トリンギット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリンキットおよび近隣諸族の分布図

トリンキットTlingit ['tlɪŋkɪt])はインディアン部族の一つで、アラスカカナダの先住民族。正しい発音はクリンキット['klɪŋkɪt], もしくはクリンギット['klɪŋgɪt]。もともとはフリンキットLingít)[ɬɪŋkɪt]と呼ばれていた[1]

文化[編集]

アラスカからカナダのブリティッシュ・コロンビアユーコン川流域の太平洋沿岸の海と山に挟まれた環境に住み、発達した母系狩猟採集社会を構築していた。鮭やクジラを獲って暮らし、ポトラッチトーテムポールの風習で知られる。彼らの話すトリンギット語には数多くの方言がある。豊富な木材資源を基に建築技術が発達し、巨大な木造家屋を作る。

歴史[編集]

18世紀以降、アラスカ一帯の先住民族たちと西洋人の接触が始まった。西洋人によってもたらされた天然痘などの感染症によって、それらの免疫を持たないトリンギットをはじめとする一帯の先住民族たちの間で著しく流行した[2]

その他[編集]

  • 民族写真家のジョージ・T・エモンズ(w:George T. Emmons)は19世紀の終わりにその文化を記録し「トリンキットにかんする優れた研究家」と評されている[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カナ表記の他の例はリンギット
  2. ^ Pritzker 2000, p. 209
  3. ^ L.ベルグ『カムチャツカ発見とベーリング探検』龍吟社、1942年、P.238。

参考文献[編集]

  • Pritzker, Barry M. (2000), A Native American Encyclopedia: History, Culture, and Peoples, Oxford University Press, ISBN 978-0-19-513877-1 

外部リンク[編集]