鳳凰単ソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中国茶 > 青茶 > 鳳凰単欉
本来の表記は「鳳凰単欉」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
鳳凰単欉
鳳凰単欉の茶葉

鳳凰単欉(ほうおうたんそう、中國語:鳳凰單叢(凤凰单丛))は、青茶に分類される中国茶である。

概要[編集]

中華人民共和国広東省潮州市鳳凰山で栽培される茶樹を原料にに加工される[1]

単欉とは、独立した1本の木という意。単独の1本の木から採取した葉だけで製茶し、それ以外の茶葉を一切混ぜない[2]。茶木ごとに製茶法が微妙に変えられており、その結果、同じ鳳凰単欉という名を冠した茶葉でも、茶葉を採取する木が違えば、味わいも香りも異なる茶となる。同じ鳳凰単欉の名を冠する茶葉だけでも80種類を超えるとされる[3]

香りがクチナシに例えられる黄枝香単欉(こうしこうたんそう)、キンモクセイに例えられる桂花香単欉(けいかこうたんそう)、ブドウ・モモのような果実香が特徴の”鳳凰単叢・蜜蘭香”なども鳳凰単欉の一種である[1]

なお、嶺頭単欉(れいとうたんそう、別名白葉単欉)は、鳳凰単欉とほぼ同じ製法の茶ではあるが、広東省饒平県で1961年から生産されるようになった新しい園芸品種である[4]

特徴[編集]

水色は、オレンジ色を伴う黄色。上質なワインや草花、果物のような甘い香りと、わずかに渋さを感じるものの果物にも似た感覚の甘みを伴う[1]

四季ごとに、茶葉を一芯二葉で収穫し製茶されるが、このうち、春先に収穫された茶場の評価が最も高い[3]

名称の表記について[編集]

製茶された茶葉は、その香りや味わいによって、例えられる花の名称などを付加している場合が多い。その表記の方法には二種類ある。『黄枝香単欉』のように『鳳凰』の部分を差し替えて表記する場合と、『鳳凰単欉黄枝香』のように、鳳凰単欉の後ろに付加する場合がある。

ただし、おなじ単欉という言葉が使われている茶葉であっても、鳳凰単欉とはまた違う種類の茶葉もある[5]

その他[編集]

日本では、『欉』の字が文字コードに含まれていないことから、『叢』の字を代わりに使用し、鳳凰單叢あるいは鳳凰単叢の名で販売されている場合がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中国茶辞典 123p
  2. ^ 茶木について。日本茶の茶所に見られるような低木を想像しがちではあるが、単欉系の茶葉を収穫する茶樹は、その高さは数メートルに達する。そのため、1本の木から収穫できる葉の量も多い。
  3. ^ a b 中国茶の楽しみ方BOOK 65p
  4. ^ 中国茶辞典 135p
  5. ^ 例えば、普洱茶の中にも、単欉の名を冠したものが出回ることがある。もちろん鳳凰単欉とは全く異なる茶である。

参考文献[編集]

  • 工藤佳治 (2007). 中国茶辞典. 勉誠出版. ISBN 9784585060574. 
  • 棚橋篁峰 (2003). 中国茶文化. 紫翠会出版. ISBN 9784916007872. 
  • 成美堂出版編集部 (2004). 茶葉の選び方、おいしい淹れ方が解る中国茶の楽しみ方BOOK. 成美堂出版. ISBN 9784415071336.