文音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長渕文音から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
あやね
文音
本名 長渕 文音(ながぶち あやね)
別名義 長渕 文音(旧芸名)
生年月日 (1988-03-17) 1988年3月17日(30歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 163 cm
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2008年 -
著名な家族 長渕剛(父)
志穂美悦子(母)
WA航RU(長渕航)(長弟)
長渕蓮(末弟)
公式サイト 文音 Official Web Site
主な作品
映画
三本木農業高校、馬術部
ばぁちゃんロード

文音(あやね、1988年3月17日 - )は、日本女優。本名および旧芸名、長渕 文音(ながぶち あやね)。

東京都世田谷区出身。明治学院大学国際学部、ニューヨークフィルムアカデミーacting for filmコース卒業。元プロダクション尾木所属。父はシンガーソングライター俳優長渕剛、母は女優の志穂美悦子。レーシングカードライバーの長渕蓮は弟。

来歴[編集]

4歳からクラシックバレエを習う一方、語学に興味を持ち中学、高校共に英語コースで学ぶ。高校は関東国際高校外国語英語コースに入学した。高校1年時にはスピーチコンテストで全国大会に出場した。2012年3月17日明治学院大学国際学部卒業。

2008年10月公開の映画『三本木農業高校、馬術部』(監督:佐々部清)の主役として女優デビューし、第33回報知映画賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2011年1月3日放送WOWOWドラマ「堤幸彦×佐野元春『コヨーテ、海へ』」ではデイジーを演じた[1]

2012年9月、ニューヨークへ約1年半で演劇留学した[2]。2013年、ニューヨークフィルムアカデミーacting for filmコース卒業。

2014年5月、帰国。同年9月、芸名を「文音」に改名し、TBSドラマ『SAKURA〜事件を聞く女〜』で日本での女優業を再開させた。

人物[編集]

長渕剛志穂美悦子夫妻の第一子・長女[3]。「文音」命名の由来は、父・剛が「あやちゃん」と呼びたかったから[4]。長渕剛の『NEVER CHANGE』は彼女の誕生を歌った曲である。小学生の時に、アルバム収録曲のコーラスに参加したこともある。

3人姉弟の長女である(下に弟が2人いる)。父・長渕剛について、融通が利かないほど厳格で頑固であるが、時に的確に褒めてくれたり諭してくれることに感謝をしており、また父親として尊敬しており、カッコイイのようでもあると慕っている。志穂美に対しては非常に愛情深く自分たちを育ててくれた、強くて優しい母親であると語っている[5][要出典]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

  • PU-PU-JUICE公演
  • 『結婚狂想曲』(2010年9月)
  • 『兵士日記 タドル」(2015年)
  • 『フェイクニュース』(2017年11月)

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ WOWOW スペシャルドラマ 堤 幸彦×佐野元春「コヨーテ、海へ」”. WOWOWオンライン. 2011年7月22日閲覧。
  2. ^ これからが。”. 長渕文音. 2014年1月14日閲覧。
  3. ^ 「三本木農業高校、馬術部」出演に際してこの事実は積極的には述べられていない。同映画の公式サイトや公式文書でも一切触れられておらず、佐々部清監督も「長渕という姓がヒントですが、ある有名なご夫妻の娘さんです」(9月10日・九段会館試写会挨拶にて)という紹介に留めている。
  4. ^ JACファンクラブ会報
  5. ^ 2008年10月1日放送、はなまるマーケットゲスト出演の際に発言[出典無効]
  6. ^ 高島礼子、女性納棺師役「もっと知られていい」 「おみおくり」披露試写” (2018年2月8日). 2018年2月9日閲覧。
  7. ^ “味方良介らキャスト4人がタキシード姿に「熱海殺人事件」メインビジュアル”. ステージナタリー. (2016年12月22日). http://natalie.mu/stage/news/214274 2016年12月22日閲覧。 
  8. ^ “西田大輔率いるディスグーニー、3作品一挙上演に谷口賢志ら”. ステージナタリー. (2017年5月7日). http://natalie.mu/stage/news/231546 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]