将棋めし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
将棋めし
ジャンル 将棋漫画グルメ漫画
漫画
作者 松本渚
出版社 KADOKAWAメディアファクトリー
掲載誌 コミックフラッパー
レーベル MFコミックス フラッパーシリーズ
発表期間 2016年8月号 -
巻数 既刊2巻(2017年8月23日現在)
その他 監修:広瀬章人
テンプレート - ノート

将棋めし』(しょうぎめし)は、松本渚による日本漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ。棋譜監修は広瀬章人。『コミックフラッパー』(KADOKAWAメディアファクトリー)にて、2016年8月号より連載中。

プロの将棋棋士が、主に対局中の休憩時間に食べる食事にスポットを当てた将棋グルメ漫画。なお作中で、将棋会館での対局時に出前を注文する飲食店は、いずれも実在する店である[1]。2017年7月1日より、ダ・ヴィンチニュースでも短期集中連載された[2]

登場人物[編集]

主要人物の名前は焼酎のブランドが元ネタになっている[3]。また一部の登場人物は同作者の『盤上の詰みと罰』にも名前が登場しており、両作品が同一の世界を舞台としている(時系列としては『将棋めし』の方が後)[4]

原作に登場[編集]

峠なゆた(とうげ なゆた)
主人公。実父である峠はじめ八段門下。女流棋士ではなく、女性プロ棋士。登場時の段位は六段、順位戦はC級1組。宝山はじめ周囲からは「なゆたろう」と呼ばれている。
原作では第1話で玉座[注 1]を獲得してタイトルホルダーとなる。第11話で「C1の門番」[注 2]を倒してB級2組昇級を決める。
対局相手と食事の注文がかぶるのを嫌がったり、相手よりもランクが上のメニューを頼もうとしたりする[注 3]など、やや神経質な一面があるが、ドラマ第3話ではあえて相手と同じメニューで対抗したこともあった。ドラマ版では納豆が苦手という設定。
名前の由来は焼酎「峠」と「那由多の刻」[3]。なお特にモデルとなる棋士はいない[4]
宝山貴善(ほうざん たかよし)
なゆた、黒瀬と同期かつ同学年のプロ棋士。登場時の段位は七段、順位戦はC級1組。なゆたが玉座のタイトルを奪った相手でもある。
第11話でなゆた同様対局相手に勝利し、B級2組昇級を決めた。
左利き。振り飛車穴熊が得意(と言うよりそれしかやらない)。幼少の時に父親を事故で、プロ棋士になるのと同時期に病弱だった母親を亡くしている。
大食漢かつマイペースな性格で、タイトル戦の夕食でカツ丼天丼のダブル注文を敢行したり、パフェの後でハンバーグを食べたりしている。
名前の由来は焼酎「富乃宝山」[6]
黒瀬時彦(くろせ ときひこ)
なゆた、宝山と同期かつ同学年のプロ棋士。登場時の段位は七段、順位戦はB級1組。食事は外食派[注 4]
11話冒頭で峠はじめを破ってA級に昇級した。
名前の由来は焼酎「黒瀬」[6]
杜谷憲司(もりや けんじ)
峠はじめ八段門下。なゆたの兄弟子で、龍王[注 5](ドラマでは「竜棋[注 1]」)のタイトルを持つ。強面の風貌にちなみ、棋風は「鬼瓦流」と呼ばれる。
テレビの占いを見て縁起をかつぐなど繊細な一面もある。
峠はじめ(とうげ はじめ)
なゆたの父であり、なゆた、杜谷の師匠。段位は八段。順位戦はB級1組。妻(なゆたの母)とは別居中。ドラマ版では納豆好きという設定[注 6]
七窪奏珠(ななくぼ かなみ)
とある高校の将棋同好会に所属する女子高生。なゆたの対局をネット中継で見てからの新入り将棋ファン。
赤兎馬アンナ(せきとば アンナ)
女流二段。対局中継の聞き手として登場する。原作ではプロ棋士であるなゆたに対しコンプレックスを抱いていた。
名前の由来は焼酎「赤兎馬」[3]
壱岐ちとせ(いちき ちとせ)
なゆたの母であり、女流棋士。棋士としては旧姓のままで活動している。
ちとせ曰く「ポメラニアンみたいなおじさんとは一緒に暮らせない」と、はじめとはなゆたが3歳の時から別居している。
しかし、お互いの近況をなゆた経由で確認しようとするなど、夫婦仲が悪いわけではないらしい。
大河庵(たいが いおり)
段位は九段、順位戦はB級1組だがA級経験者。長年玉位[注 1]に就いていたが、白河名人に敗れ陥落。腕前は関西イチで、通称「虎徹」。
久米島獅郎(くめじま しろう)
A級棋士のひとりで棋帝[注 1]のタイトルを3期連続防衛中。小食で有名だったが、筋トレを始めてから周囲が驚くほど量を食べるようになった。
杜谷・大河・久米島の3人は奨励会からの仲で「豪腕三傑」と呼ばれ、棋界のトップとして活躍。

