ビアンカの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアンカの大冒険
The Rescuers
監督 ウォルフガング・ライザーマン
ジョン・ラウンズベリー
アート・スティーヴンズ
脚本 ラリー・クレモンズ
ケン・アンダーソン
フランク・トーマス
ヴァンス・ジェリー
デイヴィッド・ミッチェナー
テッド・バーマン
フレッド・ラッキー
バーニー・マッティンソン
ディック・セバスト
原作 マージェリー・シャープ
出演者 エヴァ・ガボール
ボブ・ニューハート
ジェラルディン・ペイジ
ジム・ジョーダン
ミシェル・ステイシー
音楽 アーティ・バトラー
主題歌 Rescue me
編集 ジェームズ・メルトン
ジム・コフォード
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 東宝
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年6月22日
日本の旗 1981年12月19日
上映時間 77分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約1200万ドル
興行収入 $71,215,869[1] アメリカ合衆国の旗
次作 ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!
テンプレートを表示

ビアンカの大冒険』(ビアンカのだいぼうけん、原題:The Rescuers)は、ディズニー制作のアニメ映画作品。アメリカ1977年6月22日に公開された。日本での公開は1981年12月19日マージェリー・シャープの原作小説『The Rescuers』(邦題『小さい勇士のものがたり』)と『Miss Bianca』(同『ミス・ビアンカのぼうけん』)を元に製作された作品。二作の合成である為、内容は大幅に変えられている。続編は、1990年に公開された『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』。

あらすじ[編集]

ネズミの国際救助救援協会ニューヨーク本部に、少女ペニーから瓶に入った助けを求める手紙が届いた。協会のメンバーであるビアンカとバーナードは、その手紙を受け、アホウドリ航空のオービルの背中に乗ってペニーを探す旅に出る。

登場キャラクター[編集]

ビアンカ
おしゃれで好奇心旺盛なキャリアウーマンの白ネズミ。救助救援協会のメンバーでハンガリー代表。香水をつけている。ペニー救援の任務を受け、パートナーにベルナルドを指名する。
※原作ではイギリス大使の息子のペット。やはり飼われていて仲のいいネコの姿が全てだと思い込み、「世界中のネコというネコが大好き」と言い放つなど、世間知らずのお嬢様だったが、「囚人友の会」からビアンカへの使者として訪問したベルナルドの懇願を受けて「友の会」の活動に参画する事になる。のちに友の会議長。
バーナード
救助救援協会で下働きをしている真面目で誠実な青年のネズミ。ビアンカとコンビを組む。縁起を担ぎ、13の数字を嫌う。オービルの飛行機も苦手で、いつも「汽車にすればよかった」と言う。態度はいつもおずおずとしているが、いざと言うときはとても勇敢な若者。続編ではビアンカにプロポースし、めでたくOKをもらう。
※原作ではイギリス大使館の厨房に住む「囚人友の会」の会員、のち事務局長。茶ネズミ。
メデューサ
派手好きでとても強欲な女性。悪魔の目を手に入れるためなら手段を選ばない。表向きは質屋。ブルータスとネロという二匹の巨大ワニを従えている。
スヌープス
メデューサの相棒である小太りの男性。
オービル
ビアンカとベルナルドが乗るアホウドリ航空のパイロット飛行機。名前は続編のウィルバーも併せて、飛行機を発明したライト兄弟に由来する。
ペニー
救助救援協会に助けを求めた4歳の少女。メデューサにさらわれ、悪魔の沼の洞穴に眠る世界一大きなダイヤモンド「悪魔の目」を探すために働かされていた。さらわれる前、両親欲しさからか孤児院を抜け出した経緯を持つ。両親がほしいという願いは、終盤で叶った。老猫のルーファスから、信じれば願いは叶うという事を教えられた為、希望を最後まで捨てなかった。ぬいぐるみのテディが親友。いつも優しく話しかけている。
グランプス
ルークの友人の
デッドアイ
ルークの友人のウサギ
ディガー
ルークの友人のモグラ
ディーコン
ルークの友人の
ブルータス
最後にメデューサ、スヌープス達を襲うワニ

