ユーロトンネル会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グループユーロトンネル (Groupe Eurotunnel S.A.) は現在、英仏海峡トンネルの管理運営をおこなっている企業である。

沿革[編集]

ユーロトンネル運営会社の事業継続と倒産回避のため、負債の棒引きを承認された。その後、新規に設立されたグループユーロトンネルは28.4億UKポンドの融資をドイツ銀行ゴールドマンサックスシティグループなどの大手の投資銀行から受けられることとなった。

英仏海峡トンネルの旧来の運営会社であるイギリスEurotunnel plcフランスEurotunnel SAドーバー海峡を横断する英仏海峡トンネルの管理と運営をおこなう企業として、1986年8月に設立された。両社によってユーロトンネルグループを形成していた。カートレインのシャトル列車サービスユーロトンネルシャトルを運行し、EWSフランス国鉄貨物列車ユーロスターなどトンネルを通過する列車の通行料などから利益を得ていた。

しかしながら、旅客数は最初の予測の3分の1でしかなかった。かなりの負債があり、100億UKポンドにかかる利息に苦労しなければならなかった。

トンネルの建設費が当初予想していたコストの6倍ちかくにのぼり、ユーロトンネル社の負債は62億UKポンドであった。列車の通行料だけでは利息の支払いに対処することはできなかった。そのためにサービスの削減がおこなわれ、従業員も3分の1がレイオフされた。2006年8月、フランスの裁判所で同社は6ヶ月間の破産保護に置かれることとなった[1]

脚注[編集]

  1. ^ “ユーロトンネル経営破たん パリの商事裁判所が宣告”. フランス通信社. (2006年8月2日). http://www.afpbb.com/article/economy/2093080/770006 2009年1月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]