新川橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新川橋駅*
駅舎(2009年4月)
駅舎(2009年4月)
しんかわばし - SHINKAWA-BASHI
二ツ杁 (0.6km)
(0.7km) 須ヶ口
所在地 愛知県清須市土器野字北中野199-1
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
キロ程 72.8km(豊橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
274人/日(降車客含まず)
-2008年度-
開業年月日 1914年大正3年)1月23日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
*日付不明 新川駅から改称

新川橋駅(しんかわばしえき)は、愛知県清須市土器野字北中野にある、名古屋鉄道名古屋本線である。

駅構造[編集]

6両編成対応の相対式2面2線ホームを有する地上駅で、駅集中管理システム導入駅(管理元は隣の須ヶ口駅)。 ホーム上にモニターテレビが設置されている。

すぐ脇を流れる新川の堤防改良工事のための橋梁の新築工事に伴い、駅の改築を行った。その際、一時期橋梁の上にホームを持ってきたこともあった。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 名古屋本線 下り 須ヶ口岐阜津島方面
2 名古屋本線 上り 名古屋金山豊橋太田川方面

配線図[編集]

新川橋駅 構内配線略図

名古屋方面
新川橋駅 構内配線略図
一宮・
岐阜方面
凡例
出典:[1]


利用状況[編集]

  • 愛知県の統計によれば、1日平均の乗車人員は、平成19年度287人、平成20年度274人である。愛知県内の名古屋本線の駅では、55駅中51位。両隣の二ツ杁駅(準急停車駅)と須ヶ口駅(津島線特急・本線快速急行停車駅)のいずれにも近いため、利用者は少ない。
  • 昼間時間帯は上下とも毎時2本の普通列車しか停車しない(普通列車も一宮方面には行かず、津島線へ直通する)。
  • かつて新川で鵜飼がおこなわれていた時、急行が臨時停車していた。
  • 利用者が少ないため堤防改良工事開始の際、廃駅も検討されたが、清須市が駅の整備の予算を出すことで、存続された。

駅周辺[編集]

  • 清須市役所
  • 美濃路
  • 須ヶ口駅
  • 新川橋
  • 新川大橋

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
名古屋本線
ミュースカイ快速特急特急快速急行急行準急
通過
普通
二ツ杁駅 - 新川橋駅 - 須ヶ口駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」

関連項目[編集]