シャーム自由人イスラム運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャーム自由人イスラム運動
حركة أحرار الشام الإسلامية
シリア内戦に参加
シャーム自由人イスラム運動によって使われた標準とは異なるイスラム戦線のロゴ
シャーム自由人イスラム運動によって使われた標準とは異なるイスラム戦線のロゴ
活動期間 2011年12月 – 現在
活動目的
指導者
  • ハッサーン・アッブード(別名Abu Abdullah al-Hamawi[3][4] 、司令官2011年–2014年)[5][6]
  • Hashim al-Sheikh(別名:Abu Jaber Shaykh、司令官2014年 – 2015年)[7]
  • Abu Yahia al-Hamawi(司令官2015年 – 2016年)[8]
  • Ali al-Omar(別名:Abu Ammar al-Omar、司令官2016年 – 2017年7月)[9]
  • ハサン・スーファーン(別名:Abu al-Bara、最高司令官2017年7月31日 – 2018年8月)[10]
  • Jaber Ali Basha(司令官2018年8月–現在。副司令官2017年–2018年)
  • Anas Abu Malek(副司令官2017年-現在
  • Jamil Abu Abdul Rahman(北部区域司令官2017年–現在)
  • スポークスマン Abu Yousef al-Mujajir[11]
    本部 シリア・アラブ共和国イドリブ県Babsaqa
    活動地域 シリア
    兵力 10,000–20,000(2013年7月)[6]
    16,000[12](2016年12月)
    18,000–20,000(2017年3月-7月)[13][14][15]
    上位組織

    シリア・イスラム解放戦線(2012年-2013年)[16]
    イスラム戦線(2013年–2016年)[17][18][19]
    Syrian Revolutionary Command Council(2014年–2015年)[20]
    東グータ統合軍事司令部(2014年–2015年)[21][22]
    ファトフ軍(2015年–2017年)[23]
    アレッポ・ファトフ軍(2015年–2017年)
    Ansar al-Sharia(2015年–2016年初頭)
    アレッポ軍(2016)
    自由シリア軍

    • 第3軍
      • レバント・ブロック
        •  レバント戦線(北部アレッポ支部、2017年–現在)

    National Front for Liberation(2018年–現在)

    前身 Ahrar al-Sham Battalion
    関連勢力
    敵対勢力
  • シリアの旗 シリア
  • Flag of the Islamic State of Iraq and the Levant2.svgISIL[28][29]
  • Flag of Hayat Tahrir al-Sham.svgタハリール・アル=シャーム(2017年7月以降)[30]
  • Al-Rahman Legion[30]
  • イランの旗イラン[31]
  • ロシアの旗ロシア[31]
  • Flag of Syrian Democratic Forces.svgシリア民主軍
  • InfoboxHez.PNGヒズボラ
  • ジュンド・アクサー機構
    (2016年10月以降)
  • Ahrar al-Sharqiya
  • 戦闘
    テンプレートを表示

    シャーム自由人イスラム運動(シャームじゆうじんイスラムうんどう、Movement of the Free People of Islamic Syria, Battalions of the Free People of Syria, Kataib Ahrar al-Sham)は、シリアで活動するスンニ派反政府武装組織アハラール・アル・シャーム・イスラム運動(Harakat Ahrar al Sham al Islamiya)、アハラール・アル・シャーム(Ahrar al Sham)とも呼ばれる[34]

    概要[編集]

    シャーム自由人イスラム運動(以下「運動」)は、バッシャール・アル=アサド政権の打倒、イスラム国家の樹立などを目標として、主にシリア北部から中部で活動する。勢力はアレッポ県だけで5000人を擁すると自称する。戦闘員の大多数はシリア人だが、ロシア・コーカサス北部、リビアチュニジアなど外国出身者もいる。中東・湾岸諸国などで個人・非政府組織などから寄附を得て活動資金にしているとされる[34]

    「運動」はアルカイダの系譜を汲むが、創設メンバーでアルカイダ出身のアブー・ハーリド・スーリーの死後はアルカイダとの関係が薄まった。2015年以降、アルカイダとの関係を否定し、「独裁」打倒をめざす「フリーダム・ファイター」とアピールするようになった[35][34]

