教材整備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
教材整備隊
創設 1955年(昭和30年)9月20日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 教育用教材等の作成及び修理等
所在地 静岡県浜松基地
編成地 静岡県浜松基地
上級単位 航空教育集団
テンプレートを表示

教材整備隊(きょうざいせいびたい、Air Training Aids Group[1])は、浜松基地に所在する航空教育集団隷下部隊のひとつである。

概要[編集]

航空自衛隊の教範類をはじめ、部隊などにおける教育訓練に必要な各種教材類の製作、複製、修理等を任務とする。これらを任務とする部隊としては、全自衛隊において最大の規模と最高の能力を有する[2]。なお、要請に応じて陸上自衛隊海上自衛隊の教材製作も行っている[3]

沿革[編集]

  • 1955年(昭和30年)3月1日:「臨時教材整備隊」が浜松基地で編成。
    • 9月20日:臨時教材整備隊が教材整備隊に改編[4]
  • 1968年(昭和43年)10月1日:部隊長官職名が「隊長」から「隊司令」へ改称。
  • 1989年(平成元年)3月16日:航空教育集団新編に伴い、同集団隷下に編入。

部隊編成[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
教材整備隊司令 1等空佐 畠田卓 2019年04月18日 教材整備隊勤務
歴代の教材整備隊長
(特記ない限り1等空佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 升本清
2等空佐
1955年09月20日 - 1955年11月30日
02 鶴田定治
(2等空佐)
1955年12月01日 - 1956年07月09日
03 寺本一男
(2等空佐)
1956年07月10日 - 1957年03月10日
04 岡村正義
(2等空佐)
1957年03月11日 - 1958年02月28日
05 姫野清
(2等空佐)
1958年03月01日 - 1958年07月31日
06 井川一行
(2等空佐)
1958年08月01日 - 1959年01月21日
- 桝井道彦
3等空佐
1959年01月22日 - 1959年03月01日 教材整備隊長心得
07 山口正夫
(2等空佐)
1959年03月02日 - 1962年02月15日
08 壱岐春記 1962年02月16日 - 1964年07月15日 北部航空方面隊司令部人事部長 航空自衛隊補給統制処
→1965年4月1日 退職
09 吉沢正夫 1964年07月16日 - 1965年01月31日 航空自衛隊第1補給処副処長 航空自衛隊補給統制処付
→1965年3月1日 退職
10 姫野清 1965年02月01日 - 1965年11月30日 航空自衛隊第2補給処整備部長 航空自衛隊術科教育本部
→1966年1月1日 退職
11 済陽弘浩 1965年12月01日 - 1968年01月31日 航空自衛隊補給統制処資料部長 退職(空将補昇任)
- 城田賢一
(2等空佐)
1968年01月31日 - 1968年02月29日 教材整備隊長代理
平川正巳 1968年03月01日 - 1968年09月30日 航空自衛隊第5術科学校副校長 教材整備隊司令
歴代の教材整備隊司令
(1等空佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 平川正巳 1968年10月01日 - 1970年07月15日 教材整備隊長 航空自衛隊術科教育本部
→1970年11月16日 退職(空将補昇任)
02 柴田晃 1970年07月16日 - 1972年03月15日 航空自衛隊第1術科学校第2教育部長 航空自衛隊補給統制処
→1972年11月2日 退職
03 小口忠夫 1972年03月16日 - 1973年07月15日 航空自衛隊第1術科学校第1教育部長 航空自衛隊補給統制処付
→1973年10月15日 退職
04 小林秀江 1973年07月16日 - 1975年04月15日 飛行教育集団司令部装備部長 航空自衛隊補給統制処付
→1975年7月1日 退職
05 山崎辰哉 1975年04月16日 - 1977年02月15日 航空自衛隊第1術科学校第1教育部長 航空自衛隊第1術科学校勤務
06 渡邉剛 1977年02月16日 - 1978年04月16日 第83航空隊副司令 航空自衛隊術科教育本部付
→1978年7月31日 退職
