アメリカ合衆国が関与した戦争一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本稿はアメリカ独立革命中の建国以来アメリカ合衆国が関与した戦争及び反乱の一覧である。現在、本一覧表には94の戦争が掲載されており、その内4つは継続中である。

      アメリカの敗北/同盟国の敗北
      アメリカの勝利
      別の結果 (例:明確な結果を伴わない条約や講和、「戦争前の原状」、内戦や国内紛争の結果、結果が不明または決定的でないもの)
      進行中の紛争

18世紀[編集]

紛争 交戦勢力 1 交戦勢力 2 アメリカと同盟国の結果 アメリカ合衆国の大統領
アメリカ独立戦争
(1775–1783)

場所: 北アメリカ東部、ジブラルタルインド亜大陸カリブ海及び大西洋

ロングアイランドの戦い(1776年8月27日)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
フランス王国の旗 フランス王国
  • カナダの補助部隊

スペインの旗 スペイン帝国

イロコイ連邦

  • オナイダ族
  • タスカローラ族

ワタウガ・アソシエーション
カタウバ
レナペ
チョクトー


ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国


マイソール王国
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
ロイヤリスト
神聖ローマ帝国の旗 ドイツの補助部隊

イロコイ連邦

  • オノンダーガ族
  • モホーク族
  • カユーガ族
  • セネカ族

チェロキー族

アメリカ連合の勝利 アメリカ独立戦争時の大陸会議議長:
チカマウガ戦争 (チェロキー・アメリカ戦争)
(1776–1795)

場所: オールド・サウスウェスト

チェロキーがダニエル・ブーンの娘を誘拐
アメリカ合衆国の旗 アメリカ

チョクトー

チェロキー族 アメリカ連合の勝利 チェロキー・アメリカ戦争時の大陸会議議長:

アメリカ合衆国大統領:

北西インディアン戦争
(1785–1793)

場所: 北西部領土

アメリカ合衆国の旗 アメリカ
チカソー
チョクトー
西部インディアン同盟
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
  • グレートブリテン王国の旗 イギリス領北アメリカ
アメリカ連合の勝利 ジョージ・ワシントン
擬似戦争
(1798–1800)
フランス革命戦争の一部

場所: 大西洋カリブ海インド洋及び地中海

USS「Constellation」対L'Insurgente」
アメリカ合衆国の旗 アメリカ

共同交戦国:
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国

フランスの旗 フランス第一共和政
  • グアドループ

共同交戦国:
スペインの旗 スペイン

1800年の条約
  • フランス・アメリカ同盟の平和的停止
  • アメリカの船舶に対するフランスの私掠船の攻撃の終焉
  • アメリカの中立性とフランスに対するクレームの放棄
ジョン・アダムズ

19世紀[編集]

紛争 交戦勢力 1 交戦勢力 2 アメリカ合衆国(及び/または)同盟国の結果 アメリカ合衆国の大統領
第一次バーバリ戦争
(1801–1805)
バーバリ戦争の一部

場所: トリポリ沖の地中海

アメリカ合衆国の旗 アメリカ
スウェーデンの旗 スウェーデン
border=no オスマン・トリポリタニア(カラマンリー朝)
モロッコの旗 モロッコ・スルタン国 (アラウィー朝)
勝利
  • 講和条約
トーマス・ジェファーソン
テカムセの戦争
(1811)

場所: 北西部領土

ティッペカヌーの戦い
アメリカ合衆国の旗 アメリカ テカムセ同盟
勝利
  • 講和条約
ジェームズ・マディソン
米英戦争
(1812–1815)

場所: 北アメリカの東部と中部

ニューオリンズの戦い(1910年にEdward Percy Moranが制作)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
チョクトー
チェロキー国家
クリーク族
イギリスの旗 イギリス
  • イギリス帝国の旗 イギリス領北アメリカ

テカムセ同盟


スペインの旗 スペイン (1814)
未決定/その他の結果

ガン条約戦争前の原状(国境の変更無し)

  • イギリスのサケッツ港攻撃は撃退された
  • アメリカのイギリス領北アメリカ侵攻は撃退された
  • イギリスのアメリカ侵攻は撃退された
  • テカムセ同盟の敗北
クリーク戦争
(1813–1814)

場所: アメリカ合衆国南部

アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ローワー・クリーク
チェロキー国
チョクトー
レッドスティックス(アッパー・クリーク) 勝利
  • ジャクソン砦条約
第二次バーバリ戦争
(1815)
バーバリ戦争の一部

場所: 地中海とバルバリア海岸

アルジェ沖のディケーターの戦隊
アメリカ合衆国の旗 アメリカ Flag of the Ottoman Empire (1453-1844).svg オスマン領アルジェリア 勝利
  • 講和条約
第一次セミノール戦争
(1817–1818)

場所: フロリダ州ペンサコーラ

タンパ湾付近のブルック砦のバラックとテント
アメリカ合衆国の旗 アメリカ セミノール

スペインの旗 スペイン領フロリダ

勝利 ジェームズ・モンロー
アリカラ戦争英語版
(1823) 場所: ミズーリ川
アリカラ族の戦士
アメリカ合衆国の旗 アメリカ アリカラ族 未決定/その他の結果
  • アメリカのレブンワース大佐が合意した白和平条約[1]
ウィネベーゴ戦争英語版
(1827)

場所: イリノイミシガン準州

アメリカ合衆国の旗 アメリカ プレーリー・ラ・クロスのホーチャンク族と少数の味方 勝利
  • ホーチャンク族は鉛鉱山地域を米国に譲渡した
ジョン・クィンシー・アダムズ
ブラック・ホーク戦争
(1832)

場所: イリノイとミシガン準州

バッドアクスの戦いから逃れるネイティブの女性と子供
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ホーチャンク族
メノミニー族
ダコタ族
ポタワトミ族
ブラックホークのブリティッシュ・バンドと
ホーチャンク族とポタワトミ族の味方
勝利 アンドリュー・ジャクソン
テキサス革命
(1835–1836)

場所: テキサス
アラモ陥落
テキサス共和国

アメリカ合衆国の旗 アメリカ

  • 1836年1月から3月まで従軍していたテキサス兵のうち、78%が1835年10月3日以降にアメリカから到着した[Note 1][2]

メキシコ共和国 テキサスの勝利
  • テキサス共和国が独立を果たす
  • 1845年にテキサスがアメリカに併合される
マーティン・ヴァン・ビューレン
第二次セミノール戦争
(1835–1842)

場所: アメリカ合衆国フロリダ州

エバーグレーズでセミノール族を探す米海兵隊員
アメリカ合衆国の旗 アメリカ セミノール族 勝利 マーティン・ヴァン・ビューレン(1837年3月4日~1841年3月4日)

ウィリアム・ハリソン(1841年3月4日~1841年4月4日)

ジョン・タイラー(1841年4月4日~1845年3月4日)

米墨戦争
(1846–1848)

