石狩月形駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石狩月形駅
Ishikaritsukigata station01.JPG
いしかりつきがた - Ishikari-Tsukigata
知来乙 (2.1km)
(4.7km) 豊ヶ岡
所在地 北海道樺戸郡月形町字月形
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 札沼線(学園都市線)
キロ程 46.3km(桑園起点)
電報略号 ツキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1935年昭和10年)10月3日
備考 社員配置駅

石狩月形駅(いしかりつきがたえき)は、北海道樺戸郡月形町字月形にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)のである。電報略号ツキ

概要[編集]

月形町の中心駅。当初から交換駅として設置され、当駅折り返しの列車も設定されている。石狩当別駅方面からの列車は当駅が最後の交換駅となっており、当駅から終点の新十津川駅までは1閉塞であるため、1列車しか入れない。

歴史[編集]

1976年の石狩月形駅と周囲約750m範囲。左下が札幌方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。1976年時点では、ホームの駅舎側にさらに貨物積卸線が1本敷かれており、そこから駅表の札幌側にある土場へ斜めに1線引込まれていた。貨物の取扱が廃止された現在は、かつての積卸線が保線車用側線として残されている。

新十津川方がスタフ閉塞式であり、運転取り扱い業務のため、終日社員配置駅となっている。出札窓口(営業時間:5時45分 - 20時30分)あり。みどりの窓口はない。改札業務はしない(集札は車内で行う)。

駅員は石狩当別駅の駅員が交代で当駅で業務を行う形となっている[8]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
札沼線(学園都市線)
知来乙駅 - 石狩月形駅 - 豊ヶ岡駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “札沼線(学園都市線)の電化について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年9月9日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090909-2.pdf 2009年9月14日閲覧。 
  2. ^ 「鉄道省告示第255号」『官報』1943年9月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「運輸通信省告示第353号」『官報』1944年7月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「運輸省告示第313号」『官報』1946年12月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ “札沼線(学園都市線)の電化開業時期について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年10月13日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-3.pdf 2011年10月17日閲覧。 
  6. ^ a b 杉山茂「電化目前の学園都市線と専用気動車のこと」、『鉄道ファン』第615号、交友社、2012年7月、 27頁。
  7. ^ 『JRガゼット』2009年10月号、交通新聞社
  8. ^ a b c 高橋賢司 (2012年4月1日). “【駅 人 話】石狩月形駅”. 朝日新聞朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2014年8月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140814135604/http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20120402011000001.html 2014年8月14日閲覧。 

関連項目[編集]