ダッカ日航機ハイジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダッカ日航機ハイジャック事件
Douglas DC-8-62, Japan Airlines (JAL) JP6862131.jpg
事故機のJA8033(旧塗装 1969年 ホノルル国際空港において撮影)
場所 バングラデシュの旗 バングラデシュ ダッカ
標的 日本航空ダグラスDC-8型機
日付 1977年9月28日
9月28日10月3日
攻撃手段 ハイジャック
攻撃人数 5人
負傷者 数名
犯人 日本赤軍
容疑者 丸岡修佐々木規夫坂東國男西川純和光晴生
動機 日本赤軍メンバーおよびシンパの釈放、身代金獲得
対処 身代金600万ドルの支払いおよび「超法規的措置」の施行による日本赤軍メンバーおよびシンパの釈放
謝罪 日本政府によるバングラデシュ政府への特使派遣

ダッカ日航機ハイジャック事件(ダッカにっこうきハイジャックじけん)は、1977年9月28日に、日本赤軍が起こしたハイジャック事件である。

概要[編集]

ハイジャック発生[編集]

1977年9月28日に、フランスパリシャルル・ド・ゴール国際空港パキスタンカラチ・ジンナー国際空港インドムンバイ空港タイバンコク・ドンムアン空港経由東京国際空港(羽田)行きの日本航空472便(ダグラスDC-8-62型、JA8033、高橋重男機長以下乗員14名、乗客142名うち犯人グループ5名)が、経由地のムンバイ空港を離陸直後、拳銃手榴弾等で武装した日本赤軍グループ5名によりハイジャックされた。

同機はカルカッタ方面に一旦向かった後、進路を変更してバングラデシュダッカ国際空港に強行着陸し、犯人グループは人質身代金としてアメリカドルで600万ドル(当時の為替レート〈1USドル≒約266円〉で約16億円)と、日本で服役および勾留中の9名(奥平純三城崎勉大道寺あや子浴田由紀子泉水博仁平映植垣康博知念功大村寿雄)の釈放と日本赤軍への参加を要求し、これが拒否された場合、または回答が無い場合は人質を順次殺害すると警告した。この時、犯人グループから、「アメリカ人の人質を先に殺害する」という条件が付けられ、この「条件」の影響を受けて、その後の日本政府の対応にアメリカへの外交的配慮があったとする見方もある。

その後、ハイジャック機は燃料消費を抑えるためにエンジンを停止し、直ちに機内のエアコンが停止したために機内の気温が45度以上に上昇し、機内では倒れる者が続出した。しかし、たまたま乗り合わせた日本航空の嘱託医師穂刈正臣が手当てを行なったほか、機長が空港関係者にエアコンを作動させるための補助動力車とを要求し、これが受け入れられたために事なきを得た[1]

超法規的措置[編集]

日本政府は10月1日福田赳夫内閣総理大臣(当時)が「一人の生命は地球より重い」と述べて、身代金600万ドルの支払いおよび、超法規的措置として獄中メンバーなどの引き渡しを決断。釈放要求された9人のうち、植垣は「日本に残って連合赤軍問題を考えなければならない」、知念は「一切の沖縄解放の闘いは沖縄を拠点に沖縄人自身が闘うべきものであり、日本赤軍とは政治的、思想的な一致点がない」、大村は「政治革命を目指す赤軍とはイデオロギーが異なる」と3人が釈放および日本赤軍への参加を拒否した。

日本政府は議論の過程で釈放要求リストに載っていた獄中者組合2人については「思想犯ではなく刑事犯」である理由から2人の釈放拒否の方針を持ってハイジャック犯と交渉した。しかし、ハイジャック犯は拒否し、日本政府が折れ2人も釈放対象となった。

日本政府は同日朝に、運輸政務次官石井一を派遣団長とし、日本航空の朝田静夫社長ら同社の役員や運輸省幹部を中心としたハイジャック対策の政府特使と、身代金と釈放に応じたメンバーなど6人を日本航空特別機(ダグラスDC-8-62型 JA8031)でダッカへ輸送した[2]

日本政府が過激派による獄中メンバーの釈放要求に応じたのは1975年クアラルンプール事件以来2回目となった。なお、検事総長神谷尚男法務大臣福田一は、この様な「超法規的措置」の施行に対して強硬に反発した。福田一は施行が決定された後に「引責辞任」した。

軍事クーデター[編集]

現在のダッカ国際空港

バングラデシュ軍部中枢を含む政府首脳がこの事件の対応に追われている隙間を縫って、10月2日の早朝に軍事クーデターが発生した[2]。その後戒厳令が発令され、市内および郊外における戦闘の末に最終的に反乱軍は鎮圧されたものの、ダッカ国際空港近辺でも戦闘があり政府軍の士官が11名が死亡するなど現地は緊迫したが、当時報道規制により詳細は分からなかった。

終結[編集]

10月2日に最初の人質との交換が行われ、翌10月3日に高橋機長とデッドヘッドで乗り合わせていた澤田隆介機長の機転で、更なる人質の解放に成功し[2]、ダッカでは乗客乗員118名が解放された。残りの人質を乗せたハイジャック機はダッカを発ち、シリアダマスカスで人質10名を解放、その後アルジェリアのダル・エル・ペイダ空港に着陸し、ここでハイジャック犯と釈放犯は同国当局に投降してその管理下に置かれ、最後の人質12名と乗員7名の全員が解放された[3]。日本赤軍がアルジェリアを選んだのはアルジェリアがハイジャック防止条約を結んでいなかったためである。