場所: テキサス、ニューメキシコ、カリフォルニアとメキシコ

レサカ・デ・ラ・パルマの戦いで敵に突撃する第2騎兵連隊
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
カリフォルニア共和国
メキシコの旗 メキシコ 勝利 ジェームズ・ポーク
カイユース戦争英語版
(1847–1855)

場所: オレゴン・カントリー

アメリカ合衆国の旗 アメリカ カイユース 勝利
ジェームズ・ポーク(1845年3月4日~1849年3月4日)

ザカリー・テイラー(1849年3月4日~1850年6月9日)

ミラード・フィルモア(1850年6月9日~1853年3月4日)

フランクリン・ピアース(1853年3月4日~1857年3月4日)

アパッチ戦争
(1851–1900)

場所: アメリカ合衆国南西部

アパッチ族との戦闘中に遮蔽物に向かって駆けるアメリカ騎兵隊(F. Remington作)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ アパッチ族
ユト族

ヤヴァパイ族

勝利 ジェームズ・ポーク(1845年3月4日~1849年3月4日)

ザカリー・テイラー(1849年3月4日~1850年6月9日)

ミラード・フィルモア(1850年6月9日~1853年3月4日)

フランクリン・ピアース(1853年3月4日~1857年3月4日)

ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)

エイブラハム・リンカーン(1861年3月4日~1865年4月15日)

アンドリュー・ジョンソン(1865年4月15日~1869年3月4日)

ユリシーズ・グラント(1869年3月4日~1877年3月4日)

ラザフォード・B・ヘイズ(1877年3月4日– 1881年3月4日)

ジェームズ・A・ガーフィールド(1881年3月4日-1881年9月19日)

チェスター・A・アーサー(1881年9月19日-1885年3月4日)

グロバー・クリーブランド(1885年3月4日-1889年3月4日)

ベンジャミン・ハリソン(1889年3月4日– 1893年3月4日)

グロバー・クリーブランド(1893年3月4日– 1897年3月4日)

ウィリアム・マッキンリー(1897年3月4日-1901年9月14日)

セオドア・ルーズベルト(1901年9月14日-1909年3月4日)

ウィリアム・ハワード・タフト(1909年3月4日-1913年3月4日)

ウッドロウ・ウィルソン(1913年3月4日– 1921年3月4日)

ウォレン・G・ハーディング(1921年3月4日-1923年8月2日)

カルビン・クーリッジ(1923年8月2日-1929年3月4日)

血を流すカンザス
(1854–1861)

場所: カンザスミズーリ
ローレンス略奪(1856年)

反奴隷制の植民者
(Free-Staters)
親奴隷制の植民者 (ボーダー・ラフィアンズ) Free-Statersの勝利
  • 1861年1月29日にカンザスは自由州として認められた
フランクリン・ピアース (1853年3月4日~1857年3月4日)

ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)

ピュージェット湾戦争英語版
(1855–1856)

場所: ワシントン準州

アメリカ合衆国の旗 アメリカ
スノコルミー(Snoqualmie)
ニスクォーリ族
マックルシュート族
ピュアラップ族
クリッキタト族
ハイダ族
トリンギット族
勝利
  • インディアンはシレッツ、グランド・ロンド及びコーストの保留地に移住させられた
フランクリン・ピアース
ローグ川戦争英語版
(1855–1856)

場所: ローグ谷

アメリカ合衆国の旗 アメリカ ローグリバー族 勝利
  • インディアンはシレッツ、グランド・ロンド及びコーストの保留地に移住させられた
第三次セミノール戦争
(1855–1858)

場所: フロリダ州ペンサコーラ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ セミノール族 勝利
フランクリン・ピアース (1853年3月4日~1857年3月4日)

ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)

ヤキマ戦争英語版
(1855–1858)

場所: ワシントン準州

米艦船「ディケーター」が進行する部族軍に砲撃を行ったことで町の丸太小屋に避難するシアトル住民
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
スノコルミー(Snoqualmie)
ヤカマ族

ワラワラ族
ユマティラ族
ネズ・パース族
カイユース族

勝利
  • 講和条約
フランクリン・ピアース (1853年3月4日~1857年3月4日)

ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)

アロー戦争
(1856–1859)

場所: 中国

イギリスの旗 イギリス帝国
フランスの旗 フランス第二帝政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
Flag of the Qing Dynasty (1889-1912).svg 勝利 フランクリン・ピアース (1853年3月4日~1857年3月4日)

ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)

ユタ戦争
(1857–1858)

場所: ユタ準州ワイオミング州

アメリカ合衆国の旗 アメリカ デザレット州/ ユタ準州のモルモン (ノーブー軍団) 未決定/その他の結果
  • 交渉を通じて解決
  • ブリガム・ヤングがユタ準州の知事を辞任
  • ジェームズ・ブキャナン大統領によってユタ準州の市民に対して課されていた扇動と反逆の罪に対してアメリカ連邦当局を受け入れるという条件で完全な恩赦が与えられた
フランクリン・ピアース (1853年3月4日~1857年3月4日)

ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)

ナバホ戦争英語版
(1858–1866)

場所: ニューメキシコ準州

デファイアンス砦
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ナバホ族 勝利 フランクリン・ピアース (1853年3月4日~1857年3月4日)

ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)

エイブラハム・リンカーン(1861年3月4日-1865年4月15日)

ジョン・ブラウンハーパーズ・フェリー襲撃英語版
(1859)

場所: ウェストバージニア

ジョン・ブラウンの「砦」を攻撃する米海兵隊 (「ハーパーズ・ウィークリー」のイラスト)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 奴隷制度廃止派の反乱者 勝利 ジェームズ・ブキャナン (1857年3月4日~1861年3月4日)
第一次・第二次コルティナ戦争英語版
(1859–1861)

場所: テキサスメキシコ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ

アメリカ連合国の旗 アメリカ連合国

メキシコの旗 メキシコ 勝利 ジェームズ・ブキャナン
パイユート戦争英語版
(1860)

場所: ネバダ州ピラミッド湖

アメリカ合衆国の旗 アメリカ パイユート族
ショショーニ族
バノック族
勝利
ジェームズ・ブキャナン
南北戦争
(1861–1865)

場所: アメリカ合衆国

アンティータムの戦い (Kurz & Allison作)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ アメリカ連合国 勝利 エイブラハム・リンカーン
ヤヴァパイ戦争
(1861–1875)

場所: アリゾナ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ ヤヴァパイ族
アパッチ族
ユマ族
モハーベ族
勝利 エイブラハム・リンカーン(1861年3月4日~1865年4月15日)

アンドリュー・ジョンソン(1865年4月15日~1869年3月4日)

ユリシーズ・グラント(1869年3月4日~1877年3月4日)

ダコタ戦争
(1862)

場所: ミネソタダコタ準州

ミネソタ州ニューアルム包囲戦(1862年8月19日)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ダコタ・スー族 勝利
エイブラハム・リンカーン
コロラド戦争
(1863–1865)

