LET'S ONDO AGAIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LET'S ONDO AGAIN
大滝詠一スタジオ・アルバム
リリース
録音 45 Studio, Fussa
ジャンル ロック
ポップス
歌謡曲
時間
レーベル NIAGARA/COLUMBIA
NIAGARA/Sony Music Records(再発)
プロデュース 大瀧詠一
大滝詠一 年表
DEBUT
1978年
LET'S ONDO AGAIN
1978年
A LONG VACATION
1981年
テンプレートを表示

LET'S ONDO AGAIN』(レッツ・オンド・アゲン)は、1978年11月25日に発売された大滝詠一アルバム。正確なアーティスト名義はNiagara Fallin' Starsとなっているが、一般的には大滝詠一のオリジナル・アルバムのひとつとして挙げられる。

概要[編集]

数ある大滝のアルバムの中でも、最もノベルティ・ソング色の濃い作品である。大滝自身の解説によると、前年の『NIAGARA CALENDAR'78』が全くの不発に終わり、レーベルとしても会社としても「もはやこれまで」という状況で、最後に作り上げた作品だという。このアルバムも発売当時は「初回プレスが1500枚で、数百枚しか売れなかった[1]」という。結果的に、第一期ナイアガラ・レーベルとして最後のアルバムとなった[2]

コミック・ソングやパロディ・ソング(替え歌)に加え、ヒット曲や洋楽ナンバーを音頭化した楽曲で構成されている。ゲストとして、ナイアガラ関連ではお馴染みの布谷文夫やオシャマンベ・キャッツに加え、漫才コンビの星セント・ルイスやプロデビュー前のシャネルズ(のちのラッツ&スター)なども参加している。

本作ではレコーディング・エンジニアを日本コロムビアの後藤博に任せ、笛吹銅次(大滝のエンジニアとしての変名)はミックスダウン作業のみ行った。これにより自身が楽曲制作に集中できた経験が、その後のCBS・ソニー時代に全て外部のエンジニアに任せる理由ともなったという[3]

なお、収録曲のうちピンク・レディーのヒット曲「渚のシンドバッド」の替え歌である「河原の石川五右衛門」については、ピンク・レディーの事務所側からの発表許可が下りず、オリジナル盤では収録が見送られている(歌詞のみライナーノーツに掲載)[4]

1987年にとして初CD化(スリムケース収納)された際は「SPECIAL」盤として発売されたため、オリジナル盤とは収録内容が大幅に異なったものとなっている。また、1996年の再発盤ではピーター・バラカンライナーノーツを寄稿しており、「日本の音楽で一番好きなアルバム」と語っている。

ナイアガラ30周年事業においてリマスター盤が発売されなかったことについて、大滝は2010年1月の「山下達郎のサンデー・ソングブック」の新春放談にて、そのことを指摘されるまで「忘れていた」と話していた。その後、2011年3月21日発売のボックス・セット『NIAGARA CD BOOK I』にてリマスター盤が収録された。

収録曲[編集]

