富田翔

半保護されたページ
移動保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冨田翔から転送)

とみた しょう
富田 翔
別名義 冨田 翔(旧芸名)
生年月日 (1982-01-07) 1982年1月7日(40歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 171 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 2002年 -
事務所 株式会社バッテリー
公式サイト 富田翔 オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
爆竜戦隊アバレンジャー
舞台
炎の蜃気楼 』シリーズ
『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜
『Collar×Malice』シリーズ
テンプレートを表示

富田 翔(とみた しょう、1982年1月7日 - )は、日本俳優東京都出身[1]。旧芸名、田 翔(読み同じ)。株式会社バッテリーに所属。

略歴

2002年、テレビドラマごくせん』レギュラーで俳優デビュー[2]

2003年、スーパー戦隊シリーズ爆竜戦隊アバレンジャー』に三条幸人 / アバレブルー役で出演。

2008年4月、プロダクション尾木を離籍。

2009年4月1日、芸名を冨田 翔から富田 翔に改名[3]。以降、舞台を中心に活動する。

2013年より、トキエンタテインメントへ所属。

2021年4月30日にトキエンタテインメントを退社し、同年9月15日に個人事務所となる株式会社バッテリーを設立。

人物

  • 特技は野球書道。祖父が書道家で[4]、自身は小学6年生で五段を所有した実力を持つ。そのため書道デザイナーとしての活動も行っている。
  • 大の読売巨人軍ファンで[5]、特に憧れの選手は桑田真澄。複数の草野球チームに所属しており、すべての所属チームで桑田と同じ背番号「18」を付けている[6]
  • 子供の頃に好きだった戦隊ヒーロー作品は『超新星フラッシュマン[2]
  • 『アバレンジャー』で共演した西興一朗は、富田について「明るい性格で前に出ていくタイプ」と評しており、ショーでは盛り上げ役であったと証言している[7]
  • 元事務所後輩である荒牧慶彦は「頭の回転もレスポンスも速いし、どんな相手にも合わせられるエンターテイナー。出会った俳優さんで最も尊敬している[8]」と語っており、同じく元事務所後輩の高崎翔太も「役者としても人間としても、翔さんに伸ばしてもらった」と語っている[9]
  • 2009年~2012年まで俳優集団ai-kataの一員としても活動していた。