場所: コロラドワイオミング及びネブラスカ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ シャイアン族
アラパホ族
スー族
未決定/その他の結果
スネーク戦争
(1864–1868)

場所: オレゴン、ネバダ、カリフォルニア及びアイダホ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ パイユート族
バノック族
ショショーニ族
勝利 エイブラハム・リンカーン(1861年3月4日~1865年4月15日)

アンドリュー・ジョンソン(1865年4月15日~1869年3月4日)

パウダー川戦争
(1865)

場所: パウダーリバー郡

アメリカ合衆国の旗 アメリカ スー族
シャイアン族
アラパホ族
不明確 アンドリュー・ジョンソン
レッドクラウド戦争
(1866–1868)

場所: パウダーリバー郡

フェッターマン虐殺
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ラコタ族
シャイアン族
アラパホ族
敗北
  • ララミー砦条約 (1868)
  • パウダーリバー郡の法的支配がネイティブアメリカンに引き渡された
  • グレート・スー・リザベーションの創設 (ブラックヒルズを含む)
コマンチェ戦役
(1867–1875)

場所: アメリカ合衆国西部

一人の兵士と三匹の馬が倒れている一方で残りの兵士は戦闘を継続している(ビーチャー島の戦い)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ シャイアン族
アラパホ族
コマンチェ族
カイオワ族
勝利
アンドリュー・ジョンソン(1865年4月15日~1869年3月4日)

ユリシーズ・グラント(1869年3月4日~1877年3月4日)

辛未洋擾
(1871)

場所: 江華島

1871年の江華島の戦いの最中に徳津鎮を占拠したアメリカ軍
アメリカ合衆国の旗 アメリカ Flag of the king of Joseon.svg 李氏朝鮮 未決定/その他の結果 ユリシーズ・グラント
モードック戦争
(1872–1873)

場所: カリフォルニアオレゴン

虐殺された死体を回収する兵士の版画 (1873年5月3日)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ モードック族 勝利
レッド川戦争
(1874–1875)

場所: テキサス

アメリカ合衆国の旗 アメリカ シャイアン族
アラパホ族
コマンチェ族

カイオワ族

勝利
  • テキサス・インディアン戦争の終結
ラス・クエバス(Las Cuevas)戦争
(1875)

場所: テキサスメキシコ

テキサスの兵士
アメリカ合衆国の旗 アメリカ メキシコの旗 メキシコ 勝利
  • 牛はテキサスに返還された
ブラックヒルズ戦争
(1876–1877)

場所: モンタナ準州ダコタ準州及びワイオミング準州

リトルビッグホーンでのカスター最後の抵抗
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ラコタ族
ダコタ・スー族
北シャイアン族
アラパホ族
勝利
  • パウダーリバー郡の法的支配がアメリカ合衆国に移譲された
バッファロー・ハンター戦争
(1876–1877)

場所: テキサスオクラホマ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ コマンチェ族
アパッチ族
勝利
ネズ・パース戦争
(1877)

場所: オレゴン、アイダホ、ワイオミング及びモンタナ

ベア・ポーの戦いでのジョセフ酋長の一団
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ネズ・パース族
パルース族
勝利
ラザフォード・B・ヘイズ
バノック戦争
(1878)

場所: アイダホ、オレゴン及びワイオミング

アメリカ合衆国の旗 アメリカ バノック族
ショショーニ族
パイユート族
勝利
シャイアン戦争
(1878–1879)

場所: オクラホマ、カンザス、ネブラスカ、サウスダコタ及びモンタナ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ シャイアン族 勝利
シープイーター・インディアン戦争
(1879)

場所: アイダホ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ ショショーニ族 勝利
ビクトリオの戦争
(1879–1881)

場所: メキシコ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ
メキシコの旗 メキシコ
アパッチ族 勝利
ホワイト川戦争

(1879–1880) 場所: コロラド

アメリカ合衆国の旗 アメリカ ユト族 勝利
クロウ戦争
(1887)

インディアン戦争の一部

場所: モンタナ
Crow Indians Firing into the Agency 1887.jpg
当局に発砲するクロウ族のインディアン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ クロウ族 アメリカの勝利 グロバー・クリーブランド
パインリッジ戦役
(1890–1891)

場所: サウスダコタ

ウンデット・ニー・クリークでの紛争後、大規模な墓に死亡したスー族を埋葬している様子(ウンデット・ニーの虐殺)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ スー族 勝利
ベンジャミン・ハリソン
ガルザ戦争
(1891–1893)

場所: テキサスメキシコ

疑わしい革命家を探す第3騎兵連隊 (1892年)
メキシコの旗 メキシコ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ガルジスタス 勝利
ヤクイ戦争
(1896–1918)

場所: アリゾナとメキシコ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ
メキシコの旗 メキシコ
Flag of the Yaqui tribe.png ヤクイ族
ピマ族
オパタ族
勝利 グロバー・クリーブランド(1893年3月4日– 1897年3月4日)

ウィリアム・マッキンリー(1897年3月4日-1901年9月14日)

セオドア・ルーズベルト(1901年9月14日-1909年3月4日)

ウィリアム・ハワード・タフト(1909年3月4日-1913年3月4日)

ウッドロウ・ウィルソン(1913年3月4日– 1921年3月4日)

第二次サモア内戦
(1898–1899)

場所: サモア

アピア包囲戦中のサモアの戦闘員とアメリカの兵士 (1899年3月)
サモア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
マタアファ派
ドイツ帝国の旗 ドイツ帝国
未決定/その他の結果
  • 同盟国と反政府派は平和の三国協定のために妥協した
  • アメリカ合衆国は東サモア(アメリカ領サモア)を獲得した
  • イギリスはソロモン諸島での譲歩と引き換えに主張を取り下げた
  • ドイツは西サモア(ドイツ領サモア)を獲得した
  • マタアファ・イオセフォはサモアの大首長に就任した
ウィリアム・マッキンリー
米西戦争
(1898)

場所: キューバ、プエルトリコ、フィリピン及びグアム

スペインの拠点に突撃するセオドア・ルーズベルトと第1合衆国義勇騎兵隊 (サン・ファン丘の戦い)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
キューバ革命派
フィリピン革命軍
スペインの旗 スペイン王政復古
  • キューバ
  • グアム
  • フィリピン
  • プエルトリコ
勝利
米比戦争
(1899–1902)

場所: フィリピン

Quinguaの戦い (Kurz & Allison)
1899-1902
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
  • 軍政府

1902-1906
アメリカ合衆国の旗 アメリカ

  • 文民政府
1899-1902
フィリピン第一共和国
  • ネグロス共和国
  • サンボアンガ共和国

限定的な外国支援:
大日本帝国の旗 大日本帝国

  • 志士

1902-1906
Flag of the Katagalugan Republic.svg タガログ共和国

  • 非妥協派
勝利 ウィリアム・マッキンリー(1897年3月4日-1901年9月14日)

