ルノー・アヴァンタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルノー・アヴァンタイム
Renault Avantime lh.jpg
製造国 フランス
販売期間 2001年-2003年
設計統括 ルノー
デザイン パトリック・ルケマン
乗車定員 2+2名
ボディタイプ 3ドアクーペ
エンジン 2.0L 16バルブ直4
3.0L 24バルブ V6
2.2L 16バルブ ディーゼル
駆動方式 前輪駆動(FF)式
最高出力 210馬力(152kW)
最大トルク 29.5mkg(280Nm)
変速機 機械式6速マニュアル
5速オートマ
全長 4,640mm
全幅 1,830mm
全高 1,63mm
車両重量 1,741kg
最大積載量 2,300kg
-自動車のスペック表-

アヴァンタイムAvantime )は、フランスの自動車製造会社、ルノー2001年から2003年まで生産していたクーペタイプの高級車である。

概要[編集]

コンセプトモデル[編集]

パトリック・ルケマン(Patrick Le Quément)によりデザインされ、1999年3月のジュネーヴ・モーターショーで発表された同名のコンセプトモデルを元に2001年のパリサロンで生産型が公開された。MPVの3代目ルノー・エスパスをベースに、前輪駆動(FF)車で、210馬力(152kW)3.0Lガソリンエンジンを搭載する斬新なコンセプトの「3ドアクーペ」として作られた。車名の由来はフランス語の 『Avant(英語での意味はahead)』 と英語の『Time』を合わせた造語。 ルノーが開発したルノーブランドの車ではあるが、エスパス生産で提携関係にあったマトラ・オートモビル工場で生産された。

Renault Avantime
Renault Avantime in "grand air" config (a single touch opens all windows and roof).

生産中止[編集]

一部の熱狂的な支持を受けたものの販売数は芳しくなく、その後エスパスのモデルチェンジに伴いボディー架装方式が変わり、生産がルノー本体に引き継がれたことで、受注車両のなくなったマトラはルノーとの提携を解消し自動車生産から撤退することとなった。そのため生産開始からわずか2年の2003年に生産が中止された。総生産台数は8,557台である。なお日本でも2002年より販売されたものの、販売実績は期待された数量に程遠い結果となった。日本においては206台が正規で輸入され、在庫の払底する2005年夏ごろまで新車販売された。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]

ルノー ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6
コンパクト トゥインゴ トゥインゴII トゥインゴIII
5/7 シュペール5 クリオ(ルーテシア)I クリオ(ルーテシア)II クリオ(ルーテシア)III クリオ (ルーテシア)IV
シンボルI シンボルII
モデュス
カングー
カングーII
14 9/11 19 メガーヌI メガーヌII メガーヌIII メガーヌIV
フルエンス
パルス
スカラI スカラII
ミドル 18 21 ラグナI ラグナII ラグナIII
20/30 25 サフラン ヴェルサティス ラティテュード/サフラン
アッパー タリスマン(中国向け)
タリスマン
ミニバン セニックI セニックII セニックIII
エスパスI エスパスII エスパスIII エスパスIV エスパスV
クーペ フエゴ アヴァンタイム ラグナクーペ
オープン ウインド
クロスオーバーSUV キャプチャー
カジャール
コレオス コレオスII
ピックアップトラック アラスカン
アルピーヌ/スポール A310 V6 A610 スパイダー