造園工事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

造園工事(ぞうえんこうじ)とは、造園工事業者が行う整地樹木植栽景石のすえ付け等により庭園公園緑地等の苑地築造ならびに維持管理するための専門の建設工事道路建築物法面壁面屋上等を緑化し、又は植生復元する工事も含む。

工事の種類[編集]

植栽をはじめとする生物系技術と工学系技術の工事現場での接点調整、植物をはじめとする自然材料を 用いた現場施工や手仕事による伝統的造園技能の活用も図られる。

おもな工事種類はつぎのとおり

  • 土工事- 造成#造園修景 (Landscaping) など参照。
  • 植栽工事 - 土工事を伴う植栽と植栽基盤整備(土壌改良等)植生復元工事・緑地育成工事。樹木、芝生、草花などの植物を育成する建設工事の場合、支柱の設置など伴って行う工事も該当
  • 景石工事[1]
  • 地被工事 - 地被植物の植栽(例として芝生の張付け)や舗装(主にはペーブメントデザイン
  • 地ごしらえ工事
  • 客土目土などの養生工事
  • 公園工事/公園設備工事 - 花壇、噴水その他の修景施設、休憩所その他の休養施設、遊戯施設、便益施設等の建設工事が含まれている
    • 広場工事・園路工事 - 修景広場、芝生広場、運動広場その他の広場を築造する工事であり、園路工事は、公園内の遊歩道、緑道等を建設する工事とされている
  • 水景工事
  • 緑化工事 - 緑化工学に基づき、公共空間の緑化・道路などの築造物法面緑化・崩壊山地復旧緑化(ヘリコプターによる航空緑化)壁面緑化屋上緑化、敷地境界壁面の生垣化など
  • 造園施設工事 - 築造等にともなう擁壁類や庭門その他各種造園施設の施工や維持修繕工事

樹の枝払いなどは建設業に該当しない。剪定や冬囲いは工事ではない。このため、経営事項審査の工事経歴書には記載できない。

造園工事に関する書籍には、造園工事総合示方書 技術解説編(日本造園学会/編著 経済調査会 ISBN 978-4-86374-173-7)がある。

脚注[編集]

  1. ^ 日本庭園の自然モチーフと表現/水の意味と形態 (PDF) 尼崎博正 日本庭園・歴史遺産研究センター 研究報告 庭仕事の庭石テクニック:庭石の種類と選び方、石組・石積・飛石・敷石の基本がよくわかる 著者: 高崎康隆 誠文堂新光社 庭石と地質 (PDF) 庭園文化研究分科会 片山 直樹 - 島根県技術士会