セオドア・ルーズベルト(1901年9月14日-1909年3月4日)

モロの反乱
(1899–1913)

フィリピン

第8歩兵連隊はフィリピン・ホロ島のバグサク山の4日間の戦闘でモロを打ち負かした
アメリカ合衆国の旗 アメリカ モロ
スールー王国の残党
勝利 ウィリアム・マッキンリー(1897年3月4日-1901年9月14日)

セオドア・ルーズベルト(1901年9月14日-1909年3月4日)

ウィリアム・ハワード・タフト(1909年3月4日-1913年3月4日)

ウッドロウ・ウィルソン(1913年3月4日– 1921年3月4日)

義和団の乱
(1899–1901)

場所: 中国

北京の壁を登る第14歩兵連隊のTitus伍長
イギリス帝国の旗 イギリス
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
大日本帝国の旗 大日本帝国
フランスの旗 フランス第三共和政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ドイツ帝国の旗 ドイツ帝国
イタリア王国の旗 イタリア王国
オーストリア=ハンガリー帝国の旗 オーストリア=ハンガリー帝国
義和団
清の旗 
勝利 ウィリアム・マッキンリー

20世紀[編集]

紛争 交戦勢力 1 交戦勢力 2 アメリカ合衆国(及び/または)同盟国の結果 アメリカ合衆国の大統領
クレイジー・スネーク(Crazy Snake)反乱
(1909)

場所: オクラホマ

クリーク族の捕虜
アメリカ合衆国の旗 アメリカ クリーク族 勝利 セオドア・ルーズベルト(1901年9月14日-1909年3月4日)

ウォーレン・G・ハーディング(1921年3月4日– 1923年8月2日)

カルビン・クーリッジ(1923年8月2日-1929年3月4日)

国境戦争
(1910–1919)
メキシコ革命の一部

場所: アメリカ=メキシコ国境

夜に休息を取る第16歩兵連隊の米兵(1916年5月27日)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ メキシコの旗 メキシコ
ドイツ帝国の旗 ドイツ帝国
勝利
  • 騒乱者の反乱は鎮圧された
  • 常置の国境の壁が設立された
  • パンチョ・ビリヤの軍はもはや有効な戦闘力を喪失していた[3]
ウィリアム・ハワード・タフト(1909年3月4日-1913年3月4日)

ウッドロウ・ウィルソン(1913年3月4日– 1921年3月4日)

黒人の反乱
(1912)
バナナ戦争の一部

場所: キューバ

キューバでのUSSミシシッピ
キューバの旗 キューバ共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
キューバの旗 キューバ有色人独立党(PIC) 勝利
  • 反乱は鎮圧
  • PICの解体
ウィリアム・ハワード・タフト
ニカラグア占領

(1912–1933)
バナナ戦争の一部

場所: ニカラグア

獲得したサンディニスタの旗を持つ米海兵隊員
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ニカラグアの旗 ニカラグア
Flag of Nicaragua.svg ニカラグア・リベラル

Flag of Nicaragua.svg サンディニスタ

勝利
  • ニカラグアは1933年まで占領された
  • 米軍が撤退した1933年に大恐慌を記録した。
  • ニカラグアの政権が変わった
ウィリアム・ハワード・タフト(1909年3月4日-1913年3月4日)

ウッドロウ・ウィルソン(1913年3月4日– 1921年3月4日)

ウォレン・G・ハーディング(1921年3月4日-1923年8月2日)

カルビン・クーリッジ(1923年8月2日-1929年3月4日)

ハーバート・フーヴァー(1929年3月4日– 1933年3月4日)

ブラフ戦争
(1914–1915)

場所: ユタとコロラド

ソルトレイクシティーでの自身の裁判のためにユタ州トンプソンで列車を待っているブラフ戦争の捕虜
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ユト族
パイユート族
アメリカの勝利 ウッドロウ・ウィルソン
ベラクルス占領
(1914)

メキシコ革命の一部

場所: メキシコ
ベラクルスにいるアメリカの艦船
アメリカ合衆国の旗 アメリカ メキシコの旗 メキシコ アメリカの勝利
ハイチ占領
(1915–1934)
バナナ戦争の一部

場所: ハイチ

ハイチでの第2海兵連隊
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ハイチの旗 ハイチ
ハイチの旗 ハイチ反乱軍 アメリカ連合軍の勝利 ウッドロウ・ウィルソン(1913年3月4日– 1921年3月4日)

ウォレン・G・ハーディング(1921年3月4日-1923年8月2日)

カルビン・クーリッジ(1923年8月2日-1929年3月4日)

ハーバート・フーヴァー(1929年3月4日– 1933年3月4日)

フランクリン・D・ルーズベルト(1933年3月4日-1945年4月12日)

ドミニカ共和国占領
(1916–1924)
バナナ戦争の一部

場所: ドミニカ共和国

ドミニカ共和国占領時の米海兵隊
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 勝利
  • ドミニカ共和国は占領された
ウッドロウ・ウィルソン(1913年3月4日– 1921年3月4日)

ウォレン・G・ハーディング(1921年3月4日-1923年8月2日)

カルビン・クーリッジ(1923年8月2日-1929年3月4日)

第一次世界大戦

(1917–1918)

場所: ヨーロッパ、アフリカ、アジア、中東、太平洋諸島及び北と南アメリカの沿岸

戦場でドイツ兵の死体の傍を通る2人の米軍兵士
フランス第三共和政
イギリスの旗 イギリス帝国

ロシア帝国の旗 ロシア帝国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
中華民国
イタリア王国の旗 イタリア王国
大日本帝国の旗 大日本帝国
セルビア王国
モンテネグロ王国
ルーマニア王国
ベルギーの旗 ベルギー
ギリシャ王国
ポルトガルの旗 ポルトガル
ブラジルの旗 ブラジル

ドイツ帝国の旗 ドイツ帝国
オーストリア=ハンガリー帝国の旗 オーストリア=ハンガリー帝国
オスマン帝国の旗 オスマン帝国
ブルガリア王国
勝利
  • ドイツ、ロシア、オスマン及びオーストリア=ハンガリー帝国の終焉
  • ヨーロッパと中東での新国家の形成
  • ドイツの植民地と元オスマン帝国の地域の他の強国への移転
  • 国際連盟の創設
ウッドロウ・ウィルソン
ロシア内戦
(1918–1920)

場所: ロシア、モンゴル及びイラン

ロシアを行進する米軍の兵士(ロマノフカの戦いの前)
ロシアの旗 白軍

イギリスの旗 イギリス帝国

大日本帝国の旗 大日本帝国
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
ギリシャ王国
ポーランド第二共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
フランスの旗 フランス第三共和政
ルーマニア王国
セルビア王国
イタリア王国の旗 イタリア王国
中華民国の旗 北京政府

ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
極東共和国
ラトビア社会主義ソビエト共和国
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国
エストニア労働コムーナ
モンゴル人民党
ボリシェヴィキの勝利
ポージー戦争(インディアンの最後の反乱)
(1923)

場所: ユタ

ユト族とパイユート族の捕虜
アメリカ合衆国の旗 アメリカ ユト族
パイユート族
アメリカの勝利 ウォレン・G・ハーディング
第二次世界大戦
(1941–1945)

場所: ヨーロッパ、太平洋、大西洋、東南アジア、中東、地中海、北アフリカ、北アメリカ・南アメリカ

M4シャーマン戦車を遮蔽物にしながら夜明けに前進する米陸軍の兵士(ブーゲンビル島の戦い)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イギリスの旗 イギリス
中国
フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
カナダの旗 カナダ
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
イギリス領インド帝国の旗 インド
南アフリカ連邦の旗 南アフリカ連邦
ユーゴスラビア民主連邦
ギリシャ王国
デンマークの旗 デンマーク
ノルウェーの旗 ノルウェー
オランダの旗 オランダ
ベルギーの旗 ベルギー
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
ブラジルの旗 ブラジル
メキシコの旗 メキシコ
エチオピア帝国
モンゴル国の旗 モンゴル
フィリピンの旗 フィリピン
北ベトナムの旗 ベトミン
アルバニアの旗 アルバニア
ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
大日本帝国の旗 大日本帝国
イタリア王国の旗 イタリア王国
ハンガリー王国 (1920年-1946年)
ルーマニア王国
ブルガリア王国
フィンランドの旗 フィンランド
タイ王国の旗 タイ
満州国
蒙古聯合自治政府
クロアチア独立国
スロバキア共和国 (1939年-1945年)
勝利 フランクリン・D・ルーズベルト(1933年3月4日-1945年4月12日)

ハリー・S・トルーマン(1945年4月12日-1953年1月20日)

ブリーガー作戦
(1945-1949)

場所: 中華人民共和国河北省、山東省
ブリーガー作戦中の青島の海兵隊員
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 中華人民共和国の旗 中国共産党 アメリカの勝利
  • 河北省と山東省の占領
  • 日本人と韓国人の送還
  • アメリカ人とその他の外国人は脱出した
ハリー・S・トルーマン
朝鮮戦争
(1950–1953)
冷戦の一部

場所: 朝鮮

朝鮮戦争でブローニングM1919A6を構える米軍の兵士
大韓民国の旗 韓国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
ベルギーの旗 ベルギー
カナダ
フランスの旗 フランス
フィリピン
コロンビアの旗 コロンビア
エチオピア帝国
ギリシャ王国
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
オランダ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
南アフリカ連邦
タイ王国の旗 タイ
トルコの旗 トルコ
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
中華人民共和国の旗 中国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
未決定/その他の結果
  • 北朝鮮の韓国侵攻は退けられた
  • その後の国連の北朝鮮侵攻も退けられた
  • その後の中国・北朝鮮・ソ連の韓国侵攻も退けられた
  • 朝鮮戦争休戦協定で朝鮮半島での実際の戦闘を終わらせたが、講和条約が署名されていないため、戦争は(法律的には)終了していない
ハリー・S・トルーマン(1945年4月12日-1953年1月20日)

ドワイト・D・アイゼンハワー(1953年1月20日~1961年1月20日)

ベトナム戦争
(1965–1973[a], 1975[b])
冷戦インドシナ戦争の一部

場所: ベトナムカンボジア及びラオス

イア・ドラン渓谷の戦いでの第1騎兵師団 (1965年)
南ベトナムの旗 南ベトナム
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
大韓民国の旗 韓国
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
タイ王国の旗 タイ
フィリピンの旗 フィリピン
カンボジアの旗 クメール共和国
border=no ラオス王国
北ベトナムの旗 北ベトナム
Viet Cong 南ベトナム解放民族戦線
border=no クメール・ルージュ
ラオスの旗 パテート・ラーオ
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
中華人民共和国の旗 中国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
北ベトナム連合軍の勝利 ドワイト・D・アイゼンハワー(1953年1月20日~1961年1月20日)

ジョン・F・ケネディ(1961年1月20日– 1963年11月22日)

リンドン・B・ジョンソン(1963年11月22日-1969年1月20日)

リチャード・ニクソン(1969年1月20日-1974年8月9日)

ジェラルド・フォード(1974年8月9日-1977年1月20日)

レバノン危機
(1958)

場所: レバノン

たこつぼ内に座りマシンガンをベイルート方向へ向けている米海兵隊員
レバノンの旗 レバノン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
レバノンの旗 レバノン反対派: 勝利 ドワイト・D・アイゼンハワー
ドミニカ内戦 (アメリカ軍によるドミニカ共和国占領)
(1965–1966)

場所: ドミニカ共和国

ドミニカ共和国に到着した米軍の兵士
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ・ロイヤリスト
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ブラジルの旗 ブラジル
ホンジュラスの旗 ホンジュラス
パラグアイの旗 パラグアイ
ニカラグアの旗 ニカラグア
コスタリカの旗 コスタリカ
エルサルバドルの旗 エルサルバドル
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ立憲派 勝利 リンドン・B・ジョンソン
朝鮮DMZ紛争
(1966–1969)

朝鮮紛争と冷戦の一部

場所: 朝鮮半島の軍事境界線
DMZに駐留する韓国とアメリカの兵士(1967年)
大韓民国の旗 韓国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 アメリカ連合軍の勝利
  • 北朝鮮が韓国で反乱を起こせなかった
リンドン・B・ジョンソン(1963年11月22日-1969年1月20日)

リチャード・ニクソン(1969年1月20日-1974年8月9日)

多国籍軍のレバノン介入
(1982–1984)
レバノン内戦の一部

場所: レバノン

アメリカ海兵隊の兵舎の爆破
イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
イスラム聖戦機構
イラン
シリアの旗 シリア
進歩社会党

アマル運動

シリア連合軍の勝利 ジミー・カーター(1977年1月20日〜1981年1月20日

ロナルド・レーガン(1981年1月20日〜1989年1月20日

グレナダ侵攻
(1983)
冷戦の一部

場所: グレナダ

グレナダの迫撃砲地点にいる米軍の兵士
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
バルバドスの旗 バルバドス
ジャマイカの旗 ジャマイカ
アンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダ
ドミニカ国の旗 ドミニカ国
セントクリストファー・ネイビスの旗 セントクリストファー・ネイビス
セントルシアの旗 セントルシア
セントビンセント・グレナディーンの旗 セントビンセント・グレナディーン
グレナダの旗 人民革命政府 (グレナダ)
キューバの旗 キューバ
軍事アドバイザー:
勝利
  • ハドソン・オースティンの軍事独裁政権は退陣させられた
  • キューバの軍事的プレゼンスの敗北
  • 立憲政治の回復
ロナルド・レーガン
パナマ侵攻
(1989–1990)

