飛行教導群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飛行教導群
Tactical Fighter Training Group
創設 1981年(昭和56年)12月17日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 石川県 小松市
上級単位 航空総隊 → 航空戦術教導団
テンプレートを表示

飛行教導群(ひこうきょうどうぐん、英称:Tactical Fighter Training Group)とは航空自衛隊における仮想敵機部隊(いわゆるアグレッサー部隊)のことである。 要撃機パイロットの技量向上などを目的とし、航空自衛隊の戦闘機パイロットの中でも特に傑出した戦闘技量を持つパイロットが配属されている。主に各戦闘機部隊について巡回指導を行っている。

概要[編集]

飛行教導群のF-15DJ(2014年)

要撃機パイロットの技量向上などを目的として、1981年(昭和56年)12月17日築城基地にて編成された。当初の使用機種は冷戦時の東側諸国の代表的戦闘機であるMiG-21に比較的飛行特性が似ていて、シルエットも小さいT-2が選ばれた。築城基地が選ばれた理由として、当時同基地に所属する第6飛行隊には、同じ機体T-2やT-2がベースになっているF-1が配備されており、運用面の負担軽減が考慮されたと言われている。

その後、訓練空域に近く、天候も安定しているため、1983年(昭和58年)3月16日宮崎県新田原基地に移動する。 1980年代後半、飛行教導隊所属のT-2高等練習機が機動中に空中分解するなどの重大事故が頻発した。 錬度の高いパイロットが運用するとは言え、格闘戦能力に圧倒的に優れるF-15Jなどを相手にしての訓練は、本来T-2の想定外であったため安全対策上も考慮され、空幕は1989年以降使用機種をF-15DJ・F-15J戦闘機に更新する事を決定、1990年(平成2年)4月12日にF-15戦闘機に機種改編した。

T-2時代は、視認性を低く抑え、またソ連の戦闘機の塗装や機番の表記特徴を模した塗装になっていたが、F-15に変更してからは、一転して空中での識別を容易にする為、また仮想敵の役割(戦闘機か戦闘爆撃機)によって、様々な塗装を施している[1]

飛行教導隊に配属されるのは、操縦技量が高いことは最大の前提条件であるが、原則として希望して配属される部隊ではなく、教導隊の隊員が認めたパイロットのみ、一本釣りのような形で打診があると言われている。配属後は、飛行教導隊としての訓練を重ねる事になるが、操縦技量のさらなる向上だけでなく、格闘戦の組み立て方や、指導する相手側(一般部隊)へのコーチング能力の向上が重視され、非常に理路整然と両者の操縦を判断できる能力を要求されるため、配属間もないパイロットにとっては、非常に大きな壁を感じる事もあると言われている。

部隊マークのコブラは、「高い知能を持ち、一撃必殺の毒で敵を仕留め、背後の敵機の警戒も万全である」という意味がこめられている。

またパイロットが身に着けているフライトスーツのドクロのパッチは、「撃墜されたらこうなる運命」との戒めである。

なお、航空機整備は第6航空団・整備補給群に委託している。(新田原基地時代は第5航空団に委託していた。)

沿革[編集]

部隊編成[編集]

  • 群本部
  • 教導隊
    • 総括班
    • 飛行班
    • 要撃管制班
  • 整備隊
    • 総括班
    • 整備小隊

歴代運用機[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
航空戦術教導団
飛行教導群司令
1等空佐 吉田昭則 2015年12月01日 中部航空方面隊司令部防衛部長
歴代の飛行教導隊司令
(1等空佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 上岡陽 1981年12月17日 - 1983年07月31日 第8航空団勤務 航空救難団副司令
02 眞田泰穗 1983年08月01日 - 1985年03月15日 航空幕僚監部防衛部調査第2課
技術情報班長
統合幕僚会議事務局第1幕僚室勤務
03 増田直之 1985年03月16日 - 1988年03月15日 第5航空団飛行群司令 警戒航空隊司令
04 杉下誠治 1988年03月16日 - 1990年03月15日 第5航空団飛行群司令 北部航空方面隊司令部防衛部長
05 市来徹夫 1990年03月16日 - 1992年03月15日 第8航空団飛行群司令 中部航空方面隊司令部防衛部長
06 三輪泰彦 1992年03月16日 - 1994年07月31日 第7航空団飛行群司令 第83航空隊副司令
07 大久保淳 1994年08月01日 - 1996年07月31日 飛行教導隊勤務 航空総隊司令部防衛部運用課長
08 西井健樹 1996年08月01日 - 1997年11月30日 航空幕僚監部防衛部運用課
特別航空輸送隊運用室長
航空総隊司令部勤務
09 鈴木孝雄 1997年12月01日 - 1999年07月31日 北部航空方面隊司令部防衛部長 第2航空団副司令
10 入澤滋 1999年08月01日 - 2002年07月31日 第1航空団飛行群司令 西部航空方面隊司令部幕僚長
11 辻章嗣 2002年08月01日 - 2003年07月31日 航空自衛隊幹部学校勤務 北部航空方面隊司令部防衛部長
12 神内裕明 2003年08月01日 - 2006年12月05日 北部航空方面隊司令部防衛部
防衛課長
第13飛行教育団副司令
13 尾瀬佐一郎 2006年12月06日 - 2009年03月31日 統合幕僚監部運用部運用第2課
運用調整官
中部航空方面隊司令部防衛部長
14 岩本真一 2009年04月01日 - 2011年11月30日 第2航空団飛行群司令 航空総隊司令部監理監察官
15 廣島美朗 2011年12月01日 - 2013年11月30日 第5航空団飛行群司令 航空安全管理隊航空事故調査部長
芳賀和典 2013年12月01日 - 2014年07月31日 飛行教導隊勤務 航空戦術教導団飛行教導群司令
歴代の航空戦術教導団飛行教導群司令
(1等空佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 芳賀和典 2014年08月01日 - 2015年11月30日 飛行教導隊司令 航空自衛隊幹部学校主任教官
兼 航空自衛隊幹部学校勤務
02 吉田昭則 2015年12月01日 - 中部航空方面隊司令部防衛部長

脚注・出典[編集]

  1. ^ “コブラマークのF15は空中戦教習用 新田原基地で激写”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年9月15日). オリジナル2008年9月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080922165655/http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080915/trd0809151024005-n1.htm 
  2. ^ 防衛省組織令の一部を改正する政令(平成二十六年七月二十四日公布政令第二百六十三号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]