札内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
札内駅
札内駅舎(2013年9月)
札内駅舎(2013年9月)
さつない - Satsunai
K31 帯広 (4.8km)
(3.6km) 稲士別 K33
所在地 北海道中川郡幕別町札内中央町
駅番号 K32
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 184.9km(滝川起点)
電報略号 サナ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1910年明治43年)1月7日
備考 業務委託駅
みどりの窓口 有
1977年の札内駅と周囲約1km範囲。右下が根室方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

札内駅(さつないえき)は、北海道中川郡幕別町札内中央町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線である。駅番号K32電報略号サナ

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

この地を流れている札内川が一定の川底がなく、水が増すごとに流れを変え、水が減ずると一帯が河原となる事に因り、アイヌ語の「オ・サッ・ナイ→サッナイ(川尻のかれている川)」によるもの。

駅構造[編集]

駅舎内

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホーム中央に、構内踏切がある。2線とも上下列車が使用可能となっているが、本線は駅舎と反対側の2番線となっており、特急等の通過列車は上下とも2番線を通過し、普通列車は原則上下とも1番線に停車する。

駅舎は駅構内の北側にある。ジェイ・アール道東トラベルサービスが業務を受託する業務委託駅で、窓口営業時間は7時から16時50分まで、日曜・祝日は休業となる。みどりの窓口が設置されている。

かつては駅舎東側に貨物ホームがあったが、1982年(昭和57年)9月に廃止された。また、駅の東にあった大協石油の油槽所や岩谷産業のLPGセンターへの専用線もあったが、1992年(平成4年)4月までにすべて廃止された。

駅周辺[編集]

大きな農業倉庫が付近にあるなど、農業が栄えている街である。幕別町の一大集落だが、むしろ距離的に近い帯広の新興住宅街としての位置づけが大きい。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
帯広駅 (K31) - 札内駅 (K32) - 稲士別駅 (K33)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]