場所: パナマ

パナマ市近郊の奪取準備をする米軍(1989年12月)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
パナマの旗 パナマ反体制派
パナマの旗 パナマ 勝利 ジョージ・H・W・ブッシュ(1989年1月20日-1993年1月20日)
湾岸戦争
(1990–1991)

場所: イラク、クウェート、サウジアラビア及びイスラエル

メディナ・リッジに迫る第3機甲師団のM1エイブラムス戦車
クウェートの旗 クウェート
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イギリスの旗 イギリス
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
エジプトの旗 エジプト
シリアの旗 シリア
カタールの旗 カタール
バーレーンの旗 バーレーン
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
オマーンの旗 オマーン
バングラデシュの旗 バングラデシュ
イラク 勝利
  • イラクがクウェートから撤退: 首長のジャービル3世が復帰
  • イラクへの制裁
ジョージ・H・W・ブッシュ(1989年1月20日-1993年1月20日)
イラクの飛行禁止区域施行作戦
(1991–2003)

場所: イラク
1998年12月の砂漠の狐作戦中にアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦から発射されたトマホーク巡航ミサイル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
オーストラリアの旗 オーストラリア
ベルギーの旗 ベルギー
オランダの旗 オランダ
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
トルコの旗 トルコ
イタリアの旗 イタリア
イラク アメリカ連合軍の勝利
  • イラクの防空網が断続的に破壊された
ジョージ・H・W・ブッシュ(1989年1月20日-1993年1月20日)

ビル・クリントン(1993年1月20日-2001年1月20日)

ジョージ・W・ブッシュ(2001年1月20日-2009年1月20日)

ソマリア内戦への第一次介入
(1992–1995)

場所: ソマリア

ソマリアをパトロールする米海兵隊
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イギリスの旗 イギリス
スペインの旗 スペイン
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
マレーシアの旗 マレーシア
パキスタンの旗 パキスタン
イタリアの旗 イタリア
インドの旗 インド
ギリシャの旗 ギリシャ
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
ボツワナの旗 ボツワナ
ベルギーの旗 ベルギー
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ソマリアの旗 ソマリ国民同盟 未決定/その他の結果 ジョージ・H・W・ブッシュ(1989年1月20日-1993年1月20日)

ビル・クリントン(1993年1月20日-2001年1月20日)

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争
(1994–1995)
ユーゴスラビア紛争の一部

場所: ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニアの町ズヴォルニク周辺を合同でパトロールするロシア軍とアメリカ軍(1996年2月29日の午後)
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ

ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国
クロアチアの旗 クロアチア


アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ベルギーの旗 ベルギー
カナダの旗 カナダ
デンマークの旗 デンマーク
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
オランダの旗 オランダ
ノルウェーの旗 ノルウェー
ポルトガルの旗 ポルトガル
スペインの旗 スペイン
トルコの旗 トルコ
イギリスの旗 イギリス

スルプスカ共和国の旗 スルプスカ共和国
ユーゴスラビア人民軍
クライナ・セルビア人共和国
西ボスニア自治州
ユーゴスラビア連邦共和国の旗 ユーゴスラビア連邦共和国
未決定/その他の結果
ハイチ介入
(1994–1995)

場所: ハイチ

ハイチに到着した米軍
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ポーランドの旗 ポーランド
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ハイチの旗 ハイチ 勝利 ビル・クリントン
コソボ紛争
(1998–1999)
ユーゴスラビア紛争の一部

場所: セルビア

Novi Sadの爆撃
コソボ解放軍(KLA)
アルバニアの旗 AFRK
アルバニアの旗 アルバニア
クロアチアの旗 クロアチア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ベルギーの旗 ベルギー
カナダの旗 カナダ
チェコの旗 チェコ
デンマークの旗 デンマーク
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
ハンガリーの旗 ハンガリー
イタリアの旗 イタリア
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
オランダの旗 オランダ
ノルウェーの旗 ノルウェー
ポルトガルの旗 ポルトガル
ポーランドの旗 ポーランド
スペインの旗 スペイン
トルコの旗 トルコ
イギリスの旗 イギリス
ユーゴスラビア連邦共和国の旗 ユーゴスラビア連邦共和国 勝利
  1. ^ 1973年にパリ協定が調印されたことでアメリカ合衆国の直接関与は終了した(空軍と特殊部隊は1975年4月まで一部の作戦を継続)。1975年4月23日のテレビ演説でフォード大統領はベトナム戦争の終結を宣言した。
  2. ^ 1974年12月13日の北ベトナムの攻撃作戦で戦争が再燃し、2ヶ月以内に南ベトナムに対して勝利した。

21世紀[編集]

紛争 交戦勢力 1 交戦勢力 2 アメリカ合衆国(及び/または)同盟国の結果 アメリカ合衆国の大統領
アフガニスタン紛争 (2001年-2021年)

場所:アフガニスタン

国際治安支援部隊(ISAF)から確固たる支援任務(RSM)への移行式典

確固たる支援任務(RSM)
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
クロアチアの旗 クロアチア
チェコの旗 チェコ
デンマークの旗 デンマーク
ジョージア (国)の旗 ジョージア
ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
ルーマニアの旗 ルーマニア
スペインの旗 スペイン
トルコの旗 トルコ


元:
国際治安支援部隊(ISAF)
アフガニスタンの旗 ターリバーン
  • ハッカーニ・ネットワーク

同盟組織


ターリバーン分派組織

  • Fidai Mahaz

ISIL関連組織


2001年の侵攻時:

ターリバーンの勝利 ジョージ・W・ブッシュ(2001年10月7日~2009年1月20日)

バラク・オバマ(2009年1月20日~2017年1月20日)

ドナルド・トランプ(2017年1月20日~2021年1月20日)

ジョー・バイデン(2021年1月20日~現職)

イラク戦争
(2003–2011)
イラク反乱と対テロ戦争の一部

場所: イラク

イラク占領中のバグダッドでのM1A1エイブラムス主力戦車
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イラクの旗 イラク
イギリスの旗 イギリス
大韓民国の旗 韓国
イタリアの旗 イタリア
ポーランドの旗 ポーランド
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
デンマークの旗 デンマーク
ジョージア (国)の旗 ジョージア
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
ウクライナの旗 ウクライナ
エストニアの旗 エストニア
オランダの旗 オランダ
ポルトガルの旗 ポルトガル
スペインの旗 スペイン
イラク駐留多国籍軍
バアス党ロイヤリスト
イラクのイスラム国
イラクの聖戦アル=カーイダ組織(イラクのアル=カーイダ)
マフディー軍
特別部隊
イラク・イスラム軍
アンサール・アル・スンナ軍

2003年の侵攻時: イラクの旗 バアス党政権 (イラク)

