ティガー・ムービー プーさんの贈りもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティガー・ムービー
プーさんの贈りもの
The Tigger Movie
監督 ジュン・ファルケンシュタイン
脚本 ジュン・ファルケンシュタイン
製作 シェリル・アボット
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年2月11日
日本の旗 2000年7月15日
上映時間 77分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $96,159,800[1]
次作 くまのプーさん/みんなのクリスマス
テンプレートを表示

ティガー・ムービー プーさんの贈りもの』(原題:The Tigger Movie)は、『くまのプーさん』シリーズの長編映画として、日本語吹き替え版が2000年7月15日に劇場公開されたディズニーアニメ映画である。プーさんシリーズの中でも、初めてトラのティガーを主人公に設定した作品。「プーさんの贈りもの」は日本語独自の副題で、英語にはない。上映時間は約77分。 もともとは米国で2000年2月11日にリリースされた。

ティガーのことを思っている、カンガルーの子供「ルー」がそれまでにない大活躍をする。オリジナルの『クマのプーさん』童話では、ティガー(トラー)は最も登場が遅く、カンガルーの家に住むことになっているので、最初からティガーとルーは“兄弟同然”の関係になっているが、ディズニー・アニメのプーさんシリーズではこの関係が初めて本格的に描写される。プーさんは初めて脇役に回るが、やはり親友のピグレットと一緒に行動している。また本作では過去の作品に比べ、ティガーの事を快く思わず、ラビットやピグレットとともに「みんな、ティガーじゃないから」と彼に絶交するなどプーらしくない一面も見せた。普段からティガーのとびはねる癖を好まないラビットが、いくらか悪役の雰囲気を帯びている。(地リスのゴーファーはこの作品には登場しない。)

なお、この作品がくまのプーさんシリーズでは最後のセル画による作品となっている。

概要[編集]

「100エーカーの森」一番のお調子者、ティガーが“家族”を探しに出かける物語。開始部分でティガーとナレーターが会話し、ティガーが物語の表題“Winnie the Pooh”を壊して“The Tigger Movie”と変える場面から始まる。場面は晩秋に設定されている。ティガーの持ち歌「ワンダフル・シング・アバウト・ティガー」をラップ音楽調で歌いながら、プーさん、ピグレット、カンガの家へいつもの調子で飛び込んで行くが、皆は冬越しの準備に忙しい。ある日、みんなのためにとっておきのジャンプを披露するも裏目に出てしまい、ついに森の皆から「もう君とは付き合えない」と絶交されてしまい、ティガーはがっかりする。家に帰ると空っぽのハート形のロケットを発見し、自分にも家族がいるんだとオウルに相談すると家族の木の話を聞き、どこかに自分の家族の木があるに違いないと自分と対等な存在としての“家族”探し続ける。ティガーを誰よりも慕う小さな友達であるルーは仲間達を説得し、「家族からの手紙」をはじめとして、森の仲間たちが考えたアイデアはことごとく裏目に出てしまい、最後に家族のフリをして喜ばせようとするもこの前の迷惑をかけたことの仕返しとしてからかったと勘違いして家族の木を探しに真冬の吹雪の中へティガーが出て行ってしまう。仲間たちは心配してティガーを探しに行き、ティガーの手から吹き飛んだ「家族からの手紙」がルーのところへ…。後に森の仲間達こそが自分が捜し求めていた家族であることに気付き、仲間達と和解したティガーは家族のためにパーティとプレゼントを用意し、ティガーが大事に持っていたハート形のロケットは「大好きな弟」ルーに贈られ、そこには仲間全員の写真が入れられた。

キャスト[編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え
ティガー ジム・カミングス 玄田哲章
プー 八代駿
ルー ニキータ・ホプキンス 小倉裕大
ラビット ケン・サンソム 龍田直樹
ピグレット ジョン・フィードラー 小宮山清
イーヨー ピーター・カレン 石田太郎
オウル アンドレ・ストイカ 台詞:上田敏也
歌:福沢良一
カンガ キャス・スーシー 片岡富枝
クリストファー・ロビン トム・アッテンボロー 進藤一宏
ナレーター ジョン・ハート 青森伸
ハチ フランク・ウェルカー 原語版流用
カエル

音楽[編集]

  • 主題歌:Your Heart Will Lead You Home (ユア・ハート・ウィル・リード・ユー・ホーム)
ケニー・ロギンスシャーマン兄弟による作詞・作曲。「君の心が家へと導く」の意味。物語が終わってから歌われる。
  • 作品中で歌われる曲(6曲)
  1. ワンダフル・シング・アバウト・ティガー(The Wonderful Thing About Tiggers) ティガーのいつもの持ち歌。ここではラップ音楽調で歌われる。
  2. サムワン・ライク・ミー(Someone Like Me) ティガーが“ひとりぼっち”とさみしがる歌。
  3. ウープ・ディー・ドゥー・パー(Whoop-de-Dooper Bounce) ティガーとルーの2人で歌う。
  4. ララビー(Pooh's Lullabee) プーさんの子守歌。
  5. 俺の家族(Round My Family Tree) ティガーがはしゃぎながら歌う。本作品最大のスペクタクルとも言える。
  6. ハウ・トゥ・ビー・ア・ティガー(How to Be a Tigger) ルーの提案で、森の仲間たちがそれぞれ“ティガーのようになる”方法を考える歌。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:ジュン・ファルケンシュタイン
  • 製作:シェリル・アボット
  • 原案:エディ・ガゼリアン
  • 楽曲:リチャード・M・シャーマン&ロバート・B・シャーマン兄弟(『くまのプーさん 完全保存版』の3部作と同じ)
  • 音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
  • 美術監督:トビー・ブラス
(日本語訳詞:片桐和子&佐藤恵子、字幕吹替翻訳:佐藤恵子)

脚注[編集]

  1. ^ a b The Tigger Movie (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]