特別航空輸送隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特別航空輸送隊
Special Airlift Group
創設 1993年6月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 北海道千歳基地
編成地 北海道千歳基地
通称号/略称 特輸隊
上級単位 航空支援集団
テンプレートを表示

特別航空輸送隊(とくべつこうくうゆそうたい、英称:Special Airlift Group)とは、航空自衛隊航空支援集団隷下の、皇室及び政府の要人輸送等を行う日本国政府専用機の運用を行っている部隊である。司令部は北海道千歳市千歳基地。略称は「特輸隊」。

沿革[編集]

  • 1987年(昭和62年)5月28日 - 政府専用機の導入を決定
  • 1991年(平成03年)9月17日11月18日 - ボーイング社から747-400型機を受領(総理府の予算で購入されたため、民間機扱い)
  • 1992年(平成04年)4月10日 - 機体が総理府から防衛庁へと移管され民間機登録を抹消し、自衛隊機となる。千歳基地に臨時特別航空輸送隊を編成
  • 1993年(平成05年)6月1日 - 特別航空輸送隊として新編
  • 2003年(平成15年)
    • 3月31日 - イラク難民支援のため、テント160張をヨルダンへ空輸(初の国際協力業務)
    • 6月15日 - 部隊創隊10周年記念式典を実施[1]
  • 2013年(平成25年)6月8日 - 部隊創隊20周年記念式典を実施[2]
  • 2019年(平成31年)3月24日 - 政府専用機の機種交代式典が千歳基地の特別航空輸送隊格納庫で実施。B747-400型機は3月31日をもって退役し、4月1日からはB777-300ERが任務運航に就く[3]

使用航空機[編集]

一般に政府専用機と呼ばれるボーイング777-300ER型機を2機運用している。任務運航の際は常に2機(1機が任務機、もう1機が予備機)で運用される。

  • B777-300ER
  • 全長 73.90m
  • 航続距離14,000km

特別空中輸送員[編集]

任務運航の際、政府専用機には民間の旅客機と同じように客室業務を担当するキャビン・アテンダント(客室乗務員)として、「空中輸送員」と呼ばれる航空自衛官が十数名同乗する。なおこの空中輸送員は、正式には特別空中輸送員と呼ばれ、輸送機に搭乗する戦術空中輸送員(ロードマスター)とは、資格が区別されている。特別空中輸送員への道のりは、以下の通りである。

  1. 航空自衛官として勤務
  2. 所属長の推薦を受ける
  3. 試験(学科・航空身体検査・面接)に合格後、美保基地で1ヶ月間の教育を受講
  4. 客室乗務員として、民間航空会社で接遇や安全確保など研修(3ヶ月間)
  5. 特別航空輸送隊で1ヶ月間の教育
  6. 最終検定に合格後、配属

部隊編成[編集]

  • 隊本部
  • 第701飛行隊
    • 総括班
    • 第1飛行班(操縦幹部、航法幹部、運行管理者としての管制幹部、気象幹部、機上無線員)
    • 第2飛行班(空中輸送幹部、空中輸送員、隊員の約半数が女性の航空自衛官)
  • 整備隊
    • 整備本部
    • 整備小隊
    • 装備小隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
特別航空輸送隊司令 1等空佐 富﨑秀樹 2017年08月07日 航空幕僚監部運用支援・情報部
運用支援課輸送室長
副司令 1等空佐 内山均 2019年08月01日 第3輸送航空隊飛行群司令
第701飛行隊長 2等空佐 鈴木克洋 2019年04月18日 特別航空輸送隊勤務
歴代の特別航空輸送隊司令
(1等空佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 齋藤勇二 1992年04月10日 - 1993年12月01日 航空支援集団司令部監察官 退職(空将補昇任)
02 前田邦明 1993年12月01日 - 1996年07月31日 第2輸送航空隊司令 航空教育集団司令部教育部長
03 山本哲也 1996年08月01日 - 1998年07月31日 偵察航空隊司令 航空教育集団司令部教育部長
04 福山一行 1998年08月01日 - 2001年03月26日 航空自衛隊幹部学校主任教官 作戦情報隊司令
05 橋爪俊輔 2001年03月27日 - 2002年08月01日 第1高射群司令 退職(空将補昇任)
06 渡邊聖夫 2002年08月01日 - 2003年12月20日 北部航空方面隊司令部幕僚長 退職
07 福山建志 2003年12月20日 - 2006年04月01日 警戒航空隊司令 退職(空将補昇任)
08 辻章嗣 2006年04月01日 - 2008年04月01日 北部航空方面隊司令部防衛部長 退職(空将補昇任)
09 清藤勝則 2008年04月01日 - 2009年07月20日 第12飛行教育団司令
防府北基地司令
第1航空団司令
浜松基地司令
(空将補昇任)
10 浮須一郎 2009年07月21日 - 2011年04月14日 第11飛行教育団司令
静浜基地司令
航空支援集団司令部幕僚長
11 今瀬信之 2011年04月15日 - 2012年12月03日 統合幕僚監部運用部運用第1課長 航空教育集団司令部教育部長
12 細野英揮 2012年12月04日 - 2015年03月31日 航空幕僚監部人事教育部厚生課長 航空総隊司令部監理監察官
13 加藤木一浩 2015年04月01日 - 2017年08月06日 第13飛行教育団司令 航空支援集団司令部勤務
14 富﨑秀樹 2017年08月07日 - 航空幕僚監部運用支援・情報部
運用支援課輸送室長

特記事項[編集]

  • 要人の乗降の際にタラップ(舷梯)で搭乗扉(搭乗口)横にて起立している警衛隊員は、同乗している整備員(機上整備員)である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ イカロス出版 Jwing No.61 2003年9月号 95頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊NEWS」
  2. ^ イカロス出版 Jwing No.180 2013年8月号 91頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊・国内NEWS」
  3. ^ 政府専用機、千歳基地で交代式典 現行機は地球365周” (日本語). Aviation Wire. 2019年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]