  1. 峠の早駕籠/多羅尾伴内楽団
    童謡「お猿のかごや」(海沼實作曲)を、ビリー・ヴォーン楽団の「峠の幌馬車」の譜割りでカバーした曲。駕籠者の掛け声はベースの六川正彦光永巌
  2. 337秒間世界一周/多羅尾伴内楽団
    オリジナルの演奏時間が5分37秒(337秒)であることにちなむタイトル。ライナーノーツに「演奏:駒沢裕城と世界一周パック団」と記されているように駒沢裕城のペダル・スティール・ギターをフューチャーして、世界各地の音楽の典型的なメロディー、イントロを繋ぎ合わせた曲。
    2014年に公開された映画「わたしのハワイの歩きかた」挿入歌として使用されている。
  3. 空飛ぶカナヅチ君宿霧十軒
    • 作詞・作曲:大瀧詠一/編曲:多羅尾伴内
    1977年発売のアルバム『NIAGARA CALENDAR'78』に収録されている楽曲「泳げカナヅチ君」の続編(「宇宙辺」)。
  4. 烏賊酢是!此乃鯉イーチ大滝
    歌詞はすべてエルヴィス・プレスリーの曲名を繋ぎ合せて構成されている。元々大瀧のファースト・アルバムに収録されていた『いかすぜ!この恋』をリメイクしたもの。このバージョンを同じエルヴィスファンの西田敏行がカバーしている。
  5. アン・アン小唄/山形かゑる子(伊集加代の別名)
    • 作詞:伊藤アキラ/作曲:大瀧詠一/編曲:矢野 誠
    演歌調のナンバーで、後に山田邦子玉川カルテットがカバーしている。元々は演歌歌手の小高恵子に提供する予定で用意された曲であったが、彼女の突然の引退により未発表となっていた。アルバムに収録の際、原作詞者の伊藤アキラが再度詞の手直しをして、編曲もオリジナルと同じ矢野誠に依頼した。コーラスはブレッスン・フォーオシャマンベ・キャッツ
    塚越孝も塚たんくろう名義で別歌詞バージョン(伊藤アキラが担当)の「アンアンTEACHER」をリリースしている。
  6. ピンク・レディー/モンスター(ラッツ&スターの別名)
    • 作詞・作曲・編曲:多羅尾伴内/Strings & Horn Arr. 井上 鑑
    ピンク・レディーのトリビュートソング。アーティスト名の「モンスター」もピンク・レディーのシングル曲タイトルであるが、ライナーノーツに「正式には「後藤博とモンスター」といい」と記されているように、日本コロムビアでナイアガラ・カタログのエンジニアを担当していた後藤博が、デビュー前のシャネルズ(後のラッツ&スター)と共にボーカルに参加している。
    クリス松村が「開運!なんでも鑑定団」に出演した際、アルバム発売当時にプロモーション用に制作された非売品のアナログ盤を持参した。
  7. 河原の石川五右衛門/オシャマンベ・キャッツ(シンガーズ・スリーの別名)
    • 作詞:阿久悠/替え歌:大瀧詠一/作曲:都倉俊一/編曲:多羅尾伴内
    ピンク・レディーのヒット曲「渚のシンドバッド」の替え歌であるが、途中「S・O・S」「ウォンテッド (指名手配)」「カルメン'77」の一部も引用されている。オリジナル盤には未収録で、歌詞のみがライナーノーツに掲載されていた(曲名の表記は「河原のIxicavagoyemon」)。
    2009年渡り廊下走り隊が「簪(かんざし)」名義で、阿久悠のトリビュート・アルバム『Bad Friends』でカバーしている。
  8. ハンド・クラッピング音頭イーハトブ田五三九
    • 作詞・作曲・編曲:大瀧詠一/Horn Arr. 矢野 誠
    1975年発売のアルバム『NIAGARA MOON』に収録されている楽曲「ハンド・クラッピング・ルンバ」を音頭調にアレンジしたもので、歌詞も変更されている。ゲストとして星セント・ルイスが参加している。エンディングで「もしもし亀よ」と力唱しているのは布谷文夫、それに続き「ハーイ、コンニチハ」と叫んでいるのは「ハワイ出身のDJ、ブノキア・チブメカ」としてラジオ番組ゴー・ゴー・ナイアガラにも何度か出演していた亀渕昭信(当時ニッポン放送編成部長)である。
  9. 禁煙音頭/竜ヶ崎宇童(鈴木雅之の別名)
    • 作詞:新井武士/替え歌:大瀧詠一/作曲:宇崎竜童/編曲:多羅尾伴内
    ダウン・タウン・ブギウギ・バンドのヒット曲「スモーキン・ブギ」を音頭調にアレンジし、さらに替え歌にしたもの。シャネルズとしてデビュー前の鈴木雅之と佐藤善雄が参加。このほか、BUZZ山下達郎宿霧十軒がコーラスで参加しており、山下達郎は間奏でも「煙が目にしみる」を咳き込みながら歌っている。
  10. 呆阿津怒哀声音頭/蘭越ジミー(布谷文夫の別名) ※「津」は小さいフォントが充てられている。
    • 作詞・作曲:礼茶亜留守/編曲:多羅尾伴内
    レイ・チャールズのヒット曲「What'd I Say」を音頭調にカバーした曲。コーラスにはオシャマンベ・キャッツが参加しているほか、ガヤガヤのシーンでは星セント・ルイスが「ハンド・クラッピング音頭」に続き特別参加している。歌詞は元歌が日本語のように聞こえる一部分を除き、すべて表音による当て字の漢字(日常は使用することのない漢字も意図的に多く含まれている)になっている。
  11. Let's Ondo Again/アミーゴ布谷(布谷文夫の別名)
    • 作詞・作曲:D. Appell,K. Mann/訳詞:大瀧詠一/編曲:多羅尾伴内
    チャビー・チェッカーのヒット曲「Let's Twist Again」を音頭調にカバーして、各コーラスの最後に「ナイアガラ音頭」の英訳(直訳。英文としては不正確。)をつなげた楽曲。コーラスはブレッスン・フォー新津幸子社中1992年細川たかしがカバーしている。