アメリカ連合軍の勝利
  • イラク侵攻と占領
  • バアス党政権の崩壊とサッダーム・フセインの死刑執行
  • イラク反乱、イラクのアル=カーイダの出現、宗派暴力及び別の内戦[6][7]
  • その後の暴力の減少とイラクのアル=カーイダの衰退[8][9]
  • 民主的な選挙の確立と新規民主政府の設立
  • 2011年に米軍がイラクから撤退
  • イラクにおけるイランの影響力の強化[10][11][12]
  • 米軍撤退後の宗派間暴力のエスカレートがイラクのアル=カーイダの後継lとしてのISILの台頭につながった[7][13]
  • イラク内戦 (2014-現在)
  • 2014年に米軍がイラクに再び戻った
ジョージ・W・ブッシュ(2001年10月7日~2009年1月20日)

バラク・オバマ(2009年1月20日~2017年1月20日)

ソマリア内戦へのアメリカの第二次介入
(2007–現在)

ソマリア内戦対テロ戦争の一部

場所: ソマリアケニア北東部
ソマリアでのドローンによる隠密攻撃に通常用いられるMQ-9 リーパー
ソマリアの旗 ソマリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イギリスの旗 イギリス
ケニアの旗 ケニア
エチオピアの旗 エチオピア
アフリカ連合ソマリア平和維持部隊(AMISOM
国際連合

欧州連合の旗 欧州連合[15]

アル・シャバブ
ヒズブル・イスラム

ソマリアのISIL
支援疑惑:
エリトリアの旗 エリトリア

進行中
  • ソマリアでのドローン攻撃
  • 米軍特殊作戦部隊によるアル・シャバブの武装勢力への襲撃
  • アフリカ連合の介入
  • 2006年のエチオピア侵攻をアメリカが支援
  • ケニアの介入
  • 2012年に新連邦政府が発足
  • アル・シャバブ内の権力闘争
  • 2021年1月に米軍の大半が撤退
ジョージ・W・ブッシュ (2001年1月20日~2009年1月20日)

バラク・オバマ (2009年1月20日~2017年1月20日)

ドナルド・トランプ (2017年1月20日~2021年1月20日)

ジョー・バイデン (2021年1月20日~現職)

オーシャン・シールド作戦
(2009–2016)

対テロ戦争の一部

場所: インド洋
米海軍のミサイル駆逐艦ファラガットの攻撃を受け破壊された海賊船から高い黒煙が立ち上っている
北大西洋条約機構の旗 NATO
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
マレーシアの旗 マレーシア
ノルウェーの旗 ノルウェー
イギリスの旗 イギリス
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
デンマークの旗 デンマーク
オランダの旗 オランダ
イタリアの旗 イタリア
大韓民国の旗 韓国
インドの旗 インド
ロシアの旗 ロシア
中華人民共和国の旗 中国
ソマリア沖の海賊 アメリカ連合の勝利
  • 海賊の襲撃数は激減した
  • アメリカ海軍情報局は2013年に報告された海賊事件は僅か9件のみであり、9件の全てでハイジャックに失敗したと報告した[要出典]
  • 海賊行為が90%減少[16]
バラク・オバマ
リビアへの国際介入
(2011)
リビア危機の一部

場所: リビア

リビア内戦の支援でミサイルを発射する米軍の艦船
国際連合安全保障理事会決議1973を実施する国家:

アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イギリスの旗 イギリス
ベルギーの旗 ベルギー
ブルガリアの旗 ブルガリア
カナダの旗 カナダ
デンマークの旗 デンマーク
フランスの旗 フランス
ギリシャの旗 ギリシャ
イタリアの旗 イタリア
オランダの旗 オランダ
ノルウェーの旗 ノルウェー
ルーマニアの旗 ルーマニア
スペインの旗 スペイン
トルコの旗 トルコ
スウェーデンの旗 スウェーデン
ヨルダンの旗 ヨルダン
カタールの旗 カタール
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

リビア アメリカ連合軍の勝利 バラク・オバマ
オブザーバント・コンパス作戦
(2011–2017)

対テロ戦争の一部

場所: ウガンダ
ウガンダ兵達に戦闘射撃戦術を説明するタスクフォースの戦闘エンジニアである米海兵隊のJoseph Bergeron軍曹
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ウガンダの旗 ウガンダ
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ共和国
南スーダンの旗 南スーダン
神の抵抗軍(LRA) アメリカ連合の勝利 バラク・オバマ
アメリカのリビア介入
(2015–2019)

第二次リビア内戦対テロ戦争、ISILに対する国際的戦役の一環

場所: リビア
強襲揚陸艦ワスプがオデッセイ・ライトニング作戦で航空作戦を行った
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
リビアの旗 リビア
リビアのISIL リビアのISILはほぼ壊滅
  • スルトの戦い(2016年)
  • リビアでISIL関連の過激派組織に対する空爆が数百回行われた
  • リビアにおけるISILのプレゼンスが著しく低下し、2019年に空爆が停止された。
  • 第二次リビア内戦は継続
バラク・オバマ (2009年1月20日~2017年1月20日)

ドナルド・トランプ (2017年1月20日~2021年1月20日)

イラクへのアメリカ主導の介入
(2014–現在)

生来の決意作戦、イラク内戦、シリア内戦の余波、対テロ戦争、ISILに対する国際的戦役の一環

場所: イラク
ハディーサ近郊の建物を破壊したHIMARSの攻撃を観察するスティーブン・J・タウンゼント将軍(2016年9月)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
イラクの旗 イラク
イラク領クルディスタン
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ベルギーの旗 ベルギー
カナダの旗 カナダ
デンマークの旗 デンマーク
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
ヨルダンの旗 ヨルダン
モロッコの旗 モロッコ
オランダの旗 オランダ
イギリスの旗 イギリス
トルコの旗 トルコ

イランの旗 イラン
ヒズボラ

イラク・レバントのイスラム国(ISIL) 進行中
  • ISILの戦闘員数万人が死亡
  • アメリカ主導の部隊はイラクのISILの拠点に対して1万3300回以上の空爆を行った
  • ISILの部隊に大損害を与え、ISILは2016年1月までにイラクでの占領地の40%を喪失し、2017年12月にはイラクでの全領地を失った
  • 多国籍による人道支援と地上部隊の武装化の取り組み
  • ISILが作った200の集団墓地が発見され、最大1万2000人が埋葬されている[20]
  • イラクとクルドの地上部隊に対するアメリカ主導の連合軍の継続的な助言と訓練
  • アメリカはイラクでの限定的な軍事的プレゼンスを維持
  • アメリカは2021年12月31日までにイラクでの戦闘行為を終了する予定
バラク・オバマ (2009年1月20日~2017年1月20日)

ドナルド・トランプ (2017年1月20日~2021年1月20日)

ジョー・バイデン (2021年1月20日~現職)

シリアへのアメリカ主導の介入
(2014–現在)

生来の決意作戦シリア内戦対テロ戦争、ISILに対する国際的戦役の一環

場所: シリア
シリア政府に対する報復攻撃としてシャイラト空軍基地に向けてトマホークミサイルを発射する米海軍のミサイル駆逐艦「ロス」(2017年)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ

ロジャヴァ


生来の決意作戦の参加国:
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
カナダの旗 カナダ
ヨルダンの旗 ヨルダン
デンマークの旗 デンマーク
オランダの旗 オランダ
ベルギーの旗 ベルギー
レバノンの旗 レバノン
モロッコの旗 モロッコ
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
カタールの旗 カタール
バーレーンの旗 バーレーン


トルコ

  • トルコが支援する反体制派

イスラエルの旗 イスラエル (限定的な関与:ヒズボラとシリア政府軍に対してのみ)


元:
自由シリア軍(2011–2017)

ISIL


アル・カーイダ関連組織:


シリアの旗 シリア (アメリカ及びイスラエルとの限定的な交戦)

支援:
ロシアの旗 ロシア
イランの旗 イラン
ヒズボラ

進行中
  • シリア国内のISIL及びその他の過激派組織に対して1万1200回を超えるアメリカと同盟国の空爆が行われた
  • 数千のISILのターゲットが破壊され、数千人の過激派が捕獲または殺害された
  • ISILはモスルラッカを失い、その後イラクとシリアの占領地の大半を失った
  • 2013年にシリア政府はグータで化学攻撃を行ったことで、シリアにおける国連とOPCWの合同ミッションが行われた
  • アメリカの反体制派支援
  • アメリカ海兵隊と特殊部隊の展開
  • 特にシリア政府軍による大量の人権侵害と戦争犯罪
  • アサド政権に起因する化学物質攻撃か半定期的に行われたことで、シリアが加盟する化学兵器禁止条約とジュネーヴ議定書違反として非難を受けた。数百人が死亡したカーン・シェイクン化学兵器攻撃により、シリア政府が支配するシャイラト空軍基地への米海軍の報復攻撃が行われ、2018年のドゥーマへの化学攻撃でもその後に報復攻撃が行われた。
  • アメリカによるシリア政府軍のSU-17の撃墜や、シリア政府軍によるトルコのF-4の撃墜など様々な対立や空爆が起きている
  • イスラエルとシリア間で複数の事件が発生しており、シリア領内でのイスラエル空軍の任務中にイスラエルの戦闘機に向けてシリアのS-200ミサイルが数発発射された事件や、シリアのドローンがイスラエルの領空を越えた後、ダマスカス近郊のイランのターゲットに対する報復攻撃の後にイスラエルのF-16がシリア防空軍に撃墜された事件が起きている
  • シリア北部で発生したISILの拘束者の危機[21]
  • シリアとイラクでの連合軍の空爆による民間人の死亡者数は、連合軍によれば1300人以上で、独立機関の推計では8267~1万3168人である[22]
  • 2019年10月27日にISILの指導者アブー・バクル・アル=バグダーディーが死亡
バラク・オバマ (2009年1月20日~2017年1月20日)

ドナルド・トランプ (2017年1月20日~2021年1月20日)

ジョー・バイデン (2021年1月20日~現職)

関連リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Serial 89, 18th Congress, 1st Session, Senate Document No. 1, p. 95
  2. ^ Lack (1992), pp. 122–3.
  3. ^ History: World War I”. 2022年4月15日閲覧。
  4. ^ Statement by Deputy Press Secretary Larry Speakes” (1982年9月23日). 2022年4月15日閲覧。
  5. ^ The Collapse of Lebanon's Army: U.S. Said to Ignore Factionalism” (1984年3月11日). 2022年4月15日閲覧。
  6. ^ “Sectarian divisions change Baghdad's image”. MSNBC. (2006年7月3日). http://www.msnbc.msn.com/id/13684759/ 2007年2月18日閲覧。 
  7. ^ a b “The JRTN Movement and Iraq's Next Insurgency | Combating Terrorism Center at West Point”. Ctc.usma.edu. https://www.ctc.usma.edu/posts/the-jrtn-movement-and-iraq%E2%80%99s-next-insurgency 2014年8月2日閲覧。 
  8. ^ Michael Petrou (2011年9月9日). “The decline of al-Qaeda”. Maclean's. http://www.macleans.ca/news/world/the-decline-of-al-qaeda/. "George W. Bush gambled on surging thousands more troops to the embattled country. It paid off. Al-Qaeda in Iraq is now a diminished force without territory." 
  9. ^ Spencer C. Tucker. U.S. Conflicts in the 21st Century: Afghanistan War, Iraq War, and the War on Terror. ISBN 1440838798. "Al Qaeda in Iraq was decimated by the end of the Iraq War in 2011" 
  10. ^ Galbraith, Peter W. (2007). The End of Iraq: How American Incompetence Created a War Without End. Simon & Schuster. p. 74. ISBN 978-0743294249 
  11. ^ Iran expands regional 'empire' ahead of nuclear deal”. Reuters.[リンク切れ]
  12. ^ How to Stop Iran's Growing Hegemony – National Review Online”. National Review Online. 2022年4月15日閲覧。
  13. ^ “Al-Qaeda's Resurgence in Iraq: A Threat to U.S. Interests”. U.S Department of State. (2014年2月5日). https://www.state.gov/p/nea/rls/rm/221274.htm 2010年11月26日閲覧。 
  14. ^ a b c Service and Sacrifice: Ugandan 'Blue Helmets' support UN efforts to bring peace to Somalia” (英語). UN News (2019年4月18日). 2019年4月18日閲覧。
  15. ^ Somalia, EUTM. “Home” (英語). EUTM-Somalia. 2019年4月18日閲覧。
  16. ^ “Somali piracy is down 90 per cent from last year”. The Journal. (2013年12月15日). http://www.thejournal.ie/piracy-somalia-down-on-last-year-1219326-Dec2013/ 2014年1月14日閲覧。 
  17. ^ Holmes, Oliver (2012年1月24日). “UPDATE 1-Anger, chaos but no revolt after Libya violence”. Reuters Africa. Bani Walid. https://af.reuters.com/article/libyaNews/idAFL5E8CO2HB20120124 2012年1月24日閲覧。 
  18. ^ 「神の抵抗軍」幹部を米軍が拘束、ウガンダ軍発表” (日本語). www.afpbb.com. 2021年9月7日閲覧。
  19. ^ ウガンダ「神の抵抗軍」幹部に有罪判決、遺族「生涯刑務所に」” (日本語). CNN.co.jp. 2021年9月7日閲覧。
  20. ^ “IS left 200 mass graves in Iraq - UN” (英語). (2018年11月6日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-46108248 2019年6月21日閲覧。 
  21. ^ Reuters (2019年6月15日). “Belgium takes back six children of Isis fighters from Syrian camps” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2019/jun/15/belgium-takes-back-six-children-of-isis-fighters-from-syrian-camps 2019年6月15日閲覧。 
  22. ^ US-led Coalition in Iraq & Syria”. Airwars (2018年12月). 2019年1月4日閲覧。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]


引用エラー: 「Note」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="Note"/> タグが見つかりません