    「運動」は支配地内でシャリーア(イスラム法)による厳しい統治を行い、検察局・警察・拘置所を設置している。裁判官もいるが、中にはシャリーアの知識が不十分な者もいる。容疑者には拷問・虐待に相当する処罰を科している[36]

    沿革[編集]

    「運動」は、ダマスカス郊外県サイドナヤ刑務所で収監経験を持つハッサーン・アッブードを初代指導者として、アフガンやイラクでの戦闘経験を持ち、「シリアにおけるアルカイダの代理人」と呼ばれたアブー・ハーリド・スーリーらによって建設された。結成当初はシリア軍の車列などに対する小規模な襲撃を繰り返していたが、他組織と連携して軍や政府の施設を攻撃・占拠するなど、反体制派内でも有力組織の一つになったとされる[34][35]

    IF結成[編集]

    2013年11月、「運動」は他のイスラム主義組織と共に組織連合・イスラム戦線(IF)を結成し、アブードがIF政治部門の指導者に就任したとされる[34]

    2014年1月、IFに所属していたイスラム軍、タウヒード旅団、シャームの鷹旅団から、他の反体制派に対して攻撃的なISILに制裁を課そうとする声が上がった。「運動」はこれに消極的だったが[37]、最終的にIFとしてISILと戦うことを発表した。これと前後して、ISILとIF・ヌスラ戦線自由シリア軍などがアレッポラッカマンビジなどで戦闘を繰り広げた[38]

    程なく各地で「運動」とISILの間で講和が結ばれた[39]。しかし、2月にはいると「運動」はISILから襲撃を受けたとして、「裏切り集団」ISILとの停戦合意を破棄すると宣言した[40]。これに対してISILはIFの司令部・メンバーに背教宣告を下した[41]。その後、アブー・ハーリド・スーリーはアルカイダ指導者アイマン・ザワーヒリーから、関係が悪化していたアル=ヌスラ戦線ISILの仲裁役に任じられたが、ISILと思われる組織がアレッポの「運動」本部に対して自爆攻撃を行い、アブー・ハーリド・スーリーら6人が殺された[42]。ただし、ISILはスーリー殺害を否定した[43]

    このようにISILとの戦闘を繰り返した結果、IFは弱体化した[44]

    ファトフ軍結成[編集]

    2015年3月、「運動」はシャームの鷹旅団との合併組織としてシャーム自由人イスラム戦線を結成した[45]

    2015年3月、ヌスラ戦線を含む複数のスンニ派武装組織と共にファトフ軍を結成した。

    イドリブ県の県都イドリブは、2015年3月に「運動」とヌスラ戦線を中心としたファトフ軍に支配された(イドリブの戦い[46]

    4月頃に「闘いの勝利連合」を、さらに7月には「アンサール・アル・シャリーア」なる連合体をそれぞれ結成し、イドリブ県・アレッポ県・ハマー県などで政府軍などに対する攻撃を実行した[34]

    10月、ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆が行われると、「運動」支配地も空爆に晒された[47]

    指導者オマルは12月に声明を出し、反体制派間の争いや支援の減少などによって革命が弱まっているとし、反体制派勢力や市民の団結を訴えるなどした[34]

    2016年1月、ヌスラ戦線を中心にファトフ軍加盟組織の完全統合に向け協議が行われたが、「運動」はヌスラ戦線とアルカイダの関係性を理由に反対したとされる。ヌスラ戦線は同年7月にアルカイダ離脱とシリア征服戦線(JFS、旧ヌスラ戦線)設立を表明した際、「運動」はこれを祝福する一方で、アルカイダ離脱を証明するよう求めたとされる[34]

    ヌスラ戦線の分派、ジュンド・アクサー機構はIS共鳴者も多く、「運動」と度々衝突した。2016年9月に「運動」がジュンド・アクサー機構を破ると、同機構はJFSに吸収統合された[35]

    12月、「運動」は他の反体制派とともに包囲下のアレッポから撤退し、アレッポの戦いで敗北を喫した[48]

    アメリカ合衆国バラク・オバマ政権末期、アメリカ空軍がヌスラ戦線に空爆を行うようになった。これはピンポイントにJFS幹部の所在地を叩くもので、あまりの正確さに「運動」が情報を漏らしているのではないかとの疑念が生まれた[35]