収録曲 (Let's Ondo Again SPECIAL)[編集]

収録曲はオリジナル盤とは大幅に変更され、オリジナル盤に収録されている「337秒間世界一周」、「空飛ぶカナヅチ君」、「ハンド・クラッピン音頭」は収録されておらず、新たに7曲が収録された。収録曲は全てリミックスされており、このうち「峠の早駕籠」、「禁煙音頭」、「河原の石川五右衛門」、「Let's Ondo Again」は、1986年にCD発売された『ナイアガラ・フォール・スターズ(2nd issue)』に収録されているバージョンと同じである。「ナイアガラ音頭」は、1981年に発売されたLP版『ナイアガラ・フォール・スターズ』に収録されていた、シングル・バージョンをベースにしたリミックス・バージョンで、CD版に収録されているバージョン(CD化の際、大野邦彦が再リミックス)とは全く違う。「Let's Ondo Again」はエンディング終了後に、「クリスマス音頭」のエンディング部分をつなげている。

  1. 峠の早駕籠/多羅尾伴内楽団
  2. ナイアガラ音頭/布谷文夫
  3. 禁煙音頭/竜ヶ崎宇童
  4. アンアン小唄/山田邦子
    山田邦子によるカバー・バージョン。
  5. うなづきマーチ/うなづきトリオ
  6. スリラー音頭~ビート・イット音頭/片岡鶴太郎
  7. いかすぜ!この恋/西田敏行
    西田敏行によるカバー・バージョン。
  8. 風が吹いたら恋もうけ/中原理恵
  9. ピンク・レディー讃歌/モンスター
  10. 河原の石川五右衛門/オシャマンベ・キャッツ
  11. ビックリハウス音頭/デーボ
  12. What'd I Say音頭/布谷文夫
  13. イエロー・サブマリン音頭/金沢明子
  14. Let's Ondo Again~クリスマス音頭/布谷文夫&横田基地GUY

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『大瀧詠一Writing & Talking』白夜書房、2015年、183頁。ISBN 978-4-86494-048-1
  2. ^ 大滝自身による認識として、このアルバムは第一期ナイアガラ・レーベルの最後と位置付けられているが、実際にはナイアガラレコードの発売元であった日本コロンビアが、独断でナイアガラ在籍時代の山下達郎のコンピレーション・アルバム『TATSURO YAMASHITA FROM NIAGARA』をナイアガラのカタログとして1980年7月に発売しているため、表面上はこちらのアルバムが第一期ナイアガラ・レーベル最後のアルバムとなっている。
  3. ^ 1996年再発売盤での大滝自身の解説
  4. ^ 大滝は後に、オリジナルの作詞者である阿久悠と「熱き心に」の作詞でいっしょになった時、その件について聞こうと思ったがやめたという。後のアルバム『NIAGARA FALL STARS』(1981年4月発売)で初収録された。また、本作が1984年にLPボックスセット『NIAGARA BLACK VOX』で復刻された際、および1996年にオリジナル・アルバムの形態での初CD化として再発された際には、当初の構想の位置に収録されている。