富士松駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:南口駅舎全景の画像提供をお願いします。2014年4月
富士松駅
北口駅舎 (2014年3月)
北口駅舎 (2014年3月)
ふじまつ - FUJIMATSU
一ツ木 (2.0km)
(1.5km) 豊明
所在地 愛知県刈谷市今川町一丁目805
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
キロ程 46.6km(豊橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,640人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1923年4月1日
備考 1952年3月1日今川駅から改称

富士松駅(ふじまつえき)は、愛知県刈谷市今川町一丁目にある名古屋鉄道名古屋本線である。

概要[編集]

普通列車のみが停車し、毎時ほぼ4本(土・休日の夜間は毎時2本)が設定されている。また、近隣にある豊明駅前後駅または知立駅新安城駅でおおむね緩急接続が図られている。

無人駅だが、刈谷わんさか祭りの開催場所の最寄り駅となり利用が多いことから、祭りの当日は駅員を数名配置しているほか、2007年(平成19年)からは通常は停車しない急行列車などを停車させている。

現在の駅名の由来は、周辺の昔の地名(「富士松村」)に由来しており、この地名の由来となった松の大木「お富士の松」(3代目)が、現在も駅前にある。また、当駅は1923年(大正12年)から1952年(昭和27年)までは「今川駅」と称していたが、それも周辺の地名(「今川町」)に由来する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅舎[編集]

  • 以前は有人駅だったが、2004年(平成16年)9月15日トランパス導入と同時に、無人駅となった。
  • 駅構内トイレはなく、駅舎前に公衆トイレがある。
  • 北口駅舎や駅前広場はレンガを基調としたデザインとされている。
  • 北口駅舎や駅前広場、周辺の道路は、1971年(昭和46年)から始まった刈谷市が行った衣浦東部都市計画事業刈谷富士松土地区画整理事業(駅周辺の整備事業)により整備され、現在の姿となっている。北口駅舎は1982年(昭和57年)7月6日に建て替えられたもの。
  • manaca対応自動改札機が2台(1つは車椅子対応)と、自動券売機が2台(1つはトランパス対応であったが、トランパス廃止に伴い現在はその発売は終了)設置されている。
  • 設置されているスロープは上り線ホームにしか対応していなかったため、名鉄では、車いす利用者は「名古屋方面は隣接駅で折返し乗車」するように案内していたが、下り線ホーム側に新たな改札口(南口駅舎)を設ける工事が行われ、上り線ホームもバリアフリー化された。

ホーム・配線[編集]

  • 相対式ホーム2面2線の跨線橋を持つ地上駅である。ホームの一部は県道の上にある。
  • 上下線とも、有効長は19m車両6両分であり、屋根はこのうち約3両分設置されている。なお、屋根が無い部分ではホームの幅が比較的狭隘であるほか、電柱が建てられていることや曲線を描いている線形とあわせてホーム前後の見通しは良くないが、乗務員支援のためのカメラなどは設置されていない。
  • 南口駅舎建設にあわせて、ホーム嵩上げ、跨線橋改修、上り線ホーム上屋延伸、ホーム延伸、南口駅舎スロープ上屋設置が2014年(平成26年)3月に完了した。
のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 名古屋本線 下り 名古屋犬山津島岐阜方面
2 名古屋本線 上り 東岡崎豊橋豊川稲荷方面
  • カーブの半径は800m。1番線は内カーブで見通しが悪いため通過列車に105km/hの速度制限がかかる。
  • 当初は当駅に待避設備を設け主要駅とする動きもあったが、地元の反対に遭い阿野駅(現・豊明駅)に変更された経緯がある[3]

配線図[編集]

富士松駅 構内配線略図

東岡崎・
豊橋方面
富士松駅 構内配線略図
神宮前・
名古屋方面
凡例
出典:[4]


刈谷市の取り組み[編集]

刈谷市の富士松駅への主な取り組みは、2003年(平成15年)に発行され、10年後の2013年までを計画期間とする『第6次刈谷市総合計画「FORWARD」』によると、以下のようなものである[5]

  • 第3章1節6項公共交通の施策の内容の(1)鉄道整備3に「名鉄名古屋本線富士松駅での停車本数の増加」を掲げている。なお、『刈谷市都市交通戦略』では富士松駅の急行停車を市から要望中とある[6]
  • 第3章1節6項公共施設の施策の内容の(2)バス事業の充実2に「民間活力を活用した新たなバス事業の誘導、支援などを検討する」と掲載しており、2007年(平成19年)4月1日に刈谷市の要請で名鉄バス刈谷・愛教大線が開設された。

利用状況[編集]

富士松駅(紫)の年間乗車人員の推移(愛知統計年鑑による数値[7]

2007年(平成19年)に名鉄バスの刈谷・愛教大線が開設したことで、愛知教育大学の生徒の利用も増えている。

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は2,640人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中 160位、 名古屋本線(60駅)中 43位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は1,945人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中175位、 名古屋本線(61駅)中41位であった[8]
  • 『愛知県統計年鑑』によると1日平均乗車人員は以下の通り。
    • 平成14年度787人
    • 平成15年度868人
    • 平成16年度950人
    • 平成17年度1,020人
    • 平成18年度1,075人
    • 平成19年度1,262人
    • 平成20年度1,294人
  • 刈谷市の資料によると定期券使用比率は以下の通り。
    • 平成11年度 60%
    • 平成12年度 60%
    • 平成13年度 62%
    • 平成14年度 63%
    • 平成15年度 63%
    • 平成16年度 63%
    • 平成17年度 62%
    • 平成17年度 62%
    • 平成19年度 62%


駅周辺[編集]

改札口を出ると駅前広場がある。そこには噴水や公衆トイレ、バス停、伊勢湾台風で枯死したお富士の松(3代目)などがある。バス停には名鉄バス刈谷・愛教大線刈谷市公共施設連絡バス西境線などが停車する。その他に駅周辺には託児所や薬局歯科医院、不動産会社、タクシー営業所、富士松市民センターなどもある。また、2012年(平成24年)2月駅前に富士松駅前交番が開所した。

施設[編集]

駅前広場・ロータリー

バス・タクシー[編集]

富士松駅バス停

バス

タクシー

  • 刈谷交通

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
名古屋本線
快速特急特急急行準急
通過
普通
一ツ木駅 - 富士松駅 - 豊明駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ 3月23日(日)に富士松駅南口駅舎が開業します (PDF)”. 名古屋鉄道 (2014年3月10日). 2014年3月20日閲覧。
  3. ^ “国鉄・名鉄の開通するとき” - 『続 刈谷風土記』刈谷郷土を学ぶ会、1990年
  4. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  5. ^ 参考資料:第6次刈谷市総合計画「FORWARD」
  6. ^ 刈谷市都市交通戦略 平成24年~平成42年 59頁。
  7. ^ 愛知県統計年鑑
  8. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

外部リンク[編集]