    こうした背景をもとに2017年1月、シリア征服戦線の旧ジュンド・アクサー機構メンバーらがイドリブ県ザーウィヤ山地方一帯の「運動」拠点を襲撃した。JFSは旧ジュンド・アクサー機構メンバーの破門で事態収拾を図ったが、戦闘は拡大した。「運動」はイスラム軍、ムジャーヒディーン軍、「命じられるまま正しく進め」連合とともに、旧ジュンド・アクサー機構掃討を本格化させた。旧ジュンド・アクサー機構の反「運動」派はJFSから分裂し、その一部は東トルキスタンイスラム運動の仲介でISに加わるためにラッカ方面へと移動した[35]

    HTSとの勢力争い[編集]

    アレッポの戦いでは、アレッポ・ファトフ軍(2015年5月結成)、新生ファトフ軍(2016年5月)、アレッポ軍(同年12月)をはじめとする連合体を結成が形成され、反体制派同士の連携を強化した。しかし、シリア政府軍との停戦が実現すると、反体制派同士は自らの支配地拡大をめぐって、内部分裂が再燃した[35]

    2017年1月、JFSが他の反体制派拠点を襲撃したことで、ムジャーヒディーン軍、シャームの鷹旅団、シャーム戦線、イスラム軍、シャーム戦線、「命じられるまま正しく進め」連合、シャーム革命家大隊が「運動」に忠誠を誓い、イブン・タイミーヤ大隊、ミクダード・ブン・アムル旅団が「運動」に合流した[35]

    一方でJFSはヌールッディーン・ザンキー運動、ハック旅団、アンサールッディーン戦線、スンナ軍と共に新組織タハリール・アル=シャーム(HTS)へと完全統合し、反体制派の武力統合を目指すことを宣言した[35]

    こうして始まった「運動」とHTSの拡大競争では、HTSが圧倒的に優位な立場に立った。HTSに忠誠を誓った組織には「運動」傘下の組織が連合したハマー軍もあった[35]。「運動」やHTSの軍門に降った組織のほとんどは、かつて自由シリア軍や「穏健な反体制派」として活動していた[35]

    「運動」とHTSは3月初めの和解合意で勢力拡大競争を収束させたが、両者の散発的衝突は続いた。7月下旬には、HTSが「運動」の戦略拠点、イドリブ県バーブ・ハワー国境通行所に進軍し、周辺地域を制圧した。「運動」はバーブ・ハワー国境通行所から撤退し、通行所管理を文民に任せることで停戦した[35]

    12月、シリア政府軍がISとの戦いをひと段落させると、イドリブ県一帯やダマスカス郊外県東グータの反体制派に戦力が向けられた。そこで、「運動」最高司令官ハサン・スーファーンはHTS指導者アブー・ムハンマド・ジャウラーニーサウジアラビア人説教師アウドゥッラー・ムハイスィニーらとファトフ軍再興に向けた協議を行った。そしてイドリブ県一帯で反体制派がシリア政府軍に対して大規模な一斉反抗が試みられた[35]

    国民解放戦線の結成[編集]

    2018年8月、「運動」はイドリブ県一帯で活動する国民解放戦線に加盟した。国民解放戦線はトルコが支援する武装連合体で5月に結成された[49]

    [編集]

    出典[編集]