07 田中政行 1978年04月17日 - 1979年03月15日 第5高射群司令 第5航空団勤務
08 橋本昭二 1979年03月16日 - 1980年03月16日 航空実験団電子実験隊長 航空自衛隊第4術科学校副校長
09 村田安之 1980年03月17日 - 1982年08月01日 第2航空教育隊副司令 航空自衛隊第5術科学校副校長
10 西原幸男 1982年08月02日 - 1985年03月15日 保安管制気象団司令部防衛部長 航空自衛隊幹部学校勤務
11 中島敏行 1985年03月16日 - 1986年03月30日 第2輸送航空隊司令 第11飛行教育団司令
12 栗原邦夫 1986年03月31日 - 1988年03月16日 航空教育隊副司令 退職(空将補昇任)
13 西畑公弘 1988年03月16日 - 1989年02月14日 航空自衛隊幹部学校主任研究開発官 退職(空将補昇任)
14 川野吉紹 1989年02月14日 - 1990年08月01日 防衛研究所所員 退職(空将補昇任)
15 松井芳弘 1990年08月01日 - 1992年04月01日 航空教育隊第2教育群司令 退職(空将補昇任)
16 江口則光 1992年04月01日 - 1993年08月01日 防衛研究所所員 退職(空将補昇任)
17 若江東美男 1993年08月01日 - 1994年07月31日 特別航空輸送隊副司令 航空自衛隊補給本部
→1996年9月16日 退職
18 保阪初男 1994年08月01日 - 1995年07月31日 航空保安管制群司令 航空自衛隊幹部学校勤務
19 齊藤有司 1995年08月01日 - 1996年04月09日 航空保安管制群司令
20 石井隆夫 1996年04月10日 - 1997年06月30日 航空教育集団司令部勤務 航空中央業務隊
21 赤木良正 1997年07月01日 - 1999年03月22日 航空総隊司令部装備部計画課長 航空自衛隊第1補給処東京支処長
22 水ノ江満 1999年03月23日 - 2001年12月01日 航空総隊司令部装備部計画課長 退職(空将補昇任)
23 島田徹 2001年12月01日 - 2004年07月31日 第4高射群司令 教材整備隊付
→2004年10月23日 退職
24 鈴木謙二 2004年08月01日 - 2005年12月04日 西部航空方面隊司令部装備部長 航空自衛隊第4補給処副処長
25 田中仁志 2005年12月05日 - 2007年08月01日 特別航空輸送隊副司令 退職(空将補昇任)
26 鈴木登志夫 2007年08月01日 - 2008年07月31日 防衛大学校訓練部学生課長 航空自衛隊幹部学校
技術主任研究開発官
27 梅津純 2008年08月01日 - 2010年08月30日 航空自衛隊第1補給処立川支処長
立川分屯基地司令
航空自衛隊幹部学校付
→2010年10月23日 退職
28 浅井俊幸 2010年08月31日 - 2012年03月31日 航空自衛隊第2補給処副処長 教材整備隊付
29 西河貢 2012年04月01日 - 2013年09月30日 航空幕僚監部会計監査室長 航空自衛隊幹部学校付
→2013年11月10日 退職
30 外枦保実 2013年10月01日 - 2015年01月14日 航空幕僚監部監理官 中部航空方面隊司令部幕僚長
31 田中実臣 2015年01月15日 - 2017年07月31日 航空幕僚監部人事教育部厚生課
給与室長
第1航空団
→2017年9月27日 退職
32 小村裕 2017年08月01日 - 2019年04月17日 第3航空団副司令 退職[5]
33 畠田卓 2019年04月18日 - 航空自衛隊第4補給処立川支処長
兼 立川分屯基地司令
→2019年3月26日 教材整備隊勤務

出典・脚注[編集]

  1. ^ 航空自衛隊パンフレット(英訳表記あり)(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c d e f g 『自衛隊年鑑(2016~2017年版)』 防衛日報社、2016年、204頁。
  3. ^ イカロス出版 JWing No.121 2008年9月号 「突撃レポート 暴け!部隊の舞台裏 第8回 航空自衛隊浜松基地教材整備隊」
  4. ^ 航空教育集団ウェブサイト”. 2017年9月6日閲覧。
  5. ^ 自衛隊法第65条の11第5項の規定に基づく自衛隊員の再就職状況の報告(平成31年1月1日~平成31年3月31日)

外部リンク[編集]

教材整備隊(航空教育集団ウェブサイト)