エピソード

出演

テレビドラマ

その他テレビ番組

舞台

  • 『メモリーズ〜かつて過ごし日々を愛でるということ〜』(2007年1月24日-28日、シアターアプル) - 時任鉄馬 役
  • 朗読劇『苦情の手紙』(2007年8月24日、シアターサンモール) - 田所正 役
  • 東京探偵団 Produce『Park Park Show 人は見かけにヨロレイヒ〜』(2008年10月25日-26日、青山円形劇場) - トミー 役(主演
  • 演劇集団スプートニク第3回公演『ジェニファー』(2009年3月18日-22日、中野ザ・ポケット) - タテケン 役
  • ルドビコ★vol.4『Little Alice -少年アリスの時間割-』(2009年4月29日-5月5日、全労済ホール スペース・ゼロ) - ダイナ 役
  • 劇団たいしゅう小説家 第15回公演『SHURABA』(2009年7月18日-26日、東京芸術劇場小ホール2) - 荒木信也 役
  • 『愛のかたまり』(2009年10月31日-11月3日、MAKOTOシアター銀座
  • 『愛のかたまり -Valentine-』(2010年2月8日-14日、MAKOTOシアター銀座) - 主演
  • 『キマズゲ -愛の言葉-』(2010年4月29日-5月5日、東京芸術劇場小ホール2) - 訳瀬源吾 役
  • MONDO10BAN☆SHOW 舞Vol.2『もうひとつのハムレット〜イキツクサキノ花〜』(2010年5月22日-30日、MAKOTOシアター銀座) - ホレーシオ 役
  • 『More than this -愛のかたまり-』(2010年6月16日-20日、萬劇場) - アクセス 役(主演
  • 『愛のかたまり -summer-』(2010年7月14日-25日、萬劇場) - 服部聖悟 役(主演
  • レンドラ『セツナゲ -愛のかけら-』(piece I : 2010年10月9日-16日、piece II : 2010年10月17日-25日、MAKOTOシアター銀座) - 椎名恭司 役
  • 劇団K助 第14回公演『ゼロイチ』(2010年12月9日-12日、エコー劇場) - 川平達哉 役
  • 愛のかたまり公演『オリナカ』(2011年2月2日-14日、萬劇場) - 本川内 役(主演
  • 『GONDA'S STORY〜ぼたもちの調べ〜』(2011年4月16日-24日、MAKOTOシアター銀座) - 大熊光男 役
  • ai-kata公演『Nine Blood』(2011年5月14日-22日、あうるすぽっと) - 大塚 役
  • 劇団K助 第15回公演『ゴッドストーリー』(2011年6月21日-26日、エコー劇場) - シロフォンの神 役
  • ai-kata公演『エンドレス』(2011年7月22日-31日、萬劇場) - 死神 役
  • 『FRAG -新撰組Vermilion Order-』(【横浜公演】2011年8月26日-28日、相鉄本多劇場/【東京公演】2011年8月31日-9月4日、中目黒キンケロシアター) - 土方歳三
  • 『新鮮な新選組〜嘘か!誠か?〜』(2011年10月5日-10日、萬劇場) - 三井達吉 役
  • 『虹の降る場所 2012』(2012年1月6日-15日、シアター711) - 奥山政人 役 [1]
  • め組のよぎんち第2回公演『中田くんのお見合い』(2012年2月1日-5日、劇場MOMO) - 加賀修一 役
  • ai-kata公演『WHO IS SUNDAYMAN』(2012年2月9日-19日、萬劇場) - 超科学省マン 役(友情出演)
  • 『オカメひょっとこぶんぶく茶釜』(2012年3月28日-4月8日、シアター711) - 大田みつる 役 [2]
  • 『SANTA CLAUS CON-GAME』(2012年5月19日-27日、萬劇場) - ロイス 役
  • ai-kata公演『(株)Dream Show〜略してドリショー〜』(2012年8月3日-12日、萬劇場) - ハンサム 役
  • BLUECOVER ACTORS VOL.5『アイスクリームマン』(2012年9月25日-30日、TACCS1179) - 水野 役
  • オーストラ・マコンドー 4thオーストラ『好き好き大好き超愛してる。』(2012年11月7日-11日、TOKYO FM HALL) - 石原 役
  • 『不思議な町の王子様 第二章』(2013年2月20日-24日、シアターサンモール) - 相楽一聖 役 [3]
  • 劇団TEAM-ODAC第11回本公演『ぶっ壊したい世界』(2013年3月13日-20日、青山円形劇場) - 鮫島修 役 [4]
  • 『「Mores〜モリス〜」風営法届済店』(【東京公演】2013年4月3日-7日、シアターサンモール/【大阪公演】2013年4月11日-14日、ABCホール) - 鳥羽雄大 役
  • HYBRID PROJECT Vol.10『Re-』(2013年5月29日-6月2日、シアターサンモール) - 為春 役
  • 演劇集団Z-lion第二回公演『a Novel 文書くshow』(2013年6月18日-25日、上野ストアハウス) - 高倉健作 役(主演
  • 第14帝國『元帥と七人の侍』(2013年7月13日-14日、SPACE107) - 富田翔少将 役
  • 舞台『逆転裁判』舞台『逆転検事』シリーズ
  • 舞台『ラズベリーボーイ!!』シリーズ - 田島友朗 役
    • 『ラズベリーボーイ』(2013年10月9日-14日、シアターサンモール)
    • 『ラズベリーボーイ』(再演)(2014年2月28日-3月9日、俳優座劇場
    • 『ラズベリーボーイ2』(2014年10月8日-13日、俳優座劇場)
    • 『ラズベリーボーイ2』(再演)(2015年7月15日-20日、俳優座劇場
    • 『ラズベリーボーイ3』(2016年5月20日-29日、俳優座劇場
  • キタムラ印#4『白キ肌ノケモノ』(2014年2月19日-24日、中目黒キンケロシアター) - 白狐丸 役(主演
