拓北駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
拓北駅
北側にある拓北駅の駅舎(2012年10月)
北側にある拓北駅の駅舎(2012年10月)
たくほく - Takuhoku
◄G08 篠路
(2.0km)
あいの里教育大 G10►
(1.4km)
所在地 札幌市北区拓北6条3丁目
駅番号 G09
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 札沼線(学園都市線)
キロ程 12.2km(桑園起点)
電報略号 タク
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,319人/日(降車客含まず)
-2012年度-
開業年月日 1967年昭和42年)12月15日
備考 [札] 札幌市内
*業務委託駅
*みどりの窓口 有

拓北駅(たくほくえき)は、札幌市北区拓北6条3丁目9にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)のである。駅番号はG09電報略号タク

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ。駅舎は北側にある。

桑園駅管理の業務委託駅北海道ジェイ・アール・サービスネット)。みどりの窓口(営業時間5時30分~0時30分)、自動券売機、切符用の簡易自動改札機簡易Kitaca改札機が設置されている。

のりば
1 札沼線(上り) 札幌方面
2 札沼線(下り) あいの里教育大あいの里公園石狩当別北海道医療大学方面
拓北駅南口駅舎(2012年10月)
拓北駅の南側(2004年10月)

駅周辺[編集]

駅前商店街は形成されていない。周辺一帯は住宅地だが、500メートル余りで畑や牧場が現れる。東と南西には隣の駅まで住宅が連なる。

利用状況[編集]

北海道旅客鉄道によると、2012年度の1日平均の乗車人員は2,319人である。

歴史[編集]

1976年の単線時代の東篠路駅と周囲約500m範囲。左が札幌方面。駅舎は現在のものが当初から建てられており、自由通路の歩道橋が構内右側に設置されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅周辺は、泥炭地が多い篠路の中でも農業開発が難しかった地域である。北海道勤労者住宅生活協同組合(住宅生協)が1963年から沿線に「ひまわり団地」を造成したことで、一気に宅地化が進展した。この生協が団地のための新駅設置を請願し、当駅が設けられた。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
札沼線
篠路駅 (G08) - 拓北駅 (G09) - あいの里教育大駅 (G10)

関連項目[編集]