時は飛ぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TEMPUS FUGIT(時は飛ぶ)と刻まれた日時計
Tempus fugit augebitur scientia(時は飛ぶ、知識は増す)と書かれたベルギールデュ英語版の日時計

時は飛ぶ(ときはとぶ、ラテン語: tempus fugit)とは、ラテン語成句である。「時間が経つのは非常に速い」と言う意味で、日本語の「光陰矢の如し」に相当する。時計に刻まれる銘としてよく使われる。

この表現が最初に使われたのは、ローマの詩人ウェルギリウスの『農耕詩英語版』の中の、"Sed fugit interea, fugit irreparabile tempus, singula dum capti circumvectamur amore"(しかしその間にそれは飛び去る。取り返しのつかないほどに時は飛び去る。愛に執着してあてもなく彷徨う間に。)である。

英語では、ラテン語のtempus fugitも、英語に訳したtime fliesも諺として用いられ、一般にはtime's a-wasting(時間が無駄になる)というフレーズとともに用いられる。人生の限られた時間を無為に過ごすべきではないという意味である。また、"time flies when you're having fun."のように、気づかない間に時間がかなり経っていたという意味でも用いられる。

関連項目[編集]