事件の影響[編集]

事件解決に多大な協力を受けた上に、11名の死者を出した軍事クーデターのきっかけを作ったことを受け、事件解決後に日本政府はバングラデシュに謝礼と謝罪の意味を含めて特派使節を送ることとなった。しかし、バングラデシュ政府は日本政府に対し何ら補償や見返り等を求めなかった。

また、この事件における日本の対応は、一部諸外国から「(日本から諸外国への電化製品や自動車などの輸出が急増していたことを受けて)日本はテロまで輸出するのか」などと非難を受けたといわれる。

同年、日本政府はGSG-9の成功例を参考に、ハイジャック事件に対処する特殊部隊警視庁大阪府警察に創設した。また、アメリカ合衆国もGSG-9の突入作戦を教訓として、陸軍デルタフォースを設立した。

日本の警察の特殊部隊は、創設当初、特科中隊もしくは零中隊などと呼ばれており、部隊の存在自体が長期間、非公開とされていたが、1995年に発生した全日空857便ハイジャック事件に出動し、犯人を逮捕、人質を救出したことで世間に知られるようになった。その後、これらの特殊部隊は部隊を増設し、装備を強化した上で、SAT(Special Assault Teamの略称)と呼ばれるようになった。

また、この事件をきっかけにして警察庁警備局公安第三課兼外事課「調査官室」を設置し、中東・欧州・東南アジアなどで日本赤軍の捜査を行うようになった。調査官室は現在の国際テロリズム対策課の起源になっている。

なおこの事件を報道するニュースをきっかけに、福岡県結核療養所に入院していた患者が「人質がどうなってしまうのか」で同室の患者と口論となり、ナイフで刺殺してしまったという事件も起こっている。

後日談[編集]

「モガディシオ事件」[編集]

ダッカ日航機ハイジャック事件から、1か月も経たない1977年10月13日、スペイン領マリョルカ島パルマ・デ・マリョルカフランクフルト行きのルフトハンザ・ドイツ航空181便(ボーイング737型機)が、西ドイツ赤軍(バーダー・マインホフ・グループ)の依頼を受けたPFLPのメンバーにハイジャックされ、ソマリアモガディシオに着陸させられた。

テロリストは西ドイツ政府に対して、身代金と政治犯釈放を要求したが、10月17日、ミュンヘンオリンピック事件をきっかけに創設された、西ドイツの特殊部隊「国境警備隊第9グループ(GSG-9)」が航空機に突入し、テロリストを制圧、人質全員を救出した。 なお機長1名がテロリストにより射殺され犠牲となったものの他の乗員乗客は無事だった。西ドイツ赤軍は、内容からしてダッカ日航機ハイジャック事件を参考にしたようだが、GSG-9により制圧される結果となった。

ハイジャック機その後[編集]

ハイジャックされたDC-8-62型機(JA8033)はその後日本国内へ戻され、ハイジャック犯人による爆弾の爆発実験により一部が破損した機内トイレの修繕や、機内清掃などが施された後に通常運航へと戻され、1984年まで日本航空で使用された後にメキシコアエロメヒコ航空へと売却され、1990年代前半まで運行された。

釈放要求されたメンバー・実行犯メンバーのその後[編集]

釈放された6人メンバーのうち、1986年泉水博1996年城崎勉1997年浴田由紀子がそれぞれ身柄拘束されている。また実行犯として丸岡修西川純逮捕され、無期懲役判決を受けている。和光晴生はこの事件では訴追されず、別事件で訴追され無期懲役判決を受けている。

現在も佐々木規夫坂東國男奥平純三大道寺あや子仁平映国際指名手配されている。

ハイジャック犯人グループ[編集]

釈放要求された9人[編集]

釈放要求された9人のメンバー
メンバー 所属 勾留(受刑) 釈放
要求
その後
奥平純三 日本赤軍 東京拘置所 ハーグ事件
クアラルンプール事件
同意 国外逃亡国際手配)中
城崎勉 赤軍派 府中刑務所
(懲役10年)
横浜銀行M作戦 同意 1996年9月、ネパールで拘束
アメリカで懲役30年
大道寺あや子 東アジア反日武装戦線 東京拘置所 連続企業爆破事件 同意 国外逃亡(国際手配)中
浴田由紀子 東アジア反日武装戦線 東京拘置所 連続企業爆破事件 同意 1995年3月にルーマニアで拘束
1995年3月日本に身柄送致
2004年8月、懲役20年確定
泉水博 獄中者組合 旭川刑務所
(無期懲役)
殺人事件 同意 1986年6月、フィリピンで拘束
日本に身柄送致
1995年3月、懲役2年追加確定
仁平映 獄中者組合 東京拘置所
(一審懲役10年)
殺人事件 同意 国外逃亡(国際手配)中
植垣康博 連合赤軍
(赤軍派)
東京拘置所 M作戦 拒否 1993年2月、懲役20年確定
1998年10月、出所
知念功 沖縄解放同盟 沖縄刑務所 ひめゆりの塔事件 拒否 不明
大村寿雄 京都刑務所 京都地方公安局爆破事件 拒否 不明

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「DC-8 Forever」P.112 日本航空刊 1987年
  2. ^ a b c 「DC-8 Forever」P.113 日本航空刊 1987年
  3. ^ ディビッド・ゲロー『航空テロ』、イカロス出版、1997年。172頁

関連項目[編集]