アルピーヌ・A610

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルピーヌ・A610
D 503
Alpine A610
Alpine A610..0.jpg
1992 Alpine A610 Turbo 3.0.jpg
製造国 フランスの旗 フランス
販売期間 1991年 - 1995年
乗車定員 4人
ボディタイプ クーペ
エンジン 2,975cc水冷V型6気筒SOHC ターボ
駆動方式 RR
最高出力 250 PS/5,750 rpm
最大トルク 35.7 kgm/2,900 rpm
変速機 5速MT
サスペンション 4輪ダブルウィッシュボーン
全長 4,450mm[1]
全幅 1,760mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,340 mm
車両重量 1,420 kg
先代 アルピーヌ・V6ターボ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

アルピーヌ・A610は、フランスの自動車メーカーであるアルピーヌ1991年から1995年にかけて製造した2+2のスポーツカーである。

概要[編集]

1985年に登場したV6ターボ(本国名GTA)の後継モデルとして開発された。

鋼管バックボーンフレームをベースにスペースフレームへ変更しシャシーの剛性を大幅に向上させた。また、ボディはアルピーヌ・V6ターボ同様にFRP製を踏襲。ヘッドランプはリトラクタブル式に変更、北米仕様のV6ターボに似たデザインとなった。エンジンは排気量が2.5 Lから3.0 Lに拡大され、リアエンジンのままではあるが、搭載位置を前進させて前後の重量配分を43:57に改善した。また、冷却系などにも手を加えた。さらに、 ダブルウィッシュボーンサスペンションタイヤサイズを一新。タイヤサイズは従来の15インチから16インチに大径化し、最高時速は266km/hとなった[2]

1995年に生産中止、このモデルを最後にアルピーヌブランドのスポーツカーは2017年発売のA110まで途絶えることになった。


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

ルノー ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
コンパクト トゥインゴ トゥインゴII トゥインゴIII
5/7 シュペール5 クリオI クリオII クリオIII クリオIV
シンボルI シンボルII
モデュス
カングー
カングーII
14 9/11 19 メガーヌI メガーヌII メガーヌIII メガーヌIV
フルエンス メガーヌIVセダン
パルス
スカラI スカラII
ミドル 18 21 ラグナI ラグナII ラグナIII
20/30 25 サフラン ヴェルサティス ラティテュード/サフラン
アッパー タリスマン(中国向け)
タリスマン
ミニバン セニックI セニックII セニックIII セニックIV
エスパスI エスパスII エスパスIII エスパスIV エスパスV
クーペ フエゴ アヴァンタイム ラグナクーペ
オープン ウインド
SUV キャプチャー
カジャー
コレオス コレオスII
ピックアップトラック アラスカン
アルピーヌ/ルノースポール A310 V6 A610 スパイダー A110(2017)