絶対空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

絶対空間(ぜったいくうかん)は、アイザック・ニュートンによって定義された物理学概念。存在するとされた空間のことであり、この空間に置かれたならばあらゆる物質は周囲に影響されないで決まった動作をするようになるというわけであり、物質の動作を観察する基準とするべき空間とされた。また絶対空間というのは、エーテルが絶対的に静止されているような状態の空間であるがゆえに、このような状態であるとも考えられていた。だが後に、アルベルト・アインシュタインによって提唱された相対性理論によって、絶対空間という概念は否定されるということになる。

外部リンク[編集]