瀬戸弘司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
せと こうじ
瀬戸弘司/koji seto
本名 瀬戸弘司
生年月日 1980年10月19日(33歳)
出生地 日本の旗 日本福井県福井市[1]
国籍 日本
身長 177cm
血液型 O型
職業 舞台俳優YouTuber
ジャンル 映画舞台
活動期間 2010年 -
公式サイト 瀬戸弘司のブログ
主な作品
たとえ世界が終わっても

瀬戸 弘司(せと こうじ、1980年10月19日 - )は、日本舞台俳優YouTuber福井県福井市出身。劇団天然工房とYouTuberプロダクション事務所uuumに所属。舞台俳優での活躍では、舞台や脚本などを手がける。YouTubeでの動画では、編集技術が優れており、瀬戸弘司動画の中でも特に人気のある、寸劇では、その優れた編集技術を使い、視聴者を魅了している。福井県立高志高等学校卒業、東京工業大学中退[2]

人物[編集]

  • 3人兄弟の長男。俳優として舞台で活動する傍ら、YouTubeにユニークな動画の編集を用いて商品レビューや日常の動画を投稿している。特技はウクレレの演奏であり、自ら作曲した曲もYouTubeにてアップロードされている。他にもギターキーボード、サウンドマシーン、音楽アプリも多くレビューしている。あくまで趣味として、音楽や楽器は非常に好きだということ。
  • マクドナルドでアルバイトの経験があり、玉子を片手で割ることができる[3]
  • 尊敬するYouTuberはジェット☆ダイスケであるが現在は登録者数や再生回数を大きく上回っている。
  • よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のエリートヤンキー・西島永悟とは高校の同級生で「瀬戸は高校時代目立っていなかった。あんなハイテンションな動画作ると思わなかった。」と西島が語っている。
  • 2012年にはYouTube NextUp 2012クリエイターキャンプのメンバーに選出され、2013年にS&Bハピファミコンテストにてハピファミ大賞を受賞するなどの実績もある。シリーズ物も多く、また他のYouTuber等との協力作品を多くアップロードするなど、他のYouTuberとの繋がりも密接である。ミツアキTV、レビュー動画、商品紹介ラップ、瀬戸ニュース、プレゼント企画など。
  • 2013年11月15日に株式会社uuumに所属した事を発表した[4]。2013年12月24日、彼女の発表と共にゲーム実況チャンネルを開設した。なお、動画内では彼女を「しずえさん」と呼称している。

作品の特徴[編集]

  • 動画編集のテクニックとして、エコーリバーブカットを多用する。「Appleファン」「エアアジアファン」「USB4.0」「保護フィルム貼りの神(もしくは達人)」「iPad mini」などを自称し、数々のユーモアを取り入れ様々な製品をレビューしている。
  • カピバラさんやドラえもんフィギュアシリーズ、ニンテンドー3DSの「とびだせ どうぶつの森」のキャラクター「しずえ」など、ぬいぐるみやフィギュアを購入して度々動画に登場させる。特にしずえを偏愛している。商品の梱包に使用されたビニールを口に含むパフォーマンスなども行う。Appleのビニールが好み。
  • 「ダンボールサザエさん事件」は700本以上の動画の中でも反響が多かった人気の動画である。また人気動画として「感情を失った次男」シリーズ、「寸劇/iPhone5Sゴールドがやってきた!」がある。「感情を失った次男」シリーズはハワイ旅行動画から偶然生まれたネタであり、実際の次男は感情を失ってはいない。Podcast(そんないプロジェクト・そんなことないっしょ)への出演や、Apple Store銀座でのイベント出演、キングジムの販売促進動画出演等、多方面で活躍している。

出演[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 憑依

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • J-WAVE SELECTION(J-WAVE、2014年4月13日)

CM[編集]

WEB[編集]

劇団スカッシュ

その他

舞台[編集]

  • 劇団天然工房 公演 JOECompany Vol.2 「CHILDREN」
  • 道化師プロデュース 「突然Mのごとく part3」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初対面!カズさんに会ってきた! - YouTube
  2. ^ Koji Seto - Google+
  3. ^ 【神技】料理できない俺が、ふわたまオムレツの作り方を教えてやろう。
  4. ^ 【ご報告】瀬戸弘司、業界初YouTuber向けプロダクション「uuum(ウーム)」に所属することになりました。

外部リンク[編集]