日本とトルコの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日土関係から転送)
移動: 案内検索
日本とトルコの関係
日本とトルコの位置を示した地図

日本

トルコ

日本トルコの関係について概説する。オスマン帝国時代(1299年 - 1922年)も含めて本稿で扱う。

歴史[編集]

前史[編集]

15世紀に入ってオスマン帝国の勢力が伸長すると、それまで陸路でアジアから香辛料を入手していたヨーロッパは、通商ルートを帝国にさえぎられることとなり、新たな通商ルートの開拓の必要性に迫られた。この後ポルトガルスペイン喜望峰廻りの海洋通商ルートを開拓し、アジアにも勢力を拡大していくこととなった。すなわち1543年鉄砲伝来によってはじまる日本と欧米との接触は、オスマン帝国の勢力伸長の間接的な影響を受けて起こった出来事であると言える。

エルトゥールル号遭難事件[編集]

エルトゥールル号殉難将士慰霊碑
(和歌山県串本町)

1887年小松宮彰仁親王がヨーロッパ訪問の途中でイスタンブルに立ち寄った。それに応える形で1890年オスマン帝国スルタンであったアブデュル・ハミト2世の使節としてフリゲート艦「エルトゥールル」が日本へ派遣された。使節は明治天皇へ親書などを手渡し帰国の途についたが、和歌山県沖で台風に巻き込まれ座礁沈没、特使オスマン・パシャを含め500名以上の乗組員が死亡した。しかし紀伊大島の住民が救援に駆けつけ69名が救出、報せを聞いた明治天皇は直ちに医者と看護婦を派遣、救援に全力をあげた。さらに生存者には日本全国から多くの義捐金・弔慰金が寄せられ、1891年、生存者は日本海軍装甲コルベット金剛」、「比叡」の2艦によりオスマン帝国に丁重に送還された。1892年には日本各地で講演を行い義捐金を集めた山田宗有がトルコに渡り、アブデュル・ハミト2世に謁見している。この事件はトルコ国内で大きく報道され、日本人に対する友好的感情もこの時より醸成された。その後日土間で国交樹立を目指す動きもあったが、不平等条約締結を求める日本と対等条約締結を求めるオスマン帝国とで交渉がまとまらなかった。

日露戦争[編集]

南下政策によって日土両国への脅威となるロシア帝国
1866年のロシア帝国
  領域
  勢力圏

1904年から始まった日露戦争に、オスマン帝国国民は大きな関心を寄せた。これはクリミア戦争1853年 - 1856年)・露土戦争1877年 - 1878年)などによってロシアからの圧力を受けていたことによるもので、両国にとって南下政策を推し進めるロシアは共通の敵であり、ロシア黒海艦隊に対する封鎖など、日本に協力的な政策を行った。1905年日本が日本海海戦でロシアバルチック艦隊に対し決定的な勝利をおさめると、オスマン帝国国内では自国の勝利のように喜ばれた。[1][2]

第一次世界大戦[編集]

ロシアに対抗する必要のあったオスマン帝国は、第一次世界大戦には同盟国側として参戦、連合国側として参戦した日本とは交戦国同士となる。敗れたオスマン帝国は1920年セーヴル条約によって広範な領土を失い、さらなる列強による国土分割・植民地化の危機にあった(希土戦争チャナック危機)。しかし1922年からケマル・アタテュルクらの主導で祖国解放戦争が開始されトルコ共和国が成立(トルコ革命)、1923年ローザンヌ条約(日本を含む8か国が参加)で現在の国境が確定した。1924年には日土の国交が樹立された。その後トルコでは近代化政策が進められたが、民族資本の育成や国立銀行の設立、法制面の整備などの諸改革は、日本の明治維新を手本にしたものであった。

第二次世界大戦[編集]

1930年、日土通商航海条約が結ばれ両国の関係はより強固になったが、第二次世界大戦でトルコが枢軸国側に参加することは無かった。戦中はトルコは中立を宣言していたが、イギリスをはじめとした連合国の圧力により、1945年日本に宣戦布告した。しかし国内世論は宣戦布告に反対であり、日本に対しての軍事行動は一切行わなかった。

戦後[編集]

戦中に破棄された両国の国交はサンフランシスコ平和条約によって回復した。この際トルコは日本に対して賠償金その他の請求を一切行わなかった。戦後は経済大国へと発展した日本によるトルコへの政府開発援助での支援が積極的に行われており、特にイスタンブル市内のインフラの整備などに日本の多額の資金と技術が投入されている。1985年イラン・イラク戦争では、イラン在留邦人の救出にトルコ航空機が出動、200名以上が救出されたほか、1999年トルコ大地震の際には日本からトルコへ捜索隊・救助隊の派遣、緊急円借款供与、緊急物資・無償援助、仮設住宅供与などが行われた。ただし、ボスポラス海峡海底地下鉄のトンネルは日本の支援で行われたものの、地下鉄の車両はすべて韓国に発注され、アンカラの地下鉄は中国の支援に全面的に負っており、現状では経済的関係では中国や韓国に圧倒されている。一般国民の日本に対する関心度も、必ずしも日本で喧伝されるほど高くはない。

年表[編集]

貿易[編集]

二国間の貿易は、戦後は一貫して大幅なトルコの貿易赤字の状態である。

脚注[編集]

  1. ^ 『ニュータイプ中学歴史資料 学び考える歴史』浜島書店
  2. ^ 「日本の成功は我々の喜びである。ロシアに対する日本の勝利は我々の勝利と見てよい。」(アブデュル・ハミト2世

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 長場紘『近代トルコ見聞禄』 慶應義塾大学出版会(2000年)。

外部リンク[編集]