  • 舞台版 天誅』(2014年5月7日-11日、シアターサンモール) - 滝川来栖 役 [6]
  • 『刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ』(2014年7月16日-21日、俳優座劇場) - 相楽 役 [7]
  • 『舞台 炎の蜃気楼 』シリーズ - 加瀬賢三/上杉景虎 役(主演
  • 舞台『私のホストちゃん』シリーズ - 士郎 役
  • 『散れ桜よ、刻天ノ証ニ』(2015年4月3日-12日、あうるすぽっと) - 狐猿 役 [11]
  • 朗読劇『魔導師は平凡を望む』(2015年5月23日-24日、彩の国さいたま芸術劇場大ホール) - ルドルフ 役(マルチキャスト、5月24日13時公演のみ出演) [12]
  • 演劇集団Z-lion第五回公演『まっ透明なAsoべんきょ〜』(2015年6月24日-28日、中野ザ・ポケット) - ピータン 役 [13]
  • 『刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ』(2015年8月5日-9日、シアター1010) - 白狐丸 役 (主演[14]
  • 水木英昭プロデュース Vol.19 10周年記念公演第三弾『蘇州夜曲』(2015年11月20日-29日、紀伊國屋サザンシアター) - 氷村玲司 役(主演[15]
  • トライフルエンターテインメントプロデュース『魔王ロス症候群』(2015年12月23日-29日、シアターサンモール) - 勇者アーズ 役(主演[16]
  • のぶニャがの野望 幸村と五輪の剣』(2016年2月3日-7日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 伊達まシャムね 役 [17]
  • かくたすのいるところ 第2回公演『アンダードッグ』〜ロマン主義スケッチ集〜(2016年3月16日-20日、下北沢小劇場B1)
  • 方南ぐみ企画公演 朗読舞台『逢いたくて・・・』(2016年5月10日-15日、シアターサンモール)(マルチキャスト、5月15日13時公演のみ出演)
  • 本格文學朗読演劇 極上文學 第10弾『春琴抄』(【東京公演】2016年6月16日-19日、全労済ホール スペース・ゼロ/【大阪公演】2016年6月25日-26日、大阪ビジネスパーク円形ホール) - 利太郎 役
  • 『ハロー,イエスタデイ 再演』(2016年8月24日-31日、シアターサンモール) - 高田慎吾 役
  • さらば俺たち賞金稼ぎ団』(2017年2月16日-22日、シアター1010) - サファイアの蒼 役
  • 舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace』シリーズ - カガミ 役
  • 舞台『刀剣乱舞』
    • 義伝 暁の独眼竜(2017年6月1日-25日、天王洲 銀河劇場/6月29日-7月2日、京都劇場/7月13日-14日、福岡サンパレス ホテル&ホール) - 伊達政宗役
    • 悲伝 結の目の不如帰(2018年6月2日 - 6日、明治座/6月14日 - 7月1日、京都劇場/7月4日 - 6日、アルモニーサンク 北九州ソレイユホール/7月19日 - 22日、日本青年館ホール/7月25日 - 29日、天王洲 銀河劇場) - 黒甲冑(声) 役
  • ホチキス20周年記念公演『妻らない極道たち』(2018年1月25-2月4日、あうるすぽっと) - 榎本英雄 役
  • 朗読劇 冬の四重奏(カルテット)~4名の演出家によるオムニバス朗読劇~『深海のカンパネルラ』(2018年2月7日-11日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 先生役 
  • 『閉店拒否!~俺たちは帰らない~』(2018年3月14日-21日、シアターサンモール) - 剣持竜一 役
  • 演劇集団Z-Lion『まっ透明なAsoべんきょ~』(2018年5月23日-27日、俳優座劇場/6月2日-3日、ABCホール/6月6日-7日、熱田文化小劇場) - ピータン 役
  • オムイズムvol.1『ファミレス』(2018年9月20日-24日、ウッディシアター中目黒) - 真下 役
  • 体内活劇『はたらく細胞』』(2018年11月16日-25日、シアター1010) - 黄色ブドウ球菌 役
  • dopeAdope step.3『スーパーノバ』(2018年12月7日-9日、BASE THEATER) - 野庭小吉 役(日替わりゲスト)
  • フォトシネマ朗読劇『最果てリストランテ』(2019年1月-2月、浜離宮朝日ホール 小ホール)
  • 舞台『Collar×Malice』シリーズ - 柳愛時 役
  • 『お部屋のお話』(2019年5月29日-6月4日、シアターサンモール)- 舎人 役
  • 舞台『紅葉鬼』シリーズ
  • 『タクフェス第7弾「流れ星」』(【栃木公演】2019年10月17日、足利市民プラザ・文化ホール/【仙台公演】2019年10月26日、電力ホール/【札幌公演】11月3日-4日、道新ホール/【福岡公演】2019年11月9日、ももちパレス 大ホール/【東京公演】2019年11月13日-24日、サンシャイン劇場/【名古屋公演】2019年11月28日-12月1日、ウインクあいち/【大阪公演】12月4日-8日、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ) - 内藤ヨージ 役
  • 『舞台 カレイドスコープ-私を殺した人は無罪のまま-』(2020年2月20日-3月1日、新宿FACE)- 森田凌平 役
  • 舞台「それぞれの為」(2020年10月、CBGKシブゲキ!![11] - 桧山ノブ彦(10月21日、日替わりキャスト) 役
  • 舞台「知恵と希望と極悪キノコ」(2021年2月、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA[12] - 戦闘員A

