文豪の食彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文豪の食彩』(ぶんごうのしょくさい)は、壬生篤原作、本庄敬作画による漫画作品。2014年にはBSジャパンで2度、ドラマ化された。

概要[編集]

日本の文豪たちの食事や訪れた店を切り口に、文豪たちの生活や作品を掘り下げる[1]

食漫』(日本文芸社)に連載され、連載時のタイトルは「文士のお取り寄せ」であった[1]。これは作中で記者が企画、執筆している記事と同タイトルである。単行本化にあたり「文豪の食彩」に改められている[1]

BSジャパンのドラマ化第2弾放送にあたって、『週刊漫画ゴラク』12月19日号(日本文芸社、12月5日発売)に新エピソードが掲載された[2]

登場人物[編集]

川中
毎朝新聞深川支局に本社から異動してきた新聞記者。
黒田
毎朝新聞深川支局のデスク。川中の先輩であり上司。食には目がなく、半ば苦し紛れに出してきた川中の企画「文士のお取り寄せ」にGoサインを出す。時には川中と連れだって文豪ゆかりの食事処へ行き、記事のネタを提供することもある。
採り上げられた文豪

あらすじ[編集]

書籍情報[編集]

ニチブンコミックス(日本文芸社)から全1巻

  1. 2013年5月発売 ISBN 978-4-537-13034-8
    カラー記事「六人の文豪ゆかりの食を訪ねて」、壬生篤による書き下ろしコラム計30ページも収録されている。
  • 『文豪の食彩ビジュアルBOOK』 壬生篤 (編纂)、本庄敬(イラスト)、2014年3月、にちぶんMOOK(日本文芸社)、ISBN 978-4537122732
    テレビドラマ化にあたり、漫画に登場する文豪たちと食との関わりとを紹介したムック

ドラマ版[編集]

BSジャパンにて2014年3月30日21時から放映された[1]。平成26年度第69回文化庁芸術祭参加作品[3]

芥川龍之介谷崎潤一郎を採り上げた第2弾が同年12月6日21時から放映されている[2]

配役
スタッフ
各話
  • プロローグ
  1. 太宰治と酒
  2. 荷風と美食
  3. 芥川龍之介と「本所両国」の食
  4. 谷崎潤一郎と東京

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]