てんびん座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天秤座から転送)
移動先: 案内検索
てんびん座
Libra
Libra
属格 Librae
略符 Lib
発音 英語発音: [ˈliːbrə]、属格:/ˈlaɪbriː/
象徴 the Scale
概略位置:赤経 15
概略位置:赤緯 −15
正中 6月20日21時
広さ 538平方度 (29位
主要恒星数 4, 6
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
46
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 β星(2.62
最も近い星 HD 131977;(19.3光年)
メシエ天体 0
流星群 May Librids
隣接する星座 へび座(頭部)
おとめ座
うみへび座
ケンタウルス座(角で接する)
おおかみ座
さそり座
へびつかい座

てんびん座(天秤座、Libra)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

概要[編集]

西はおとめ座と、東はさそり座と接する。2等級より明るい星はなく、3つの3等星があり、これらが長方形を形作る。α星とβ星には、さそり座由来の名がついている。これはかつて、この星座がさそり座のはさみの部分であったことに起因する。

α星、β星はてんびん棒の部分で、γ星とσ星はてんびんの皿にあたる。

主な天体[編集]

恒星[編集]

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が付けられている。

  • α星:ズベン・エル・ゲヌビ[1] (Zubenelgenubi[2]) は、アラビア語で「南の爪」を意味する。この星は光学二重星で、空気が澄んでいれば肉眼で見わけられる。
  • β星:ズベン・エス・カマリ[1] (Zubeneschamali[2]) は、てんびん座で最も明るい恒星。アラビア語で「北の爪」を意味する。実際は青白色だが[3]、緑色に輝いて見える星として知られている[4][5]

その他、以下の恒星が知られている。

由来と歴史[編集]

元々はさそり座のはさみの部分であったと考えられている[1][6]。てんびん座として独立したのは紀元前1世紀頃と考えられているが、いつ誰が独立させたのか定かではない[6]。古代ローマでは昼夜の長さを等しく計る天秤であると考えられていた[6][注釈 1]

神話[編集]

ギリシア神話では、正義と天文の女神アストライアーが手に持っている、正義を計る天秤だとされる[1]。隣にあるおとめ座がアストライアーをかたどったものとする説もある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「かつて秋分点があったことから」とされることがあるが、秋分点はてんびん座が独立したとされる時代から600年近く遡る紀元前730年頃に隣のおとめ座へ移動しているため、時期が全く合致しない。[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣2007年2月28日、新装改訂版第4刷、128-129頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  2. ^ a b IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2017年10月11日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for bet Lib -- Variable Star. 2013年1月14日閲覧。
  4. ^ Kaler, James B. (2006), “Zubeneschamali”, Stars (University of Illinois), http://stars.astro.illinois.edu/sow/zubenes.html 2006年7月3日閲覧。 
  5. ^ 『星百科大事典 改訂版』地人書館 R.バーナムJr.著。951P。ISBN 4-8052-0266-1
  6. ^ a b c d Ian Ridpath. “Star Tales - Libra”. 2017年10月11日閲覧。

座標: 星図 15h 00m 00s, −15° 00′ 00″