川崎天然ガス発電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川崎天然ガス発電株式会社
Kawasaki natural gas power plant.jpg
川崎天然ガス発電所
種類 株式会社
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区扇町12-1
設立 2001年(平成13年)11月30日
事業内容 発電および電力の供給事業、電力の売買事業、蒸気・温水・その他エネルギーの供給事業
代表者 加藤孝平(代表取締役社長
資本金 37億5,000万円(平成20年1月現在)
主要株主 JX日鉱日石エネルギー株式会社 51%
株式会社ニジオ(東京瓦斯株式会社) 49%
テンプレートを表示

川崎天然ガス発電株式会社(かわさきてんねんガスはつでん)は、天然ガス火力発電所を企画・運営する企業である。

日本では1995年以降、電力事業に関する規制緩和(電力自由化)が進められていたなか、2001年11月に日石三菱(現:JX日鉱日石エネルギー)とニジオ(東京ガスの連結子会社)の共同出資で設立された。

おもな供給先、電力については特定規模電気事業者(PPS)となっているが、排熱などについては課題が残る。

発電所[編集]

火力発電所
発電所名称:川崎天然ガス発電所
所在地:神奈川県川崎市川崎区扇町12-1

概要[編集]

2008年4月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。

LNGを用いた高効率コンバインドサイクル発電設備により熱効率57.65%(低位発熱量基準)を達成する省エネルギーな火力発電所となっている。

建設工事は三菱重工業が施工し、ガスタービン蒸気タービン、排熱回収ボイラ、プラント設備を建設、三菱電機が発電機及び電気品を設置し、三菱重工業が発電設備の保守を受け持っている。

発電設備[編集]

  • 総出力:84.74万kW[1]
1号機
発電方式:1,400℃級コンバインドサイクル発電方式
定格出力:42.37万kW(ガスタービン × 1軸、蒸気タービン × 1軸)
使用燃料:LNG
熱効率:57.65%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2008年4月1日
2号機
発電方式:1,400℃級コンバインドサイクル発電方式
定格出力:42.37万kW(ガスタービン × 1軸、蒸気タービン × 1軸)
使用燃料:LNG
熱効率:57.65%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2008年10月1日

事業所所在地[編集]

  • 本社 - 東京都港区西新橋1-3-12
  • 川崎事務所(川崎天然ガス発電所) - 神奈川県川崎市川崎区扇町12-1(JX日鉱日石エネルギー川崎事業所構内)

沿革[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度29分56.3秒 東経139度43分29.2秒 / 北緯35.498972度 東経139.724778度 / 35.498972; 139.724778