レバノン共産党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レバノンの旗 レバノン政党
レバノン共産党
الـحـزب الشـيـوعـي اللبـنـانـي
フランス語: Parti communiste libanais
党旗
党首 Khaled Hadadi
成立年月日 1924年
政治的思想・立場 共産主義
マルクス・レーニン主義
反シオニズム
世俗主義
公式サイト الصفحة الرئيسية
テンプレートを表示

レバノン共産党アラビア語:الـحـزب الشـيـوعـي اللبـنـانـي)はレバノンの政党。1924年に結党された。青年組織「レバノン民主青年同盟」(世界民主青年連盟加盟)。このほかに、独自の民兵組織を持っており、レバノン内戦では敵対勢力と激しく戦った。ベイルートに党本部を置く。機関紙は「サーウト・アル=シャーイブ」(人民の声)。

歴史[編集]

1924年、フランス委任統治下のレバノンで結党。党の当初の名前は「レバノン人民党」だった。これは、「共産党」という名前にすると、ボリシェヴィキの系列と見做され、フランス当局に弾圧される恐れがあるためであった。その後、「シリア・レバノン共産党」となる(1944年にシリア共産党とレバノン共産党に分かれる[1])。

党創設初期の在籍していた著名な党員にはミシェル・アフラクなどがいた。しかし、アフラクは共産党がフランスの植民地政策を支持し始めたことに幻滅し、党から離れていった。

共産党は結党後間もなく非合法化された。第二次世界大戦中は幾らか弾圧が緩やかになったものの、共産党はフランスによる統治下の時代、もっぱら地下活動に時間を費やした。

1943年にレバノンがフランスから独立すると、共産党は合法化され、同年行われた国民議会選挙に候補者を擁立するが、全員落選した。1947年の選挙にも候補者を擁立したが、全員落選。

そして、1948年に共産党は再び非合法化された。1970年まで合法化されなかった。

合法化後、1972年の国民議会選挙に候補者を擁立したが、全員落選した。

1970年代初め、共産党は独自の民兵組織を立ち上げる。彼らは非常によく訓練されていたと言われ、レバノン内戦では活発に戦闘に参加した。レバノン共産党の民兵は、パレスチナの民兵などと協力してイスラエル国防軍南レバノン軍などと戦った。

1980年代に入ると、共産党の影響力に陰りが見え始め、1987年の党会議では、ソビエト連邦への依存を嫌い、独自路線を追求していた当時の党首のジョージ・ハウィを追い出そうとする動きもあった(結果としてこの計画は失敗し、ハウィは留まった)[1]

このほか、1980年代にはイスラム原理主義者によって共産党員・幹部が数多く殺害された。

1990年代に入ると、レバノン内戦の終結と、ソビエト連邦の崩壊という重大事件が共産党に大きな影響を与え、ジョージ・ハウィ含む共産党指導部の入れ替わりなどが起きた。

その後も選挙の際には候補者を出しているものの、議席獲得に成功はしていない。

2005年にジョージ・ハウィが暗殺される。ハウィはかねてからシリアを批判していたため、親シリアの武装勢力に殺されたのではないかと言われている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Lebanese Communist PartyCountry Studies
  2. ^ A Second Critic of Syria Is Assassinated in Lebanonニューヨークタイムズ 2005年6月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]