栃木県消防防災航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栃木県消防防災航空隊
都道府県 栃木県
所属 栃木県県民生活部消防防災課
規模 19名
保有機数 1機
基地 栃木ヘリポート
出動状況 269回(平成27年度)
運航委託 本田航空
ウェブサイト 栃木県消防防災航空隊
テンプレートを表示

栃木県消防防災航空隊(とちぎけんしょうぼうぼうさいこうくうたい)は、栃木県消防防災航空隊

概要[編集]

  • 運行基地:栃木ヘリポート
  • 構成人員 : 19人(栃木県県民生活部消防防災課航空担当課長補佐1名、同副主幹1名、消防職員9名(隊長1名、副隊長2名、隊員6名)、本田航空より派遣職員8名(操縦士2名、整備士3名、運航管理2名、事務補助員1名))
  • 運行時間 : 8時30分~17時15分(緊急の場合には運航管理者が別に指示する)
  • 運行形態 : 本田航空(株)に委託
  • 主力装備
    • 機体: AW139「おおるり」(機体番号JA09TR)
      • 機体概要
      • 装備概要
    • 旧機体:ベル412EP「おおるり」(機体番号JA09TG)
      • 機体概要
      • 装備概要
        • サーチライト :光度/3,000万カンデラ
        • ホイスト装置 :制限荷重600/lbs(272kg)
        • カーゴフック :最大吊り上げ重量2041kg
        • 空中消火装置 :容量600ℓ

沿革[編集]

  • 1995年
    • 5月23日 「栃木県消防防災ヘリコプター導入委員会」設置(導入計画の検討)
    • 12月25日 導入予定機種として「ベル式412EP型」と決定
  • 1996年11月1日 「栃木県消防防災航空隊」発足、事務所を芳賀町栃木ヘリポート内に設置
  • 1997年
    • 1月1日 運航管理業務委託開始
    • 2月18日 ヘリコプター完成・納入
    • 3月28日 消防防災ヘリコプター「おおるり」就航式
    • 4月1日 航空消防防災業務開始
  • 2017年
    • 8月24日 現行「おおるり」就航式[1]
    • 9月1日 現行「おおるり」使用開始[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]