鳥取県消防防災航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥取県消防防災航空隊
都道府県 鳥取県
所属 鳥取県消防防災航空センター
規模 17名(運航委託会社含む)
保有機数 1機
設立年 1998年
基地 鳥取空港
出動状況 222回(平成23年)[1]
ウェブサイト 消防防災航空センター
テンプレートを表示

鳥取県消防防災航空隊(とっとりけんしょうぼうぼうさいこうくうたい)は、鳥取県消防防災ヘリコプターを運用している組織。消防防災航空センターの管理下にあり、運航委託会社の整備士及び操縦士と県内消防本部救助隊員によって、救助・消防活動や航空救急活動などを行なっている。活動範囲は鳥取県全域であるが、広域災害応援活動も行なっており、特に鳥取県及び中国地方の5県とは、防災ヘリコプターの相互応援協定が締結されている。使用機材はアグスタウェストランド社製のAW139の1機である。機体愛称は、一般公募により付けられた「だいせん」。旧機体は1998年より運航を開始したベル 412EP(JA31TT)で機体愛称は、一般公募により付けられた「とっとり」であったが、機体更新に伴い2015年度に引退した。

沿革[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]