二ツ杁駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二ツ杁駅
二ツ杁駅東口
二ツ杁駅東口
ふたついり - FUTATSU-IRI
西枇杷島 (0.6km)
(0.6km) 新川橋
愛知県清須市西枇杷島町芳野二丁目59
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
キロ程 72.2km(豊橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線(ただし本線にホームなし)
乗車人員
-統計年度-
1,370人/日(降車客含まず)
-2008年度-
開業年月日 1942年昭和17年)2月1日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
西口
駅構造

二ツ杁駅(ふたついりえき)は、愛知県清須市西枇杷島町芳野二丁目にある名古屋鉄道名古屋本線である。

概要[編集]

かつては名古屋方面ホームに駅員がいたが、現在は駅集中管理システムにより無人駅(管理元は須ヶ口駅)となっている。かねてより準急停車駅だったが、2008年12月27日のダイヤ改正で平日のみ朝ラッシュ時に岐阜行き急行1本が特別停車するようになった。また2011年3月26日でのダイヤ改正で平日の昼間、準急の無い時間帯に名鉄一宮 - 豊川稲荷間を運行する急行が有松駅ととも一部特別停車するようになった。

駅構造[編集]

8両編成対応の相対式ホームおよび通過線(本線)の計2面4線を有する地上駅である。本線にはホームがない。

元々は隣駅の西枇杷島駅で通過列車の待避を行っていた。東海道本線の跨線橋と陸橋に挟まれた立地条件からホーム長4両の手狭なホームの拡張もままならなかったが、同駅以南は名古屋本線金山橋駅(現金山駅。現在でも通過列車の待避が可能な構造だが通常は行われず、堀田駅(急行の待避は本笠寺駅)で待避を行っている)または常滑線大江駅まで待避ができないことから頻繁に使用されていた。当駅に待避線が設置されると西枇杷島駅に代わって当駅で通過列車の待避を行う列車が増加し、現在でも普通や準急の多くが当駅で待避する。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
(南側待避線) 名古屋本線 下り 須ヶ口岐阜津島方面
(北側待避線) 名古屋本線 上り 名古屋東岡崎太田川方面
  • 本線はホームのない通過線(通過列車が使用)のため、停車列車は待避線に入る。
  • 案内上ののりば番号は未設定。

配線図[編集]

二ツ杁駅 構内配線略図

名古屋方面
二ツ杁駅 構内配線略図
一宮・
岐阜方面
凡例
出典:[1]



利用状況[編集]

愛知県の統計によれば、1日平均の乗車人員は、2007年度が1,412人、2008年度が1,370人である。

駅勢圏内にはJR東海道本線枇杷島駅がある。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
名古屋本線
ミュースカイ快速特急特急快速急行急行
通過
急行(特別停車)・ 準急
栄生駅 - 二ツ杁駅 - 須ヶ口駅
普通
西枇杷島駅 - 二ツ杁駅 - 新川橋駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 二ツ杁(路線図・停車駅) - 名古屋鉄道