トミーカイラ・ZZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ZZ(ズィーズィー)とは、京都府自動車メーカーであるトミタ夢工場がトミーカイラブランドで販売された自動車

歴史[編集]

初代[編集]

トミーカイラ・ZZ
初代(オープン仕様) フロント
Tomweb.jpg
製造国 イギリス
販売期間 1997年 - 1999年
デザイン 由良拓也
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアオープン/2ドアクーペ
エンジン SR20DE:直4 2.0L DOHC 4バルブ
駆動方式 MR
最高出力 ZZ,ZZクーペ
前期:180PS/6,900rpm
後期:185PS/6,900rpm
ZZ-S,ZZ-Sクーペ
前期:195PS/7,300rpm
後期:200PS/7,300rpm
最大トルク ZZ,ZZクーペ
前期:19.6kgm/4,900rpm
後期:20.15kgm/4,900rpm
ZZ-S,ZZ-Sクーペ
前期:20.03kgm/6,400rpm
後期:20.59kgm/6,400rpm
変速機 5速MT
全長 前期:3,630mm
後期:3,660mm
全幅 1,740mm
全高 前期:1,100mm
後期:1,110mm
ホイールベース 2,375mm
車両重量 ZZ,ZZ-S
前期:690kg
後期:720kg
ZZクーペ,ZZ-Sクーペ
前期:710kg
後期:740kg
後継 ZZII
-自動車のスペック表-

トミーカイラ・ZZの初代は1995年に発表され、1997年に販売開始。生産は日本ではなくイギリスで行われ、総生産台数は206台。

アルミモノコックにFRPをかぶせただけのボディでできており、重量はたったの710kgである。当初のボディデザインは由良拓也が担当したが、2代目以降には関与していないという。 エンジンは、当時のプリメーラ等に搭載されたSR20DEエンジンをベースに、燃料噴射装置を電子制御燃料噴射方式からケーヒンのキャブレターに換装したものが搭載され、エンジンは185PS、パワーウエイトレシオは3.8kg/PS程とヨーロッパのスーパーカー並みである。またアルミのシャシーに、ツインチューブ・モノコックという少し前のフォーミュラカーそのものの構造をしているので車重が軽く、足回りを硬くしなくてもシャープなコーナリング性能を持つ。

2代目[編集]

名前の由来[編集]

トミーカイラの創業者である冨田と解良が昔から抱いていた「自分たちの手に依るクルマを作りたい」と言う夢を実現した時にはいわば「二人の爺さん」(つまり「爺・爺」)となっていたことが由来。

脚注[編集]

関連項目[編集]

リンク[編集]