ドラマ版独自の人物[編集]

村尾清(むらお きよし)
日本将棋連盟会長。段位は九段。天丼が大好物で、いつも対局時に注文している。父親もプロ棋士で、公式戦で一度だけ父親と対局した際は「父親であることを意識しすぎて」敗北を喫したという。
小牧(こまき)
段位は七段。ドラマ第1話の冒頭でなゆたと対局する。
桜門孝介(さくらもん こうすけ)
段位は七段、順位戦はC級1組。「若手潰しの門番」と呼ばれている。ドラマ第3話でなゆたと対局する。
雲海宏伸(うんかい ひろのぶ)
段位は九段。赤兎馬アンナの師匠。棒銀戦法が得意。ドラマ第4話でなゆたと対局する。
柳下文美雄(やなぎした ふみお)
段位は八段、順位戦はC級2組(過去にA級在籍経験あり)。ドラマ第5話のなゆたの対局相手。
盤外戦術で相手を揺さぶるのが常套手段で、作中でも格下のなゆたを相手にわざと下座に座る、なゆたの背後から盤面を覗き込む(いわゆる「ひふみんアイ」)などの手を繰り出す。終いにはなゆたが注文したカツ丼を、間違えたふりをしてわざと食べてしまった[注 7]

書誌情報[編集]

ドラマ[編集]

2017年8月2日深夜よりフジテレビの深夜ドラマ(Wナイト枠)としてドラマ化された[7]。地上波での放送に先立ち、7月31日よりフジテレビオンデマンドで先行配信される[8]。全8話[9]。同年8月29日深夜より関西テレビで放送され[10]、10月よりテレビ愛媛東海テレビ仙台放送テレビ静岡でも放送される。ドラマ化は急遽企画されたもので、主演の内田理央は「撮影開始の4、5日前に依頼が来た」「夏休みだ~と思っていたら急にオファーをいただいた」と語っている[11]。ライダーシリーズの同期メンバーでメインキャラクターを演じている。

作中では、なゆたが頼んだメニューを提供する店や、実際にメニューを調理する様子なども紹介される。またロケ地として将棋会館鳩森八幡神社なども登場するが、対局場や棋士控室など屋内のシーンは実際とは異なる部屋が使われている。

ドラマ版は原作とは異なるオリジナルストーリーとなっている。最終話は宝山玉座に挑むシーンで終わり、漫画に繋がる形になっている[12]

第七食(話)では峠はじめの対局相手役で将棋監修の上村四段が、記録係役で八代弥六段がカメオ出演している[13]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送内容[編集]

各話 FOD配信日 放送日 サブタイトル メニュー
フジテレビ 関西テレビ
第1食 7月31日 8月2日 8月29日 逆転のカレー丼! カレー丼(ほそ島や)
第2食 8月7日 8月9日 9月5日 欲張りの特上ちらし! 特上ちらし寿司(千寿司)
第3食 8月14日 8月16日 9月12日 うな重に隠された秘策! うな重(竹)(ふじもと うなぎ店)
第4食 8月21日 8月23日 9月24日 ロコモコ丼にチャレンジ! ロコモコ丼(代官山 rinato KITCHEN)[注 8]
第5食 8月28日 9月6日 9月30日 たまご丼の逆襲! 玉子丼(ほそ島や)
第6食 9月4日 9月13日 10月3日 いつもと違う中華丼! 五目中華丼(紫金飯店 原宿店)[注 9]
第7食 9月11日 9月20日 10月5日 起死回生の冷やし中華! 冷やし中華(ほそ島や)
最終食 9月18日 9月27日 10月11日 納豆雑炊を乗り越えろ! 納豆雑炊(みろく庵)

