梅川昭美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

梅川昭美(うめかわ あきよし、1948年3月1日 - 1979年1月28日)は、日本の殺人犯。大竹市強盗殺人事件及び三菱銀行人質事件を起こした。

来歴[編集]

広島県大竹市小方向村で生まれる(当時父46歳、母42歳)。姉もいたが、梅川が生まれる前に夭折。8歳時に父親が病気で働けなくなり、さらに両親は離婚(のち復縁)し、極貧の中での幼少時代であった。広島工業大学附属工業高等学校(現在の広島工業大学高等学校)へ進学したが、1年で退学。梅川は窃盗など非行の常習犯で、15歳時(1963年12月)には、以前アルバイトした大竹市内の土建業者宅に強盗目的で侵入し、家人の妻(当時23歳)を殺害して現金や通帳などが入った金庫を奪った。逮捕され、山口の特別少年院へ送致収容される。供述において梅川は「他の奴らはぬくぬくと暮らし、なんで俺だけが貧乏して苦しまないかん」と述べたという。1979年1月26日三菱銀行人質事件を起こし、銀行員警察官を2人ずつ殺害した後、1月28日大阪府警察本部警備部第二機動隊零中隊に射殺された。享年30。

関連項目[編集]