千歳救難隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千歳救難隊
JASDF U-125A (4).jpg
千歳救難隊のU-125A
創設 1959年2月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 捜索救難
所在地 北海道千歳基地
編成地 北海道千歳基地
標語 他を生かすために
That others may live
上級単位 航空救難団
最終上級単位 航空総隊
テンプレートを表示

千歳救難隊(ちとせきゅうなんたい、英称:Chitose Air Rescue Squadron)は、航空自衛隊航空総隊航空救難団隷下の航空救難部隊。北海道千歳基地に所在し、捜索救難機にU-125A、救難ヘリコプターにUH-60Jを運用する。

概要[編集]

1959年(昭和34年)2月1日に航空自衛隊最初の救難分遣隊として千歳基地で編成され、1964年(昭和39年)12月1日に千歳救難隊へ改編された[1]

部隊マークは、北海道の地図をボイヤントスリングで吊り上げるデザインとなっている[2]

沿革[編集]

部隊編成[編集]

  • 隊本部
  • 総括班
  • 飛行班
  • 整備小隊

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 航空救難団ウェブサイト航空救難団の沿革2017年12月30日閲覧
  2. ^ イカロス出版 自衛隊の名機シリーズ5 航空自衛隊T-4/C-1/E-767 48頁 「航空教育集団&航空支援集団部隊パッチ大全 航空救難団」石原肇
  3. ^ a b イカロス出版 JWing No.16 1999年12月号 50頁-51頁 「捜索機U-125Aと救難機UH-60J 空自救難隊の最新鋭機たち」石原肇
  4. ^ 大日本絵画 ツバサノキオク 震災・災害に立ち向かう救難最後の砦自衛隊救難部隊の真実と実態 68頁-73頁 「episode 7 災害派遣任務中の事故」杉山潔

関連項目[編集]

外部リンク[編集]