lorenzo martire225年-258年8月10日)は、キリスト教聖人である。カトリック教会正教会聖公会ルーテル教会すべてで崇敬される聖人で、ローマロッテルダムスリランカカナダの守護聖人。火傷・火災・熱病から守ってくれる保護者であり、また、菓子製造人、料理人、栄養士、メイド、宿の管理人[1]肉屋ワインビール醸造者、図書館員兵器製造者、ガラス工、ステンドグラス製造者、コメディアン学生などの守護聖人でもある[2]

来歴[編集]

ラウレンティウスとは元々「月桂冠を戴いた」という意味である。

ラウレンティウスは、225年、スペインのラウレンチオで生まれ、信仰深い両親のもとで育った。当時スペインは、キリスト教がまだ禁じられていたウァレリアヌス帝の治世であった。ラウレンティウスは勉学の後、ローマ七助祭の首席に挙げられ、ローマ教皇シクストゥス2世執事として、教会財産の管理と、貧しい人々への施しを担当していた。258年のある日、皇帝により、教皇と、ラウレンティウス以外の執事が逮捕された。教皇はラウレンティウスに、すぐに財産を処分して、貧しい人々に施すことを命じ、ラウレンティウス自身もじき逮捕されるであろうと告げる。そして8月6日、教皇は斬首の刑に処せられた。

ほどなくして、ラウレンティウスも逮捕され、教会財産を渡すように言われたが、8月10日に、困窮している人々、体の不自由な人々を連れて来て、彼らこそ教会の財産であると主張した。

殉教の際、彼は生きながら熱した鉄格子の上で火あぶりにされたが、数分の後に、兵士に向かって「こちら側は焼けたから、もうひっくり返してもよい」と伝えたといわれ、また、その殉教のさまに感銘した多くの人々が、改宗したともいわれる[2]

ラウレンティウスの墓の上には「聖ラウレンチオ大聖堂(イタリア語: Basilica di San Lorenzo)」が建立されている。


ローマ・カトリック教会では「聖ラウレンチオ助祭殉教者」と表記される[1]

日本正教会では「ロマの聖致命者首輔祭ラウレンティ」と表記される[要出典]

また、正教会でも同じ8月10日にこの聖人を祝う[2]

カナダケベック州セントローレンス川の名前の由来は、1534年8月10日にフランス人の探検家ジャック・カルティエが、初めてこの川の流域に入ったのに因んでと言われる[3] [4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 聖ラウレンチオ助祭殉教者 Laudate
  2. ^ a b c 八木谷涼子 『キリスト教歳時記 知っておきたい教会の文化 平凡社新書、2003年、189‐190頁。
  3. ^ 世界史の窓 カルティエ
  4. ^ 冒険航海(Adventure Voyage) ジャック・カルティエ

関連項目[編集]