    1. ^ GHANMI, Elyès; PUNZET, Agnieszka (2013年6月11日). “The involvement of Salafism/Wahhabism in the support and supply of arms to rebel groups around the world”. European Parliament. http://www.europarl.europa.eu/RegData/etudes/etudes/join/2013/457137/EXPO-AFET_ET(2013)457137_EN.pdf. "At the beginning of 2012 two prominent Salafi armed groups emerged: Jabhat al-Nusra (the Support Front) and Kata’ib Ahrar al-Sham (the Freemen of Syria Battalions) both of which embraced the language of jihad and called for an Islamic state based on Salafi principles (International Crisis Group, 2012)." 
    2. ^ أحرار الشام تحلل تبني علم الثورة كرمز وتوقعات بتبديل رايتها إليهo”. Al Etihad Press (2017年6月21日). 2018年12月26日閲覧。
    3. ^ Lund, Aron (2012年10月5日). “Holy Warriors”. Foreign Policy. 2018年12月26日閲覧。
    4. ^ The crowning of the Syrian Islamic Front”. Foreign Policy (2013年6月24日). 2018年12月26日閲覧。
    5. ^ Suicide bombing kills head of Syrian rebel group”. The Daily Star (2014年9月9日). 2018年12月26日閲覧。
    6. ^ a b “Competition among Islamists”. エコノミスト. (2013年7月20日). https://www.economist.com/news/middle-east-and-africa/21582037-one-islamist-rebel-group-seems-have-overtaken-all-others-competition-among 2018年12月26日閲覧。 
    7. ^ Syria rebels name slain leader's replacement”. Al Jazeera English (2014年9月10日). 2018年12月26日閲覧。
    8. ^ Lund, Aron (2015年9月12日). “Abu Yahia al-Hamawi, Ahrar al-Sham's New Leader”. Syria Comment. 2018年12月26日閲覧。
    9. ^ Commander-in-Chief of Ahrar Al-Sham appoints his deputies and a new leader for the northern sector”. Zaman al-Wasl (2017年2月4日). 2018年12月26日閲覧。
    10. ^ Hashem Osseiran (2017年8月3日). “Why One of Syria’s Biggest Rebel Groups Reordered Its Leadership”. Syria Deeply. 2018年12月26日閲覧。
    11. ^ “Rebels, regime made prisoner swap in Aleppo: source”. Zaman al-Wasl. (2016年6月21日). http://en.zamanalwsl.net/news/article/16534 2018年12月26日閲覧。 
    12. ^ List of armed formations, which joined the ceasefire in the Syrian Arab Republic on 30 December 2016”. Ministry of Defence of the Russian Federation. 2018年12月26日閲覧。
    13. ^ SAMI MOUBAYED (2017年1月29日). “Is Syria’s Idlib being groomed as Islamist killing ground?”. タイム誌アジア版. 2018年12月26日閲覧。"Last January, Idlib sank into a "rebel civil war" as fighting broke out between Jabhat al-Nusra and the Turkish-backed Ahrar al-Sham, a militia in the Syrian north that boasts of a powerbase of at least 20,000 fighters."
    14. ^ Charles Lister (2017年3月15日). “Al Qaeda Is Starting to Swallow the Syrian Opposition”. Foreign Policy. 2018年12月26日閲覧。 "HTS and Ahrar al-Sham are the most militarily powerful, with the former likely commanding 12,000 to 14,000 fighters and the latter closer to 18,000 to 20,000."
    15. ^ Aaron Y Zelin (2017年6月). “How Al Qaeda survived drones, uprisings and the Islamic State”. Washington Institute for Near East Policy. 2018年12月26日閲覧。"Overnight [after its January 2017 expansion], Ahrar al-Sham had gained approximately 8,000 additional fighters to supplement its already large membership of 12,000."
    16. ^ The Syrian Islamic Front: A New Extremist Force”. Washington Institute for Near East Policy (2013年2月4日). 2018年12月26日閲覧。
    17. ^ Syria Comment » Archives The Dawn of Freedom Brigades: Analysis and Interview - Syria Comment”. Syria Comment. 2018年12月26日閲覧。
    18. ^ Aron Lund (2015年3月23日). “Islamist Mergers in Syria: Ahrar al-Sham Swallows Suqour al-Sham”. Carnegie Endowment for International Peace. 2018年12月26日閲覧。
