ハイダ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1878年に撮影されたハイダ族の集落。大木を駆使したロングハウスやトーテムポールが建ち並ぶ

ハイダ族(Haida)は主にカナダブリティッシュコロンビア州に居住する先住民族ファーストネーション)。一部はアメリカ合衆国アラスカ州にも居住区がある。

ハイダ族はロシア人によって「カイガン」と呼ばれた人種で、20世紀の中頃までプリンス・ウェルス島の南3分の1はハイダ族が占めていた。言語においても社会制度においてもトリンキット族に近似している、とソ連の地理学者レフ・ベルクは述べている[1]。現在では特にブリティッシュコロンビア州のハイダ・グワイ(旧名:クイーンシャーロット島)に、ハイダ族の居住する村が多く集まっている。ハイダ族の芸術と村落が残るスカン・グアイユネスコ世界遺産に登録されている。その北にはグアイ・ハアナス国立公園カナダ国定史跡として設けられている。

ハイダ族のデザイン表現や精巧な彫刻技術で知られ、現在[いつ?]でもビル・リード等の芸術家が知られる[誰?]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ L.ベルグ『カムチャツカ発見とベーリング探検』龍吟社、1942年、P.222。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]