デロリアン・モーター・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デロリアンから転送されました)
ナビゲーションに移動 検索に移動
デロリアン・モーター・カンパニーのロゴタイプ。

デロリアン・モーター・カンパニー (: DeLorean Motor Company) は、かつて存在したアメリカ自動車メーカーである。生産していたのはデロリアン・DMC-12のみである。

DMC-12という車両、およびデロリアンの名称は、世界的にヒットした映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』に登場するタイムマシンのベースカーとして広くその存在を知られている。

企業概要[編集]

1975年10月24日、当時ゼネラルモーターズの副社長であったジョン・デロリアン英語版が、理想の車を作るためにGMを辞職し独立して自ら設立したのがデロリアン・モーター・カンパニー(Delorean Motor Company Ltd.DMC)である。本社はミシガン州デトロイトに、製造工場はイギリス北アイルランドベルファスト郊外、アントリム県ダンマリー村にあった。1982年解散

北アイルランドへの工場誘致の条件として交付されていたイギリス政府からの補助金が停止された。後にエンロンの会計監査も行ったアーサー・アンダーセンが、デロリアン社の資金を社長ジョン・デロリアンが私的に流用するなどしたことを黙認していたことがマスメディアの調査などで明らかになっている。

さらに1982年10月19日に、社長のジョン・デロリアンがコカイン所持容疑で逮捕されるスキャンダルが発生したことにより、会社は資金繰りが立ち行かなくなり、倒産に至った[1][2]

DMC-12[編集]

デロリアン・DMC-12

長い開発期間を経て1981年に登場した同社唯一のモデル『DMC-12』は、イタルデザインジョルジェット・ジウジアーロがデザインし、ロータス・カーズがメカニカル設計を請け負った。

当初は好調な売り上げを記録したが、高額さや大量のキャンセルの発生などから、発売翌年以降は売り上げ不振に陥った。

ジョン・デロリアンとDMC-12のその後[編集]

これら多くの逸話・スキャンダルを伴った希少性と、生産終了後の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」での活躍によって、DMC-12は1980年代を代表する著名なカルトカーとなり、21世紀初頭の現代でも多くの自動車マニアコレクション対象となっている。倒産後のデロリアンの設備を取得したスティーブン・ウィン(Stephen Wynne)は、現在もDMC-12のオーナーに修理用パーツを供給し続けており、1台丸ごと新車を組み立てることも可能である。

ジョン・デロリアンは麻薬密売への関与の疑いで逮捕されたが1984年8月に無罪判決が下った[3]。彼はその後も新たな高性能車を創造するプランを抱いていたが、新モデルの開発・発売を果たすことなく、2005年3月19日に死去した[4]

展示されている博物館[編集]

その他[編集]

  • 新車発売当時は、日産が販売ディーラーになるとの話もあった[5]
  • 日本の公道で走行するためDMC-12が車検を取得した場合、自動車検査証の車名表記は「デローリアン」となる。
  • かつて北海道函館市にあった、函館出身のロックバンドGLAYの記念館、Art Style of GLAYでは、鏡の部屋に半分だけのDMC-12が展示されてあり、観覧客が乗り込むことも可能だった。これは、メンバーのHISASHIお気に入りの映画が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』であることと、自身の車好きのためだと推測される(彼は別冊カドカワのGLAY総力特集[6]での対談でもDMC-12について語っている)。
  • 映画評論家の有村昆が所有し、メディアで度々取り上げられていたが、2015年に売却。
  • 俳優の京本政樹も所有しており、一度は手放していたが2013年に再度入手している。
  • 栃木県那須郡那須町にある那須PSガレージにもノーマル状態とタイムマシン仕様の2台が展示されており、タイムマシン仕様のDMC-12としてはUSJ内に展示されているものよりも精巧である。
  • USJの物はバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドクローズ時に460万1000円でオークションで売却されている。
  • 愛知県豊橋市DMC Japanがあり、DMCからのライセンス供与を受け、修理や輸入代行を行っている。DMCevの輸入代行と国内適合も行なう予定である。
  • また、変わったエンジンスワップが行われたケースもある。
    • 現時点において米国と日本で電気自動車に改造する事例が確認されており、日本においては、日本EVクラブ広島支部が広島国際学院大学自動車短期大学部内に場所を借り、DMC-12を電気自動車に改造するプロジェクトを実行。リチウムイオンバッテリーを搭載し、2009年3月11日に車検を通してナンバーを取得した[7]
    • また、電気自動車の他にも、ロータリーエンジンを搭載したケース等もある。
    • 映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの未来へのタイムスリップ記念に、DMC-12を衣服等から生成したバイオエタノール燃料で走行できるようにしたケースもある。映画のシーンのようにごみを直接投入することで稼働することはないが、リサイクル工場にて生成されたものを利用するものである[8]
  • BTTF以前の作品にもDMC-12が登場している

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デロリアンの歴史
  2. ^ 5分で分かるデロリアンの歴史
  3. ^ DeLorean is freed of cocaine charge by a Federal jury (1984年8月17日). ニューヨーク・タイムズ
  4. ^ “デロリアン氏、80歳で死去”. Response. (株式会社イード). (2005年3月22日). http://response.jp/article/2005/03/22/69063.html 2016年4月12日閲覧。 
  5. ^ SUPERCAR.NET内での紹介ページ(2010年7月16日時点でのアーカイブ)
  6. ^ 『別冊カドカワ 総力特集 GLAY』 角川書店<カドカワムック 213>、2005年1月 ISBN 4-04-894456-8
  7. ^ 公式ブログ「デロリアンEV化計画」
  8. ^ FUKU-FUKU×BTTF Go!デロリアン走行プロジェクト
  9. ^ なお、他にもニコンEMや三代目マセラティ・クアトロポルテが登場するが、デザインに『ジョルジェット・ジウジアーロ』が直接や間接的に関わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]