キャスト[編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え
劇場公開版 ソフト版
ビアンカ エヴァ・ガボール 新道乃里子 小原乃梨子
バーナード ボブ・ニューハート 山田康雄 安原義人
ペニー ミシェル・ステイシー 山下真実
オービル ジム・ジョーダン 屋良有作
マダム・メデューサ ジェラルディン・ペイジ 里見京子 吉田理保子
スヌープス ジョー・フリン 龍田直樹
ルーファス ジョン・マッキンタイア 槐柳二 大木民夫
ルーク パット・バットラム 辻親八
エリー・メイ ジャネット・ノーラン 滝沢ロコ
会長 バーナード・フォックス 納谷悟朗
グランプス ラリー・クレモンス 西村知道
デッドアイ ジョージ・リンゼイ 佐藤正治
ディガー ダブ・テイラー 中博史
ディーコン ジョン・フィードラー 後藤哲夫
テレビアナウンサー ビル・マクミリアン
イビンルード ジム・マクドナルド 原語版流用
ブルータス キャンディ・キャンディード
ネロ

スタッフ[編集]

映像制作[編集]

原作 マージェリー・シャープ
脚本 ラリー・クレモンズケン・アンダーソンフランク・トーマスヴァンス・ジェリーデイヴィッド・ミッチェナー
テッド・バーマンフレッド・ラッキーバーニー・マッティンソンディック・セバスト
音楽 アーティ・バトラー
ビアンカ担当作画監督 フランク・トーマス
バーナード、会長、ルーファス、猫、オービル、アルバトロス担当作画監督 オリー・ジョンストン
ペニー、マダム・メデューサ、スヌープス、ブルータス、ネロ担当作画監督 ミルト・カール
作画監督 ドン・ブルース
レイアウト ジョー・ヘイルガイ・ディールトム・レイシルヴィア・ローマー
ペニー、バーナード担当原画 グレン・キーン
原画 ジョン・ポメロイクリフ・ノードバーグアンディ・ガスキルゲイリー・ゴールドマンアート・スティーヴンズ
デイル・ベアチャック・ハーヴィーロン・クレメンツボブ・マクレイビル・ハジー
エフェクト原画 ジャック・バックリーテッド・カーシードース・A・ランファージェームズ・L・ジョージディック・ルーカス
動画 スタン・グリーンデイル・オリヴァーチャック・ウィリアムズハリー・ヘスターウォルト・スタンチフィールド
デイヴ・サディングリロイ・クロス
美術監督 ドン・グリフィス
背景 ジム・コールマンアン・ガンザーダニエラ・ビエレッカ
色彩設計 アル・デンプスター
録音 ハーブ・テイラー
音楽編集 イヴリン・ケネディ
タイトル エリック・ラーソンメルヴィン・ショウバーニー・マッティンソン
編集 ジェームズ・メルトンジム・コフォード
助監督 ジェフリー・C・パッチリチャード・リッチ
制作担当 ドン・A・ダックウェル
プロデューサー ウォルフガング・ライザーマン
エグゼクティブプロデューサー ロン・ミラー
監督 ウォルフガング・ライザーマンジョン・ラウンズベリーアート・スティーヴンズ
制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション

日本語版音声制作[編集]

プロデューサー 岡本企美子
演出 高橋剛
脚本翻訳 杉田朋子
音楽演出 近藤浩章(C・オーグメント)
ミキサー 高橋昭雄荒井孝(オムニバス・ジャパン)
音楽ミキサー 久連石由文(アオイスタジオ)
録音制作 東北新社
日本語版制作 DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

ソフト化[編集]

アメリカでのソフト回収[編集]

1999年1月8日、アメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーは映画の背景に不快な画像があるとして約340万本のソフトの回収を発表した[2][3]

問題となったのは、映画のフィルム全体の11万コマに、2コマだけ表示されるトップレスの女性の画像だった。ビアンカとバーナードがオービルに乗ってニューヨークの街を飛行中、建物の窓に2コマ表示される[4]。再生速度の問題で通常は見えなかったのだが、ビデオソフトが発売されコマ送りができるようになったため発覚した。(1988年の映画『ロジャー・ラビット』でも似た事態が起こっている。)

以後は該当のシーンを修整したバージョンが発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ The Rescuers (1977)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月2日閲覧。
  2. ^ Photographic images of a topless woman can be spotted in The Rescuers” (英語). Urban Legends Reference Pages. 2013年4月11日閲覧。
  3. ^ Davies, Jonathan (January 11, 1999). "Dis Calls in 'Rescuers' After Nude Images Found". The Hollywood Reporter.
  4. ^ controversial images in The Rescuers (1977)”. YouTube. 2013年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]