撃弾ハンサム

  • 撃弾ハンサム始めました。(2014年12月28日、笹塚ファクトリー)
  • 撃弾ハンサム再炎(2015年1月29日-30日、笹塚ファクトリー)
  • 撃弾ハンサム続きました。「殺陣とスーツとドッペルゲンガー」〜これは、舞台ですか?いいえ、ハンサムです〜(2015年2月27日-3月1日、笹塚ファクトリー)
  • 撃弾ハンサムpresents「誰にも聞けないアソコのかゆみ事件簿2」〜あれ以降、すべての芝居が色あせた〜(2015年8月14日、16日、六行会ホール)
  • 撃弾ハンサム1周年&DVD発売記念イベント「ハンサムは突然に」〜これはハンサムですか?いいえ、ほぼトークショーです〜(2015年12月、新宿シアターモリエール)
  • 撃弾ハンサム「ハンサム誕生」〜こちらハンサム学園中等部〜(2016年5月、俳優座劇場
  • 撃弾ハンサム「最初で最後の晩餐会」〜これは、舞台ですか?いいえ、あくまでハンサムです〜(2017年1月、全労済ホール/スペース・ゼロ

映画

ビデオ・DVD

インターネット・配信

ドラマ

バラエティ

  • 週刊!NIPPONちびっこランド(2012年1月9日 - 、見参楽)コーナー出演

CM

  • 株式会社VAVEL「光触媒コーティングスプレー lumi coat(ルミコート)」(2020年9月 - )

CM

ミュージックビデオ

書籍

  • 翔SHOW〜冨田翔写真集〜(2004年4月、講談社

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ Ameba 富田翔のプロフィール
  2. ^ a b 東映ヒーローネットのインタビューより。
  3. ^ “重大発表”. 富田翔オフィシャルブログ「IR number 18」. (2009年4月1日). https://ameblo.jp/shotomita/entry-10234140991.html 
  4. ^ “大切な時間”. 富田翔オフィシャルブログ「IR number 18」. (2009年4月5日). https://ameblo.jp/shotomita/entry-10237233146.html 
  5. ^ “熱い戦いの先に”. 富田翔オフィシャルブログ「IR number 18」. (2010年10月18日). https://ameblo.jp/shotomita/entry-10680630466.html 
  6. ^ “baca”. 富田翔オフィシャルブログ「IR number 18」. (2008年12月21日). https://ameblo.jp/shotomita/entry-10181098914.html 
  7. ^ 「SPECIAL INTERVIEW VOL.03 西興一朗」 『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.3 爆竜戦隊アバレンジャー』〈講談社シリーズMOOK〉講談社、2017年3月25日、14-15頁。ISBN 978-4-06-509514-0 
  8. ^ 富田 翔×荒牧慶彦『炎の蜃気楼昭和編』シリーズ 濃厚ラブシーンができるまで”. ライブドアニュース (2016年10月4日). 2019年7月31日閲覧。
  9. ^ 「舞台「Collar×Malice-岡崎契編-」二人が共鳴する理由」 『ステージグランプリ Vol.6 2019 SPRING』〈主婦の友ヒットシリーズ〉主婦の友インフォス、2019年4月20日、37頁。ISBN 978-4-07-435130-5 
  10. ^ 東映ヒーローネットの三上真史のインタビューより[要文献特定詳細情報]
  11. ^ 舞台「それぞれの為」全公演終了!本作動画,12月25日からYouTubeにて全世界全編無料配信(予定)”. シアターテイメントNEWSJAPAN (2020年10月26日). 2021年3月14日閲覧。
  12. ^ [2/25開幕]主演・富田翔が戦闘員A役で引退作に爪痕残す!? 舞台「知恵と希望と極悪キノコ」ゲネプロショット&コメントをUP!共演に十碧れいや、佐藤弘樹、山沖勇輝ら”. スマートボーイズ (2021年2月24日). 2021年3月14日閲覧。
  13. ^ 白魔女学園 オワリトハジマリ
  14. ^ “『アバレンジャー』20周年で新作の製作決定 特報も解禁 凌駕「久しぶりにあばれますか」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年10月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2254928/full/ 2022年10月31日閲覧。 
  15. ^ 『SOPHIA PREMIUM DVD BOOK ヤングアダルト』 〈Loppi・エルパカBOOKS・HMV限定〉に収録。

外部リンク