キャス・スーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kath Soucie
キャス・スーシー
プロフィール
本名 キャサリーン・エリナー・スーシー (Katherine Eleanor Soucie)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
生年月日 1967年2月20日(47歳)
血液型 A型
所属 AVOタレント
活動
活動時期 1979年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

キャス・スーシー(Kath Soucie、Katherine SoucieまたはKath E. Soucieとも、1967年2月20日 - )は、アメリカ合衆国の女性声優ケイス・スシーあるいはケイス・スーシーとも表記される

人物・特色[編集]

ニューヨーク市生まれ、カリフォルニア州カンブリア育ち。舞台女優としてニューヨークで活動した後、ロサンゼルスに移住する。 『ラグラッツ』ではフィルとリルのデヴィル姉弟を演じたが、『ダニー・ファントム』のマディー・フェントンや『くまのプーさん』のカンガ、『デクスターズラボ』のデクスターのママなどといった母親役も演じたことがあり、ラグラッツでもデヴィル兄弟の母親も演じた。『ガーゴイルズ』に出演していたため現在でもグレッグ・ワイズマンとは親交がありワイズマンの制作したアニメ作品には必ず出演している。

ガーゴイルズ』でキャサリン王女を演じた際には成人時代、老婆時代とあえて別の声優を使わず、それぞれ絶妙に演じ分けている(ただし、少女時代のみアンディ・マカフィーが演じている)。本作でもアンジェラやガブリエルやオフィーリアなどの30人以上いる、ガーゴイルの孤児達全員の母親役を演じている。キャサリン王女役に選ばれた理由はキャスの本名がキャサリーンだったから、という裏話がある。魔女三姉妹を演じた際には3役同時に演じており、少女、老婆とそれぞれ別の声優を使わずに演じている。キャサリン王女と魔女三姉妹とオフィーリアの絡みのシーンでは5役同時に演じた。その他、マギー・リードやエレナ王女なども演じている。本作で共演した同世代のブリジット・バーコサリー・リチャードソンとはかなり気が合ったという。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

特撮[編集]

実写映画[編集]

人形劇[編集]

吹き替え[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]