上幌向駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上幌向駅
駅舎全体(2009年3月22日)
駅舎全体(2009年3月22日)
かみほろむい - Kami Horomui
A11 幌向 (5.9km)
(4.3km) 岩見沢 A13
所在地 北海道岩見沢市上幌向南1条
駅番号 A12
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 322.6km(函館起点)
電報略号 カミ
駅構造 橋上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1907年明治40年)11月25日
備考 業務委託駅
みどりの窓口 有
ホーム(2009年3月22日)
1976年の上幌向駅と周囲約500m範囲。右上が岩見沢方面。島式ホーム1面2線と駅裏に退避用の副本線を有している。元より客扱いが主の駅で構内も短く、昭和37年という貨物最盛期の段階で取扱いをやめている。駅舎横の札幌側に草生した空き地はかつての貨物ホーム跡で、札幌側から引込線が敷かれていたが、昭和58年の記録(国鉄全線各駅停車 北海道690駅 小学館)によれば分岐を切られたレールが放置されていたようである。現在は元の駅舎の位置から移動して、ホームの札幌側端部に橋上駅が設置されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

上幌向駅(かみほろむいえき)は、北海道岩見沢市上幌向南1条にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号A12電報略号カミ

駅構造[編集]

複線間に島式ホームが1つある1面2線の地上駅橋上駅舎をもつ。

業務委託駅(早朝夜間駅員不在)。みどりの窓口(営業時間7時00分~18時20分、ただし、11時50分~12時40分休み)、簡易自動改札機簡易Kitaca改札機自動券売機がある。

のりば
1 函館本線(上り) 江別札幌手稲小樽方面
2 函館本線(下り) 岩見沢滝川方面

駅周辺[編集]

周りには鉄道防風林と住宅が広がっている。近年は宅地開発が進み、新興住宅街になっている。東側にはJAがある。路線と並行して走っている国道12号は片側2車線の拡幅工事が完成し、新しい街並みが続いている。

なお当駅は、鉄道の通らない村である新篠津村市街地から北海道道81号岩見沢石狩線を介して最寄り駅となるため、駅前から新篠津市街地付近にある新篠津温泉へバスが運行されている(所要時間:約15分、新篠津交通運営)他、駅の付近には村営駐車場が設置されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
函館本線
区間快速「いしかりライナー」・普通
幌向駅 (A11) - 上幌向駅 (A12) - 岩見沢駅 (A13)

関連項目[編集]