放送日程[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送開始日 放送時間 備考
- フジテレビオンデマンド フジテレビ系列 2017年7月31日 月曜 12:00 2018年7月30日 23:59 配信終了予定
関東広域圏 フジテレビ 2017年 8月 2日 水曜 26:30 [※ 1]
関西広域圏 関西テレビ 2017年 8月29日 火曜 26:40 [※ 2]
愛媛県 テレビ愛媛 2017年10月 5日 木曜 26:00 [※ 3]
中京広域圏 東海テレビ 2017年10月 6日 金曜 27:00 [※ 4]
宮城県 仙台放送 2017年10月11日 水曜 24:25 [※ 5]
静岡県 テレビ静岡 2017年10月27日より放送開始 金曜 26:05
  1. ^ 8月30日は『柔道世界選手権2017』放送のため休止、第5食以降1週遅れ。第5食・第6食は26:40から、第7食は27:00から、最終食は26:00から放送。
  2. ^ 第2食・第3食は26:57から。第4食以降は不定期放送、第4食9/24(日)25:55から、第5食9/30(土)25:45から、第6食10/3(火)27:00から、第7食10/5(木)26:00から、最終食10月11日(水)27:05から放送。
  3. ^ 第2食は10月12日休止、10月19日に放送。
  4. ^ 第1食は27:12から、第2食は27:30から放送。第3食は『プロ野球クライマックスシリーズ ファイナルステージ』放送延長のため35分遅れ、27:35から放送。第4食は10月27日休止、11月3日に放送。
  5. ^ 第1食は24:35から放送。

ゲーム[編集]

トイズクリエイションが、本作品とタイアップしたスマートフォン向け育成ゲーム「棋士プロ~将棋めし編~」を配信している。2017年8月10日配信開始[16]

脚注[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 架空のタイトル。
  2. ^ ドラマ版の「若手潰しの門番」と同一かは不明
  3. ^ これは監修の広瀬の実体験に基づく。[5]
  4. ^ 実際は2016年12月14日より東京・大阪の将棋会館で行われる公式対局では、外出・外食は禁止されている。
  5. ^ 現実の竜王戦とは異なる。
  6. ^ ドラマ最終話でなゆたが納豆雑炊を頼んだ理由の一つに「父親の好物で自分が苦手な納豆雑炊をあえて選んで父親を超える」意図があった。
  7. ^ 原作8話、大河庵との対局を元にしている。
  8. ^ 実際の公式対局時に出前の注文が可能な店ではない。
  9. ^ 実際には対局相手の杜谷が注文したメニュー(なゆたの注文はチャーハン)。ただしなゆたも終局後に食べている。

出典[編集]

  1. ^ 藤井四段と佐々木五段は何を食べる? 『将棋めし』作者と行く棋士御用達のご飯屋さん。 - pixivision・2017年7月1日
  2. ^ 【連載】将棋めし#1「丼の魅力」”. ダ・ヴィンチニュース (2017年7月1日). 2017年7月23日閲覧。
  3. ^ a b c https://twitter.com/matsumon23/status/831041034381520900
  4. ^ a b 単なるグルメ漫画じゃない『将棋めし』 松本渚さんが「無理をしても描きたかった」と語る棋士の矜持とは - ハフィントンポスト・2017年8月31日
  5. ^ 冷やし中華にモチ追加…? 棋士のメシは想像以上のヤバいメニューだった - ハフィントンポスト・2017年8月31日
  6. ^ a b https://twitter.com/matsumon23/status/893877965041180674
  7. ^ 内田理央、女性棋士に成る!「将棋めし」で連ドラ初主演 - サンケイスポーツ・2017年7月23日
  8. ^ 【フジテレビ】内田理央が連続テレビドラマ初主演! “将棋界×グルメ”!ドラマ『将棋めし』放送開始 - PR TIMES・2017年7月23日
  9. ^ 将棋×グルメの漫画『将棋めし』ドラマ化 内田理央が棋士役で連ドラ初主演”. CINRA.NET (2017年7月23日). 2017年7月23日閲覧。
  10. ^ https://twitter.com/comic__flapper/status/900916346505928704
  11. ^ “弱音吐きマン”内田理央、大女優へ一歩一歩!目標は黒柳徹子 - サンケイスポーツ・2017年9月9日
  12. ^ https://twitter.com/matsumon23/status/913091943323725825
  13. ^ https://twitter.com/shogi_meshi/status/908925549795467265
  14. ^ https://twitter.com/kamimurawataru/status/890583375399886848
  15. ^ クレイジーケンバンド、内田理央主演ドラマ「将棋めし」に「流星ドライブ」&「地球が一回転する間に」の2曲を提供! - navicon・2017年7月28日
  16. ^ 将棋棋士育成ゲーム「棋士プロ~将棋めし編~」,本日配信がスタート - 4Gamer.net・2017年8月10日

外部リンク[編集]