友利新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ともり あらた
友利 新
プロフィール
別名 友利 あらた
生年月日 1978年3月30日
現年齢 36歳
出身地 日本の旗 日本沖縄県宮古島市
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 166 cm / 50 kg
BMI 18.1
活動
デビュー ミス日本(2004年)
備考 タレント
他の活動 医師
モデル: テンプレート - カテゴリ

友利 新(ともり あらた、「友利 あらた」とも標記、1978年3月30日 - )は、日本の女性タレント医師である。有限会社エクステンションに在籍[1]している。

人物[編集]

経歴[編集]

沖縄県宮古島市宮古島出身[1]で、沖縄尚学高等学校を経て、東京女子医科大学を卒業する。医師免許授受後、東京女子医科大学病院内科医として勤務し後に皮膚科へ転向[1]する。医師として勤務していた2004年に第36回ミス日本コンテストで「準ミス日本」に選出[1]され、以後タレントとしても知られる。

この時のエピソードとして、ミス日本に応募するにあたって、本来は次女である友利南海が応募したがっていたが、応募しようとしたときに年齢制限(15歳以上25歳未満)の規定に引っかかるために駄目だったので、その代わりとして南海が三女の新を推薦して応募したといわれている[2]。また、ミス日本受賞者の記念の水着写真を撮影するにあたり、本来であれば統一したデザインの水着を着用するところだが、この年は「各自で準備するように(但しビキニはNG)」と言われたため、白地に薔薇の絵が描かれた水着と受賞記念のたすきをつけて写真に納まったという[2]

私生活[編集]

交際の無かった東京都出身の医師で国会議員を父に持つ男性から、いきなり結婚を申し込まれたが断る理由が見当たらず、2008年7月3日に結婚する。同年12月に沖縄で、翌年3月に東京で結婚披露宴を行うが、2010年12月31日に離婚したことが発表された。

そして、2013年11月5日に8歳年上の会社経営者と入籍(再婚)したことを、11月6日放送の自身が出演している番組(日本テレビスッキリ!!」)にて発表した。出会いは2012年9月、友人に誘われて参加したパーティーとのこと。入籍日である「11月5日」は、2012年に友利が宮古島にいる自身の実父に夫を紹介した日でもある。その際、夫は友利の実父に「1年後にまだお付き合いしていたら結婚します」と約束していた。

2014年2月21日、ブログにて子宮内膜症で治療をしていた経緯を明かし、「妊娠する事は、もしかしたら難しいのかもしれない」と覚悟していたが妊娠16週目となったことを発表。出産は夏の予定[3]

友人として、第36回ミス日本コンテストグランプリを受賞したタレントのさがゆりこ(受賞時は「嵯峨百合子」)との親交が深い。

家族[編集]

3姉妹の末っ子で、長姉の友利百合香は宮古島の実業家である。次姉の友利南海(ともり なみ)は北海道医療大学を2003年に卒業[4]した歯科医師で、2005年12月21日放送のテレビ番組「世界バリバリ☆バリュー」へ姉妹で出演した。

テレビ出演[編集]

クイズ番組「クイズ!ヘキサゴンII」へ2008年4月9日と2009年2月4日に出演し、2009年3月25日放送の「宮古島合宿3時間スペシャル」回でアンガールズの二人を実家に招く。

レギュラー出演
その他

著書[編集]

共著[編集]

監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 友利 新(ともり あらた)” (日本語). 有限会社 エクステンション (2012年). 2012年11月27日閲覧。
  2. ^ a b 2013年11月8日「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ放送)より
  3. ^ 女医タレント・友利新が妊娠「心からうれしかった」 子宮内膜症で治療 - 芸能 - ZAKZAK
  4. ^ 友利 南海さん” (日本語). 北海道医療大学 受験生のための情報サイト-歯学部 歯学科-OB・OGからのメッセージ. 北海道医療大学 (2012年). 2012年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]