シェイベル・マーチャーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にマーチャーシュ・シェイベルと表記することもあります。

シェイベル・マーチャーシュSeiber Mátyás, マティアス・セイバー1905年5月4日 - 1960年9月24日)は、ハンガリー作曲家1935年以降はイギリスに定住した。

ブダペストコダーイ・ゾルターンについて学び、1928年からフランクフルト・アム・マインで初めてジャズの学術的な講義を行った。

ナチス・ドイツの迫害を避けるため、1935年にイギリスに渡った。1942年よりロンドンモーリー大学で教鞭をとり、ピーター・ラシーン・フリッカーアンソニー・ミルナーヒュー・ウッド、ウォーリー・ストット(後のアンジェラ・モーリー)らを育てた。

作風はジャズ、バルトーク・ベーラアルノルト・シェーンベルクの影響が見られ、作品にはカンタータユリシーズ』(ジェイムズ・ジョイスの小説による)や、アニメ『動物農場』などの映画音楽、ハンガリーと南スラヴの民謡による合唱曲などがある。

1960年9月24日南アフリカ共和国への講演旅行中に自動車事故で死去。

文献[編集]

  • Otto Karolyi: Modern British music. The second British musical renaissance. From Elgar to P. Maxwell Davies. Associated University Presses, London 1994.
  • Gerald Leach: British composer profiles. A biographical dictionary and chronology of past British composers 1800–1979. British Music Society, Maidenhead 1980.
  • Darryl Lyman: Great Jews in Music. J. D. Publishers, New York 1986.
  • Walter Pass, Gerhard Scheit, Wilhelm Svoboda: Orpheus im Exil. Die Vertreibung der österreichischen Musik 1938–1945. Verlag für Gesellschaftskritik, Wien 1995, ISBN 3-85115-200-X.
  • Stanley Sadie: The new Grove dictionary of music and musicians. Macmillan, London 1980.

外部リンク[編集]