    19. ^ “Leading Syrian rebel groups form new Islamic Front”. BBCニュース. (2013年11月22日). https://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-25053525 2018年12月26日閲覧。 
    20. ^ Syria's Ahrar al-Sham Leadership Wiped Out in Bombing”. Carnegie Endowment of International Peace (2014年9月9日). 2018年12月26日閲覧。
    21. ^ Unified Military Command for Ghotta (PNG)”. Malcolmxtreme.files.wordpress.com. 2018年12月26日閲覧。
    22. ^ The wars of the Eastern Ghouta grind on”. The Daily Star Newspaper. 2018年12月26日閲覧。
    23. ^ a b Rebels launch full-on assault of Idlib city”. Syria Direct. 2018年12月26日閲覧。
    24. ^ Hardline Syria rebels announce merger”. フランス通信社 (2018年2月19日). 2018年12月26日閲覧。
    25. ^ The Army of Islam Is Winning in Syria”. Foreign Policy. 2018年12月26日閲覧。
    26. ^ Aron Lund (2013年9月24日). “New Islamist Bloc Declares Opposition to National Coalition and US Strategy”. Syria Comment. http://www.joshualandis.com/blog/major-rebel-factions-drop-exiles-go-full-islamist/ 2018年12月26日閲覧。 
    27. ^ “Freedom, Human Rights, Rule of Law: The Goals and Guiding Principles of the Islamic Front and Its Allies”. Democratic Revolution, Syrian Style. (2014年5月17日). http://notgeorgesabra.wordpress.com/2014/05/17/freedom-human-rights-rule-of-law-the-goals-and-guiding-principles-of-the-islamic-front-and-its-allies/ 2018年12月26日閲覧。 
    28. ^ “NGO: Syria jihadists kill rebels in bombing”. Al Arabiya. (2014年1月11日). http://english.alarabiya.net/en/News/middle-east/2014/01/11/NGO-Syria-jihadists-kill-rebels-in-bombing.html 2018年12月26日閲覧。 
    29. ^ “Al Qaeda's chief representative in Syria killed in suicide attack”. Long War Journal. (2014年2月23日). http://www.longwarjournal.org/archives/2014/02/zawahiris_chief_repr.php 2018年12月26日閲覧。 
    30. ^ a b syriaanalyst, Author (2017年5月12日). “Update: Rebel Infighting in East Ghouta”. 2018年12月26日閲覧。
    31. ^ a b Syrian rebels call for regional alliance against Russia and Iran”. ロイター. 2018年12月26日閲覧。
    32. ^ “Former Guantanamo detainee killed while leading jihadist group in Syria”. Long War Journal. (2014年4月4日). http://www.longwarjournal.org/archives/2014/04/former_guantanamo_de_2.php# 2018年12月26日閲覧。 
    33. ^ Jocelyn, Thomas (2015年4月23日). “Al Nusrah Front, allies launch new offensives against Syrian regime”. Long War Journal. http://www.longwarjournal.org/archives/2015/04/al-nusrah-front-allies-launch-new-offensives-against-syrian-regime.php 2018年12月26日閲覧。 
    34. ^ a b c d e f g h アハラール・アル・シャーム・イスラム運動 公安調査庁 2018年12月25日閲覧
    35. ^ a b c d e f g h i j k l 青山弘之 混濁続く「反体制派のスペクトラ」/シリア情勢2017:「終わらない人道危機」のその後(13) 2018年3月15日公開 2018年12月25日閲覧
    36. ^ シリア:北部で横行する武装勢力の暴虐 アムネスティ日本 2016年7月8日公開 2018年12月25日閲覧
    37. ^ 青山弘之 2013年12月31日のシリア情勢 2018年12月25日閲覧
    38. ^ 青山弘之 2014年1月5日のシリア情勢 2018年12月25日閲覧
    39. ^ 青山弘之 2014年1月15日のシリア情勢 2018年12月25日閲覧
    40. ^ 青山弘之 2014年2月7日のシリア情勢:反体制勢力の動き(追記) 2018年12月25日閲覧
    41. ^ 青山弘之 2014年2月8日のシリア情勢:反体制勢力の動き 2018年12月25日閲覧
    42. ^ 青山弘之 2014年2月23日のシリア情勢:国内の暴力 2018年12月25日閲覧
    43. ^ 青山弘之 2014年3月2日のシリア情勢:反体制勢力の動き 2018年12月25日閲覧
    44. ^ イスラム戦線(IF) 公安調査庁 2018年12月25日閲覧
    45. ^ 青山弘之 イドリブ県、ハマー県のジハード主義武装集団、「自由シリア軍」の糾合進む 2015年3月22日公開 2018年12月25日閲覧
    46. ^ 次はイドリブか ―「野外刑務所」の恐怖におびえるシリア避難民 AFPBB News 2016年12月23日公開 2018年12月25日閲覧
    47. ^ ロシアのシリア空爆、対象は全ての反体制派 専門家ら指摘 AFPBB News 2015年10月2日公開 2018年12月25日閲覧
    48. ^ シリア政府軍、アレッポ奪還を宣言 反体制派の撤退完了 AFPBB News 2016年12月23日公開 2018年12月25日閲覧
    49. ^ 青山弘之 イドリブ県で活動する国民解放戦線にアル=カーイダ系組織や旧「穏健な反体制派」が新たに加入(2018年8月1日) 2018年12月25日閲覧