高砂駅 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高砂駅
高砂駅駅舎(2012年10月)
高砂駅駅舎(2012年10月)
たかさご - Takasago
A07 野幌 (1.3km)
(1.8km) 江別 A09
所在地 北海道江別市高砂町56番地1
駅番号 A08
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 305.5km(函館起点)
電報略号 サコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,795人/日(降車客含まず)
-2011年度-
開業年月日 1986年昭和61年)11月1日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

高砂駅(たかさごえき)は北海道江別市高砂町56番地1にある北海道旅客鉄道(JR北海道) 函館本線である。隣の江別駅より江別市役所に近い。駅番号A08

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。改札内での上下ホームの移動はできない構造で、線路を渡る場合は改札外の自由通路を利用する。本駅から札幌方面に向かう場合は南口改札から、岩見沢方面に向かう場合は北口改札からホームへ向かうことになる。

のりば
1 函館本線 (上り) 札幌手稲小樽方面
2 函館本線 (下り) 江別岩見沢方面

北海道ジェイ・アール・サービスネットが業務を行う業務委託駅江別駅管理)。駅員は日中のみの配置である。みどりの窓口(営業時間:7時00分 - 19時00分。ただし、9時25分 - 9時40分、12時00分 - 13時00分、18時45分 - 19時00分は係員が不在となる)、簡易自動券売機、簡易自動改札機(北口、南口各2台)、簡易Kitaca改札機設置。

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は2,795人である[5]

駅周辺[編集]

周囲には鉄道防風林と住宅が広がっている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
区間快速「いしかりライナー
通過
普通(札幌駅以西で区間快速となる列車含む)
野幌駅 (A07) - 高砂駅 (A08) - 江別駅 (A09)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “待望 JR高砂駅 新駅舎オープン 歩道橋も同時に開設 事故防止に期待”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年2月27日)
  2. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  3. ^ “Kitacaサービス開始日決定について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2008年9月10日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/080910-1.pdf 2015年1月10日閲覧。 
  4. ^ “ホーム上のお客様がお怪我をされた事象について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月26日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150126-1.pdf 2015年1月27日閲覧。 
  5. ^ 2013年度版 江別市統計書(運輸・通信) JR各駅乗車人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]