JXエンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JXエンジニアリング株式会社
JX Engineering Corporation
種類 株式会社
略称 JXエンジ[1]
本社所在地 日本の旗 日本
231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1番地8
日石横浜ビル
設立 1967年(昭和42年)12月1日
(日鉱エンジニアリング株式会社)
業種 建設業
法人番号 6020001095271
事業内容 土木工事業とび・土工工事業
管工事業鉄筋工事業塗装工事
機械器具設置工事業造園工事業
建築工事業屋根工事業
タイル・れんが・ブロック工事業
ほ装工事業防水工事業
熱絶縁工事業、水道施設工事業、
大工工事業電気工事業
鋼構造物工事業浚渫工事業
内装仕上工事業、電気通信工事業、
消防施設工事業
代表者 代表取締役社長 倉田一郎
資本金 3億円(2017年3月1日現在)
従業員数 736名(2017年4月1日現在)
主要株主 JXTGホールディングス 70%、
NIPPO 30%
主要子会社 茨城日鉱建設
京浜化工
鹿島エンジニアリング
PPCプラント佐賀関
外部リンク http://www.eng.jx-group.co.jp/
テンプレートを表示

JXエンジニアリング株式会社(ジェイエックスエンジニアリング)は、かつて存在した神奈川県横浜市中区に本社を置くJXTGグループプラントエンジニアリング企業である。

概要[編集]

石油精製石油化学プラント、タンク非鉄金属、新エネルギーを事業分野とし、各種建設工事・保全工事の設計、施工、施工監理および受託業務等を行っている。

1967年(昭和42年)創業。日本石油三菱石油日本鉱業および鹿島石油の工務部門や、甲陽建設工業JOMOエンタープライズの各社を前身とする。

事業内容[編集]

石油・石油化学

JXTGエネルギーとそのグループ会社、およびグループ外の製油所・製造所でのエンジニアリング業務

  • プラント新設・改造工事
  • 熱交換器診断技術
  • 石油タンク用断熱材
  • CAE
  • 触媒交換技術
タンク

総合タンクメーカーとしてのエネルギーや資源の貯蔵システムの設計・建設・補修

  • タンク新設・更新
  • タンク補修・メンテナンス
  • タンク研究開発
  • タンク診断技術
非鉄金属

JX金属など金属メーカーのプラント・設備・機器の新設、補修およびメンテナンス

  • 非鉄金属プラント・設備の製造・納入
  • 環境関連プラント・設備の製造・納入
  • 縦型銅めっき装置
  • PCB含有機器洗浄装置
新エネルギー
  • 太陽光発電システム
  • 電気式床暖房
  • 油吸着材

沿革[編集]

旧日陽エンジニアリング株式会社[編集]

  • 1967年(昭和42年) - 日本鉱業の工務部門の一部が分社し、日鉱エンジニアリングが発足。
  • 2001年(平成13年) - 甲陽建設工業、JOMOエンタープライズのエンジニアリング部門と統合し日陽エンジニアリングが発足。
  • 2003年(平成15年) - 鹿島石油のエンジニアリング子会社である鹿島エンジニアリングを合併。これに伴い鹿島エンジニアリングの触媒交換事業は鹿島テック株式会社へと分割移管され、鹿島テックは鹿島エンジニアリングに社名変更。
  • 2010年(平成22年) - 新日鉱ホールディングスの完全子会社となる。

株式会社NIPPO エネルギー事業本部[編集]

JXエンジニアリング株式会社[編集]

事業所[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]